兄弟を欲しがり高齢出産!大変だが兄弟ができた上の子が喜びよかった

ニックネーム:azu

出産を経験した年齢:37歳

妊娠中に役立ったものは?:ゲンナイ製薬のサプリメント プレミン

上の子が兄弟を欲しがったので妊活!色々と手伝ってくれるが高齢出産で不安

37歳のと時に第二子を妊娠しました。

上の子は8歳でした。

毎日仕事が忙しく、妊娠どころではないと思いつつ生活して来たのですが、上の子が兄弟を欲しがった為 妊活をする事になりました。

幸い割とすぐに妊娠する事が出来、家族も喜んでくれました。

8歳差なので、上の子が色々とお手伝いをしてくれ、とても嬉しかったのを覚えています。

ただ、高齢出産になるので不安でした。

つわりも結構辛く飲めるものは冷たい麦茶だけ 食べれる物はミニトマト、冷やしたおにぎり、寒天、ヨーグルトだけでした。

貧血にならないようにゲンナイ製薬のプレミンというサプリメントを妊活中から飲んでいました。

口コミや評価も良く粒も小さかったので飲みやすかったです。

 

 

これからの生活の事や里帰り出産のことが気がかり!仕事を退職し生活が一変

妊娠初期は、体調の事よりも保活やこれからの生活の事、産後の里帰り出産の事が気がかりでした。

主人の実家も私の実家も双方車で20分程度で距離自体は遠くないのですが、私の実家は共働きで不在時間が長く、主人の実家は高齢夫婦の為赤ちゃんのお世話を頼める雰囲気でもなく産後の生活が不安でした。

その中でも主人と話し合いを重ね、何とか自分たちで頑張っていくことに決めました。

生活は、私の体調が悪く、なかなか上の子の宿題を見てあげる事が出来なくなったり仕事を退職したりで一変したのですが、その中でも主人と上の子が協力的だったので一安心でした。

子供の年が離れていると不安に思う方もいらっしゃるかも知れませんが思いのほか楽ですよ。

 

 

おりものに細菌が見られると週3日通院!漢方を処方してもらうが効果なし

妊娠中期に心配だったのはおりものに細菌が見られると医師に言われ通院が続いた事です。

1週間に3回通院して子宮を洗浄してもらい飲み薬を貰う生活を続けました。

この頃はつわりがまだ収まっておらず、病院も遠く大変辛い思いをしました。

電車を乗り継いで病院に通っていたのですが、人も多く座ることも出来なかったので困りました。

つわりが少しでもおさまるようにタンブラーに冷たいお茶をいれて電車のなかでチビチビ飲んでいました。

途中の駅で下車してアイスクリームを食べて休憩したりおにぎりを食べて気持ち悪さをしのいだりしていました。

つわりに効く漢方を処方して貰ったりもしたのですが、残念ながら私には全く効果がありませんでした 。

 

 

切迫早産になり入院!父と母が上の子が寂しくないようにしてくれて感謝

洗浄処置に通ったり飲み薬を飲んだりしていたのにも関わらず子宮に細菌が蔓延した為に切迫早産になり、1か月ほど入院する事になってしまいました。

上の子の預け先を探したのですが結局見つからず、母子同室も上の子には適用されなかったのでやむを得ず私の実家に預ける事になりました。

父も母も正社員でバリバリ働いていたのですが、この時ばかりは母が時短勤務をしながら上の子を預かってくれる事になりました。

学校への送迎や習い事へは父が連れて行ってくれました。

父と母が協力して上の子が寂しくないように休日は映画やお芋ほりのイベントなど連れだしてくれて、本人もとても楽しそうでホッとしたのを覚えています。

父と母には大変感謝しています。

 

 

無痛分娩で産みたかったのに帝王切開で残念!無事に生まれて嬉しい

出産は緊急で帝王切開になりました。

入院中ウテメリンという点滴で早産を止めていました。

医師には「37週になったら出産しましょう。」と言われていたのですが、36週6日の朝の検診の時点で赤ちゃんの手が先に出ているので今すぐ出そうと言う話になりました。

てっきり出産は翌日だと思っていたのでとても驚きました。

陣痛促進剤を使って無痛分娩という計画だったので少し残念な気持ちもありました。

もちろん赤ちゃんの命が優先なので残念などとは思ってはいけないのですが・・・

無痛分娩で産んでみたくて調べた病院で、遠い中わざわざ通ったので帝王切開と聞いた時はやはり残念でした。

それから緊急でオペ室に入り、家族もすぐに駆けつけてくれてのスピード出産になりました。

無事に生まれた時は本当に嬉しかったです。

 

 

入院中は痛みとの闘い!里帰りしない予定が協力しつつ2週間の里帰り

入院中は帝王切開の傷の痛みとの闘いでした。

上の子の時は自然分娩だったのですが正直、陣痛の方がマシだと思える程の痛みでした。

一晩中痛みで眠れず、鎮痛剤も効いているのかどうかよく分からない有様でした。

翌日早朝から看護師さんに「起き上がって歩いてください」と言われ、起き上がろうとするのですが 痛すぎて中々起きれず、立ち上がるまでに1時間かかりました。

しかも赤ちゃんを抱いて3階の病棟から1階の診察室まで移動しなければならず泣きながら移動しました。

当初里帰りはしない予定だったのですが、2週間ほど里帰りさせて貰える事になり夜泣きのお世話やミルク作りを手伝って貰いました。

主人もコインランドリーに行ってくれたりと皆で協力しつつの里帰りとなりました。

兄弟が出来た息子が嬉しそうで、大変だったけど産んで良かったと思いました。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

色々と大変な事はありますが、自分の子供はやはり可愛いですよ。

第2子で入院して大変な思いをしたはずなのに、ただ今第3子妊娠中です。

ちなみに後3週間で予定日になります。

出産してからも乳腺炎になったり出血がなかなか止まらなかったりとトラブルはありましたが兄弟仲良く過ごしているのを見ると帳消しになります。

私は帝王切開が凄く痛かったのですが、陣痛よりマシと言っているママ友もいたりして、こればっかりは人によるのかなあと思います。

私の入院した産院は食事が大変美味しかったので産後大変癒されました。

食事にはこだわらないという方もいらっしゃるとは思いますが、産後の疲れた体に美味しい食事は染み渡りますし、忙しい1日の中での楽しみになりますよ。

食事は美味しい病院をお勧めします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください