出血し寝たきりの生活!産後自分がしっかりしなければと頑張りすぎて安静に

ニックネーム:しゅうママ

出産を経験した年齢:27歳

妊娠中に役立ったものは?:抱き枕、 炭酸水

吐き気がして気持ち悪い!エコーを見てこの子を守ってあげないと思う

妊娠に気づいたのは、吐き気がきてからでした。

熱もないのに、一日中なんだか気持ちが悪い。

今までにない体調の変化に、妊娠かな?と思ったのが最初でした。

薬局に行き、妊娠検査薬を買って、旦那さんにも何も言わず検査をしてみました。

当時、旦那さんとも結婚は決めていたけど、結婚式は挙げていなくてお互い仕事も忙しいから、式も子供も先延ばしにしていたので、陰性だったら何事もなかったかのようにしていようと思っていました。

検査結果は、陽性。妊娠していました。

最初は、嬉しいという気持ちはなく、自分がママになるなんて考えられず、どうしよう‥どうしよう‥って頭の中がぐるぐるしてしまいました。

実感も沸かず、ずーっと暗い気持ちで、旦那さんにも報告。

とりあえず、病院でちゃんと診てもらおうということになり、病院へ。

エコーで赤ちゃんを目で確認した時、初めて嬉しい気持ち明るい気持ちになりました。

何を怖いと思っていたんだろう、この子を守ってあげないとって気持ちになりました。

 

 

悪阻で炭酸水とプラムだけ!エコーで赤ちゃんを見られるのが私の支え

とにかく悪阻で、気持ちが悪い日が続きました。

ご飯は何も食べられず、水も飲めない。

でもおなかがすきすぎると、余計に気持ちが悪い。

食べられそうなもの飲めそうなものは何でも試してみたら、炭酸水とプラムっていう果物だけは食べられたので、それでなんとか栄養をとりました。

心配だったのは、私がこんな状態で、赤ちゃんにちゃんと栄養がいっているのかということ。

お医者さんは、「大丈夫ですよ。赤ちゃんにはちゃんと栄養がいっていますよ。」と言ってくださるのですが、毎回「赤ちゃんに栄養はいっているか」と、同じことをお医者さんに聞いていました。

その時は、診察が一か月に1度とか2週間に1度くらいだったので、その時に赤ちゃんの姿をエコーでみられることが一番私の支えでした。

旦那さんが、まだこの時期はとまどってたかな笑 お父さんになれるのかなって。

 

 

赤ちゃんに元気をもらい乗り越える!都会でも案外みんな優しいなあ

妊娠中期になって少しずつ悪阻もおさまってきて、休んでばかりじゃなくお出掛けもできるようになってきたのがこの時期。

赤ちゃんに集中したい一方、仕事が決算月に入って、かなり忙しくて辛かったけど、おなかでポコポコ動く赤ちゃんに元気をもらいながら乗り越えました。

ほんと赤ちゃんの力ってすごいなって思いました。

相変わらず、診察日にエコーで赤ちゃんの姿を見られるのが嬉しくて幸せでした。

妊娠検査薬で結果を見たときの不安や心配が嘘のように吹っ飛んでました。

そろそろ性別もどっちかなぁなんてわくわくしていました。

相変わらず旦那さんは、お父さんになれるのかなぁとか、子供とあんまり接したことないからなぁなんて言ってました。

おなかが大きくなってきたので、電車で席を譲ってもらえたり、やさしくしてもらえたり都会でも案外みんな優しいんだなぁと思いました。

 

 

退職前日に出血し切迫早産で絶対安静に!旦那さんが一番の心の支え

妊娠後期、仕事退職日前日くらいに出血してしまって、病院へ

里帰り出産の予定だったので、すぐ里帰りするように言われました。

切迫早産で、絶対安静になってしまいました。

やっぱり仕事しながらだと、あんまり体も休めなかったしギリギリまで働かなければ良かったなと後悔

赤ちゃんに、何もなくて良かった。

それから、実家でほとんど寝たきり。

不安だったのは、旦那さんと離れていることでした。

実家の両親はいてくれるけど、やっぱり旦那さんが一番の心の支えだったんだなって実感しました。

初めての出産を控えて、今まで順調にきてたと思っていたところ、急に切迫早産になって、なんだか無償に涙が溢れる日が続きました。

旦那さんとは、毎日電話で、週末には毎週実家にきてくれて、本当に心の支えでした。

おなかの赤ちゃんにも、パパがいるときに出てきてくれるといいなってお話していました。

 

 

陣痛が怖くて痛い!助産師さんに励まされ、赤ちゃんは本当にかわいい

出産は、陣痛始まった時がとにかく怖かった。

今までにない痛みから始まって、おさまったと思ったらまた痛くて‥

その合間に助産師さんの内診をはさんだりして、痛みにばっかり意識がいってしまって辛くて涙もでてきました。

助産師さんに 「赤ちゃんも今すごく頑張ってるからね。今までずっと赤ちゃんおなかで守ってきたんだよね。その赤ちゃんにもうすぐ会えるよ。頑張ってお母さん!」って言われて、気持ちが強くなった気がしました。

そして、無事に出産。 初めて会った我が子は本当に可愛くて、涙が溢れました。

おなかの中に本当にずっといてくれたんだねって思いました。

私は少し出血が多かったので、くらくらしていたけど、赤ちゃんからずっと目が離せなくてずーっと見てました。

本当に赤ちゃんって可愛いんだなって改めて感じていました。

 

 

赤ちゃんと過ごす毎日が幸せ!産後は休みながら行動しないといけないと思う

出産後は、とにかく寝ても醒めても赤ちゃんのことで頭がいっぱいでした。

赤ちゃんを見ているといろんな感情が込み上げてきました。

不安に思ったのは、ミルクは足りているかが一番心配でした。

授乳回数が頻回だったので、足りていないんじゃないかって思ってミルクにしてみても哺乳瓶をどうしても嫌がってしまうので、やはり授乳を頻回していました。

あとは、見てるだけで幸せで可愛くて仕方がない毎日でした。

里帰りから自宅に帰ってからは、私がしっかりしなくちゃと思って張り切りすぎたのか、不正出血

病院からも安静にするように言われました。

気持ちは元気でも、体はやっぱり産後でなるべく休みつつ考えて行動しないといけないんだなと思いました。

それでも、赤ちゃんと過ごす毎日は気持ちが満たされていて、幸せな毎日でした。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

初めての妊娠出産で、不安になる気持ちはすごくわかります。

私は不安でいっぱいでした。

妊娠で体調も今までと変わってしまうし、悪阻も特につらいなって思いました。

何も食べられないし、ちょっとしたにおいもウってなるし‥明け方トイレで寝ることもよくありました。

あと、ママになれるのかなって不安。

でも、出産して赤ちゃんに会えると一気に吹っ飛びました。

そんなこと忘れちゃうくらい、とにかくとーっても可愛い

あぁ、この子には私がいないとダメなんだなって思うと余計かわいくて‥

赤ちゃんも0歳なら、ママも0歳。

ゆっくり一緒に成長していったらいいのかなって思っています。

今ではそんな我が子も7歳。5歳の弟もいます。

生まれてきてくれてありがとうって今でも思いますし、もう一度あの時に戻りたいなぁなんて思えるくらい、妊娠していた時、赤ちゃんの時が懐かしいです。

新しい命の誕生は、本当に素敵だなって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください