体重急増加解消の散歩途中に神社でお参り!笑顔を見るのが何よりも嬉しい

ニックネーム:tsubaki

出産を経験した年齢:28歳

妊娠中に役立ったものは?:犬印本舗 電磁波シールド妊婦帯

嬉しいよりも不安が大きい!自分一人の体でなくなった気持ちが強い

嬉しい気持ちももちろんありましたが、どちらかというと、不安のほうが大きかった気がします。

いつかは妊娠出来たらいいなと思っていましたが、何となく「思っていたより早かった」ような感じでした。

心の準備がきちんとできていなかったのかもしれません。

結婚と同時に引っ越しをしたので、周囲に友達や知り合いも誰もいなかったことも、不安な気持ちに拍車をかけていたかもしれません。

妊娠や出産についてインターネットでひたすら検索していました。

また、急に外に出るのが怖くなりました。

まだまだお腹も出ていないのに、転んだらどうしよう、とか、階段を降りるのにも手すりをしっかりつかんだりと、すごく「自分ひとりのからだではなくなった!」なんて気持ちも強くなりました。

 

 

妊娠確認直後少量の出血!危ないかもしれないといわれ安静

はじめて病院に行って「妊娠ですね」と言われたすぐ後に、少量の出血がありました。

急いで再度病院に行ったところ、危ないかもしれないと言われ、薬を処方され、とにかく安静にしているようにと言われました。

とにかく不安で心配で眠れなくなり、すごく辛い時期でした。

何とか出血も落ち着き、心臓の確認もできて、嬉しくて安堵もして、涙が出ました。

母子手帳をもらえたことも嬉しくて、もらってすぐに最初から最後のページまで隅々読みました。

名前を書くのも嬉しくてドキドキして、これまでに書いたことがないくらいに丁寧に書きました。

と同時に、一気につわりモードに入り、まずごはんの炊ける匂いが耐えられなくなり、続いて色々なにおいが辛くなりました。

すっきりしたにおいは大丈夫だったので、気に入っているシトラス系のミストをマスクにふきつけてマスクでしのいでいました。

 

 

つわりも治まり心も安定する!毎日2時間歩くが体重増加はコントロール不可能

安定期に入って、急に自信がついたような感じでした。

つわりもだんだんおさまってきたこともあって「ここまできたぞ!大丈夫だ!」というように、心が安定してきたように思います。

それと同時に、食べ物がおいしく感じられるようになり、体重がぐんと増え始めました。

検診でも指摘されてしまい、今度は体重増加との闘いが始まりました

ちょっと運動もしなくちゃと思い、毎日2時間程度歩くようにしました。

歩くコースに小さな神社を通るようにして、毎日毎日「無事に生まれてきますように」と神社でお参りするようにしていました。

そうすると、「絶対に大丈夫」と思うことができて、体調も良く感じられるようになりました。

ただ、体重の増加だけはなかなかうまくコントロールが出来ませんでした。

 

 

洋服を選んでいる時に一番楽しい!お腹が重すぎて早く出てきてという気分

出産の準備を色々と始めるようになって、「いよいよ出産が近づいてきたぞ」と実感するようになりました。

赤ちゃんの洋服を選んでいる時が一番嬉しくて楽しかったです。

赤ちゃんの性別は「たぶん女の子だと思うけど、100%ではない」と言われていたので、どちらでも大丈夫なように、黄色やオレンジ色の洋服を買っていました。

妊娠後期のはじめの頃は、出産ってそんなに痛いのかな、怖いなとばかり思っていましたが、臨月の頃になってくると、お腹が重すぎて「もう早く生まれて欲しい!」と思うようになっていました。

お腹が重くて、お風呂掃除など、出来ないことが増えていきました。

とにかくお腹が重くて、赤ちゃんの蹴る力も強くなるので夜も熟睡出来なくて、「赤ちゃんに早く会いたい」というよりは「もう早く出てきてー」というような気分になっていたと思います・・・

 

 

私の赤ちゃんかと不思議な感じ!無事に生まれてきてくれたと気持ちがこみ上げる

「おぎゃー」と聞こえた瞬間に「あ、生まれた!」と思いました。

陣痛は3時間程度ですごく短かったのですが、それでも疲れ切っていましたね。

赤ちゃんを胸の上にのせてもらった時には、嬉しいというより、これが私の赤ちゃんかあ」と、まずは不思議な感じがしました。

思っていたよりもずしっと重たくて、温かい赤ちゃんに、ちょっとびっくりしたのを覚えています。

まずはおっぱいを吸わせてみてねと言われて吸わせてみましたが、まだちゃんと吸っているという感じではなかったです。

胸に乗せている間に、どんどん「無事に生まれてくれたんだ!」という気持ちがこみあげてきて、自然と涙が流れてきました。

この瞬間のことは、一生忘れないと思います。

 

 

1人で世話ができるか不安!心配で心配で目が離せず緊張し慣れてきたら可愛い

退院する時には、嬉しいというよりも不安のほうが大きかったです。

入院中には、赤ちゃんが急にしゃっくりをし始めて、驚いてナースコールしたり(「よくあることだから大丈夫だよー」と言われました)、沐浴がいまいち上手に出来なかったりしたので、「家に帰って、私ひとりで赤ちゃんのお世話ができるかな」と不安でした。

それでも、自分の家に帰った時にはほっとした気持ちにもなりました。

里帰りはしなかったので、自宅に帰って、夫が仕事に行くと、赤ちゃんと2人きりの生活でした。

家に帰って2週間くらいは、ほとんど眠っていないので眠いはずなんだけど、赤ちゃんのことが心配で心配で目が離せず、ずっと緊張して張りつめていたように思います。

少しずつ赤ちゃんと2人の状態にも慣れてきて、3時間くらいずつ睡眠もとれるようになってきて、「赤ちゃんかわいいな」と心から思えるようになってきたように思います。

あっという間に、赤ちゃんが笑うようになってきて、その笑顔を見るのが何よりも嬉しかったです。
 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

はじめての妊娠と出産。

みんな心配だし、不安だと思います。

でも、きっと大丈夫ですよ!

お腹の中に赤ちゃんがいるという幸せな時間は、本当に今だけです。

たくさん話しかけてあげたり、「今だけの幸せ」をまずはかみしめて過ごしてくださいね。

無事のご出産をお祈りしています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください