体重が増えすぎ検診のたびに逆子!母乳が出ず悩みこれからの生活が不安

ニックネーム:よしよし

出産を経験した年齢:30歳

妊娠中に役立ったものは?:ニベアの青缶、さらし、葉酸

検査薬では薄い線が出る!妊娠が確定するまで不安で不安で仕方ない

子どもが欲しいと思ってからなかなか授かることができず、妊活を始めてから約1年後ぐらいに妊娠することができました。

ほぼ毎月、生理前には妊娠検査薬をしていたので、妊娠に気づいた時もだいぶ早く妊娠検査薬をして、薄く線が出ました。

妊娠をしていたら生理前はいつもの症状とは違うとネットなどで見ますが、いつもの生理前の症状とまったく変わることがなかったので、今回も妊娠していないだろうと思っていました。

諦め気分で妊娠検査薬をしたら、薄っすら線が見えたので、そこから病院で妊娠が確定するまで毎日妊娠検査薬をしました。

妊娠に気づいてとても嬉しくて旦那とお祝いしましたが、やはり病院で妊娠が確定するまではとても不安でした。
 

 

小さいことが不安!職場や両家や友達に伝えると喜んでもらえ嬉しい

妊娠が確定して、とても嬉しかったですが、まだまだ流産の可能性もあるので、とりあえず毎日不安で、出血はしていないか、お腹を冷やしていないかなど、とても小さなことが不安でした。

妊娠初期だったので、安定期に入ってから職場に報告しようと思っていました。

職業柄、早い段階で報告していた方が、自分はもちろん、周りの方にも迷惑がかからないと思い、伝えて、仕事面でもたくさんフォローしてもらいました。

母子手帳をもらってから両家に伝えるととても喜んでもらえました。

友だちにも報告すると「子どもたち同級生だね」などとたくさん喜んでもらえてとても嬉しかったです。

妊娠3、4ヶ月頃からつわりが始まり、つわりも軽い方でしたが、食べれるものと食べれないものが出てきました。

 

 

お腹がすき体重が大幅に増える!胎動を一層感じるようになり嬉しい

つわりもだんだんとおさまってきて、今度は妊娠前よりもお腹がすくようになり、ご飯プラスお菓子も食べるようになりました。

そして、仕事を短時間にしてもらっていたので、だんだんと動くことも減ってきて、食べても動かない生活が続き、体重が検診の度に体重が大幅に増え、先生に気をつけようねと言われるようになりました。

特に塩分の取り過ぎは良くないと言われました。

お腹がだんだんと出てき始めたので、マタニティーのズボンを履くようになりました。

ワンピースなどで過ごせたので、極力マタニティーウェアを買うことはありませんでした。

また戌の日に安産祈願に行き、祈祷してもらった腹帯を日頃からつけるようになりました。

胎動も感じるようになり、より一層嬉しくなりました。
 

 

体重15キロ増え、検診のたびに逆子!治るか帝王切開かと不安

少し早めに産休に入り、里帰りをしました。

里帰り出産だと33週までには帰ってきてほしいと言われました。

産む病院で、慣れ親しんだ先生や看護師さんもいなかったので不安でした。

体重が15キロ増え、検診の度に栄養指導を受けました。

あまりに体重が増えすぎたので、体重管理のために入院するかという話まで出ました。

また検診の度に逆子で、通常は2週間に一度の検診ですが、毎週で逆子が治るのか帝王切開になるのかとても不安でした。

逆子体操をしたり、先生に手で逆子を直してもらい、さらしでお腹をグルグル巻いて固定しました。

無事に逆子も治りました。

お腹も大きくなり、寝る時に圧迫されて、夜中に何度も目が覚めるようになりました。

 

 

予定日1週間前に破水、2日後に出産!ホッとして安どの気持ちで一杯

初産だったので、予定日よりも遅れるかと思いましたが、予定日の1週間前の明け方に破水しました。

破水といってもバーーっと出るわけではなく、チョロチョロという感じだったので、「尿もれかな?」と思いました。

恥ずかしがってはいけないので、病院に電話するとすぐに入院セットを持って病院に来てくださいと言われ、行くとやはり破水していました。

破水後から24時間以内に陣痛がきて産まれると言われていたのでいよいよ今日だと思っていましたが、まったく陣痛がきませんでした。

隣の部屋が分娩室だったので、自分より後から来た人たちがどんどんと産んでいき、また痛そうな声を聞く度に恐怖でした。

破水から2日後に、バルーンをして、促進剤を打ち、陣痛がきました。

もうあまりの痛さに何も覚えていないですが、とにかく早く終わって終わってと願っていました。

無事に産まれてホッとしたと同時に終わったと安堵の気持ちでいっぱいでした。

 

 

母子別室だがゆっくりできない!可愛いが授乳やこれからの生活が不安

私が産んだ病院は母子別室だったので、ゆっくりできると思っていました。

沐浴、赤ちゃんとの生活の話、自分の身体の検査など一日にたくさんのことが組まれていたのでほとんどゆっくりすることができませんでした。

授乳の度にお乳が出ず、看護師さんに絞ってもらったり、お乳のマッサージをしてねと言われて、部屋に帰ってからもマッサージの練習をして、母乳が出ないことにとても悩み苦しんでいました。

そのためか血圧が安定せず、なかなか熟睡することができず、夜の授乳はなしでいいからゆっくり寝るようにと看護師さんから言われました。

授乳がとても苦痛で、我が子が可愛いというよりも授乳やこれからの生活が不安で不安でたまりませんでした。
 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

子どもを産むとすぐに母親としての生活が始まります。

とても不安だと思います。

私は特に母乳で悩みましたが、今思うと何を悩んでいたのだろうと言いたいです。

その時は本当にすごく悩むと思います。

悩まなくていいよと言われても悩むと思います。

でも過ぎてみるとなんであんなにと思います。

渦中にいるとしんどいですが、我が子は可愛いです。

周りに甘えて助けてもらいながらみんなで育ててほしいです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください