転勤の引っ越しや物件探しに奔走!気になることをネット検索すると心配は増幅する

ニックネーム:みいこ

出産を経験した年齢:29歳

妊娠中に役立ったものは?:出産時冬だったので、裏起毛付きのズボンやウエストがゴムのようなもので調節できるベルト

GW中に陽性とわかる!お酒や薬を飲んだことは大丈夫と言われてほっとする

妊娠を知ったのはちょうどGWが明けた5月の中旬ごろでした。

そろそろ赤ちゃんがほしいなと思っていたところだったので、生理が遅れ、検査薬を試したらすぐに陽性の線が出たときはとても嬉しかったです。

でもそれと同時にGWの時に旅行に行ってお酒を少し飲んでいたのがとても心配になりました。

そしてそのころ微熱が続いていたので、葛根湯を飲んでいたこともあり、赤ちゃんになにかあったらどうしようと不安になりました。

1回目の病院でそのことを話したところ、基本は妊娠がわかってから薬もお酒も飲んでいなければ大丈夫とのこと。

ほっとしました。

まだまだ自分のお腹に赤ちゃんがいるなんて実感がわかず、普段通り過ごしていましたが、主人と親に報告した時にはとても喜んでくれて嬉しかったのを覚えています。

 

 

お腹が張ったら薬を飲んでねと処方される!安心して飲んでねと言われ信用する

赤ちゃんを妊娠して、初めて知ったのは妊娠12週までが一番流産の可能性があるということ。

病院の先生から聞いたのは7人に1人くらいの割合で残念なことに流産してしまうということだったので、割合がそんなに高いということに驚きました。

当時立ち仕事だったので、お腹が張ったりしたら薬を飲んでねと処方されていました。

妊娠中に薬なんて大丈夫なんだろうか、赤ちゃんに影響はないんだろうかと思いましたが、病院の先生が「きちんと妊婦も飲める薬はあるよ。赤ちゃんへの影響を気にして産婦人科から処方された薬をちゃんと飲まずに残念な結果になる人もいるよ。この薬は大丈夫だから安心して飲んでね」と一言あったことで信用できました。

特に妊婦は風邪をひいても便秘になっても内科に行くのではなくまずは産婦人科へきてくださいと教えられたのは勉強になりました。

 

 

主人の転勤が発表になる!荷造り、物件探しが忙しく、物件候補探しで喧嘩する

やっと辛いつわりも抜け安定期に入ったころ、主人の転勤が発表されました。

今の場所から新幹線で3時間ほどかかる場所で縁もゆかりもない土地です。

赤ちゃんを産んだらそこで育児をするんだなと少し不安になりました。

でも転勤は発表されて1か月で異動しないといけないので、 不安を感じている暇もないくらい、自宅の引っ越し等にバタバタしていました

安定期とはいえども、重い荷物を持つのは極力ひかえ、荷造りをすると同時に 週末に現地へ行って物件探しをしました。

普段、あまり主人と喧嘩しないのですが、その物件探しで事件が勃発

私はできるだけ駅から離れても子育てに困らない広さの家を探していたのですが、 主人は通勤のこともあって、駅近の物件で、広さはなんと一人暮らし程度の部屋を選んだのです。

私は妊娠中でこれから子供のものも増えてくるのに、どうして一人世帯が選ぶような物件が候補に入るんだと怒りました。

なかなか彼も意見を曲げませんでした。

妊娠中でホルモンバランスの乱れからか、私も感情的になり、ぼろぼろと涙を流しながらの喧嘩をしました。

彼は仕事ばかり考えていて、私のことや産まれてくる子どものことを何も考えてくれていない!と…。

結局彼の意見を7割考慮し、駅近物件の1LDKになりました。

もともと住んでいた部屋は2LDKで部屋がより狭くなり、家具を入れたらより窮屈になりました。

今になって思うのですが、男の人ってなかなか子どもが1人増えることによってどれだけ物が増えるか知らない人が多いと思います。

女性は友達が赤ちゃんを産んだら家にお祝いにいくので大体のものの増え方はわかるものの、彼自身、物件選び自体が初めてで友達に子どもがいる状況にも出会ったことがなかったため、このようなことが起きたんだろうなと思いました。

 

 

15キロ太ってゴロゴロしていると親とけんかになる!遠出もできずストレスがたまる

妊娠後期に入り、実家でのんびりと過ごしていました。

しかし、もともと食べづわりだったというのもあってか元の体重から15キロ太ってしまいました。

親から「太ったら難産になるよ」と言われながら、家の近くをウォーキング程度はしました。

お腹も大きいし、今からできるだけ増えないように気を付けつつも、体重はなかなか落ちませんでした。

お腹も大きく、動くのもしんどくてゴロゴロしていると親からは怠けていると文句も言われ、自分の部屋ぐらい片付けなさいと言われる始末。

重い荷物もあったけれど、文句を言われるのも腹が立って、親に当てつけのように喧嘩したこともありました。

お腹も大きくなるにつれ、遠出もできなくなり、家に一日中いることが多かったので、私自身もストレスがたまりました。

 

 

破水して即入院!やっと出会えたね小さな手で握ってくれたことが嬉しい

出産予定日から5日早い朝のことでした。

朝起きたら、足から水のようなものが出てきて、最初はわけがわからなかったけれど自分で止めることもできなかったのでこれは破水していると気づきました。

病院に連絡し、すぐに来てくださいと言われたので、病院に着くと即入院となりました。

その時まだ陣痛は来ておらず、24時間以内に陣痛が来なければ陣痛促進剤を使いますと説明されました。

まだ余裕のあるうちに昼ご飯と転勤先の主人へ連絡し、3連休の初日でしたので、主人にもできるだけ仕事をまとめて早めにきてほしいと伝えました。

昼過ぎに陣痛が着始めて、夜8時ごろにやっと主人が到着。

激痛が続く中、子宮口が3cmくらいしか開いてなかったので、こんなにも痛いのがまだ続くのかとぞっとしました。

夜11時頃に分娩室にやっと通され無事出産することができました。

息子はエコーや4Dで一度も顔を見せてくれず、ずーと手で顔を隠していたので(いないいないばぁ!の状態)腕と顔がくっついていたらどうしようとちょっと不安でしたが、産まれてきて初めて顔を見たときは驚きのほうが大きく涙は出ませんでした(笑)

お腹の上に赤ちゃんを乗せられたときにやっと出会えたねという気持ちと思ったより小さくてかわいい手が私の指を握ってきてくれたことがとてもとても嬉しかったです。

 

 

心配なことをネットで検索するが増幅する!初めての育児で肩に力が入っていた

出産後はなかなか息子がおっぱいを飲んでくれないことで心配になったり、首が座るのも標準より遅かったのがとても心配でした。

初めての妊娠でわからないことだらけ、誰かに相談しようにも私の周りはまだあまり赤ちゃんを産んでる子がいなかったということもあり、気になったら携帯でネット情報を見ていました。

しかし、ネットの情報も多すぎて、しかもあまり良いことは書いていないので、より心配は増幅していきました。

母からも携帯ばっかり見てないで赤ちゃん見なさいよ!と言われ、母の時代の育児とのずれに喧嘩が起こることもしばしば。

赤ちゃんは可愛いことは可愛いけれど、周りが言うほど私自身が息子のことを可愛いと思えているのか。

親である私自身が一番かわいいと思うはずなのにそこまでではないなぁとちょっと自信を無くすこともありました。

今思えば、初めてのわが子の育児に必死で肩に力が入っていたんだと思います。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

妊娠時期はホルモンバランスの乱れからいつもよりいろんなことが心配になったり気になったりします。

出産後は色んな情報に惑わされて小さなことが気になったりしてしまいました。

今息子も2歳になり、産んだころとはまた違う悩みもありますが、今妊娠~出産のころの自分を思い返せば、なぜあんなに神経質になっていたんだろうと不思議に思うばかりです。

今はつらい、誰もわかってくれないと悲しい気持ちの方、もう少ししたら必ず、あれなんでこんなことで悩んでたんだろうって思う時がきます。

あと、ネットで赤ちゃんの成長の目安などよく書いてありますが、本当に赤ちゃんの個人差はそれぞれで、私の子の場合首座りは5か月、おすわりが10か月、立ったのが1歳4か月、それなりに歩けるようになったのが1歳半、しゃべりだしたのが1歳8か月というかなりのんびりな子でした。

心配になり色んな病院に受診しましたが、何も引っかからず現在2歳4か月。

元気に走り回ってます。

2歳になるまで成長具合が遅いという心配は本当にすごくつらいものでしたが、私の周りにももう一人同じ成長具合の子どもがいて、その方とママ友になれたので私はすこし救われました。

悩みがあれば、一人で抱え込まず、児童館にいったりいろいろ相談できるところを探してください。

赤ちゃんも初心者、ママ自身も育児初心者。

色んな方の手を借りながら子どもを立派に成長させられたら それでいいと思います。

私も今2人目を妊娠中です。1人目の時のようにのんびりはできませんが、この妊娠中~出産までを思い返しながら育児頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください