出血つわり腹の張りを乗り越え出産!お乳を吸っている姿で母になった実感

ニックネーム:きぷお

出産を経験した年齢:35歳

妊娠中に役立ったものは?:とこちゃんベルト(骨盤ベルト)

結婚9年目に妊娠!食事に気を付けたりクラッシックを聞いてリラックス

ずっと不妊治療に通っていて、結婚9年目にして体外受精で初めて妊娠しました。

子どもが欲しくてほしくていろんな不妊治療をしてきましたが妊娠に至らず、体外受精も3回目に妊娠検査薬でうっすら陽性反応が出たときは本当に妊娠しているのか疑いました。

病院で妊娠だといわれた時はその場で叫びたいほどうれしかったです。

念願の妊娠ということもあって、とにかく体を安静にしていました。

赤ちゃんにいいものを届けようと食事に気をつけたり、クラシックを聴いてリラックスしたりととにかく体に気を使っていました。

とにかく赤ちゃんを授かったことがうれしくて、毎日赤ちゃんが生まれた後の生活を想像して楽しんでいました。

初期に出血や心拍が聞こえなくて入院したり、つわりがひどくて本当にちゃんとお腹で育ってくれるのかという不安もありました。

旦那さんや家族のサポートがあって、無事に出産できたので皆様に感謝です。

 

 

出血し心拍が確認できず急遽入院!つわりは元気に育っている証拠と言い聞かせる

妊娠初期に出血をして病院に行ったところ、心拍が確認できなくて急遽入院しました。

念願の妊娠だったのに一気に不安が押し寄せてきて、このまま流産したらどうしようと心配な毎日でした。

入院して数日後心拍が確認でき喜んでいたのもつかの間、今度はつわりがひどくなってきて嘔吐するたびにお腹に力が入るのでお腹の子は大丈夫かとまた心配な日々を送りました。

1ヵ月入院し、初期流産の危険がなくなったので退院できた時はうれしかったです。

つわりは相変わらずあって、自宅でも横になって過ごす毎日でした。

妊娠生活は楽しいものだと思っていたのに、想像と違う生活に苦しさを感じつつも、つわりは赤ちゃんが元気に育っている証拠だと自分に言い聞かせて妊娠初期を乗り切りました。

 

 

エコで元気に育っているのを見ると嬉しい!性別が分かり洋服を見て楽しむ

つわりが落ち着いてきて、お腹も少しふっくらしてきてお腹に赤ちゃんがいるんだなと実感できるようになりました。

産婦人科でエコーを見るのが楽しみで、赤ちゃんが元気に育っているのを見るとすごくうれしかったです。

少し動けるようになってきたので軽い家事をこなしたり外出もして気分転換もできました。

性別がわかってからは、ベビー用品店にいって洋服を見たりして生まれてくる赤ちゃんを楽しみにしていました。

初めて胎動を感じたときは、お腹がぽわっとガスがたまってたのかな?ってくらい微妙な胎動でお腹の違和感くらいでしたが、だんだんはっきりしてくるとお腹で赤ちゃんが動いてるなと幸せな気持ちになりました。

赤ちゃんが胃を圧迫してなかなか食事がのどを通らず赤ちゃんがちゃんと育っているのか心配な日もありました。

健診に行くたびにちゃんと成長しているわが子をみて安心しました。

 

 

お腹が張り安くなり安静にする!今はまだ出てきてだめよと声をかける

妊娠後期になるとお腹がだいぶ出てきて歩くのもきつくなってきました。

軽い家事ならできたのですが、お腹が張りやすくすぐに横になっていました。

流産の危険はなくなったので、たとえ今生まれてしまっても生きていけるからとは思いつつ、早産による赤ちゃんのリスクもあるので気になることがあるたびにネットで調べていました。

ネットで調べるといいことも書いてありますが、最悪の事態のコメントもあるのでますます不安になり、旦那さんにネットは見るなと言われてしまいました。

健診では特に問題はなかったので、家ではなるべく安静にしていました。

胎動は時々感じていたので、お腹をけられるたびにがんばってね、今はまだ出たらだめだよと声をかけていました。

37週を超えたときはよくここまで頑張ったと自分を褒めました。

 

 

切迫早産を心配していたら予定日超過!痛みが嘘のように喜びと感動で一杯

切迫早産を心配し、なるべく安静にしていたのですが、今度は予定日になっても出産の兆候が見られず予定日のその日から毎日2時間のウォーキングをしました。

結局予定日を1週間過ぎ、入院して陣痛促進剤を使おうかという日の明け方おしるしがあり、そのあとすぐ陣痛が始まりました。

7分間隔くらいになったころ病院に向かいましたが陣痛が微弱だったので夕方までかかるかなと言われていたのにその2時間後くらいから急にお腹の痛みが激しくなり、気を失うかと思うほどの痛みでした。

午前中には出産するかもといわれていたのに頭が引っかかってなかなか出てこず、仰向けになると赤ちゃんの心拍が弱まるので横になって陣痛の波を耐えました。

最終的にお腹を圧迫してもらって出てきたときは疲れ果てて赤ちゃんが出てきたことに気づかなかったです。

でも、元気に生まれた赤ちゃんを見て今までの痛みが嘘みたいに飛んでいって喜びと感動でいっぱいになりました。
 

 

何もわからず指導を受けながら世話をする!思った以上に大変だが幸せ

出産当日は赤ちゃんは新生児室で預かり、翌日対面できました。

念願のわが子を見てとてもかわいくてしょうがなかったです。

まだ首が座らない赤ちゃんを抱くことや、おむつを替えるのも何もわからないので指導を受けながらお世話をしていましたが毎回ドキドキしていました。

赤ちゃんが生まれたら母乳は自然に出るものだと思っていたのに、赤ちゃんに吸わせても全くでないのは予想外でショックでした。

退院してから母乳マッサージに通ってやっと完母になった時はうれしかったです。

乳首を吸ってくれる赤ちゃんを見ているとき母になったんだなと実感しました。

毎日表情が変わるのでそのたびに写真を撮っていたので写真がいっぱいになりました。

夜も授乳でなかなか眠れず、赤ちゃんの機嫌に振り回される毎日で思っていた以上に大変でしたが幸せでした。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

私の場合は、不妊治療や切迫流産の入院もあり不安な妊娠生活を送っていました。

中にはつわりもなく何の問題もなく妊娠生活を満喫できている人もいます。

特に初めての妊娠は不安で仕方ないと思いますが、赤ちゃんは自分が思っている以上に強い生命力を持っています。

どんなことがあっても赤ちゃんを信じてあげてください。

奇跡は必ず起こります。

赤ちゃんに対面した時の感動は今でも忘れません。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください