つわりがしんどく体が痒い血圧が高くなる!出産後段々子供が可愛くなリ幸せ

ニックネーム:がぱお

出産を経験した年齢:31歳

妊娠中に役立ったものは?:無印良品のマタニティレギンス

生まれてくる子を可愛がれるか不安!想像以上に夫が喜んでくれて嬉しい

妊娠に気づいたのは結婚してすぐのことでした。

子供は欲しかったけどもう少し先でと考えていた矢先の出来事で、嬉しいのもあったけど正直戸惑っている気持ちの方が大きかったです。

というのも、自分自身が子供があまり好きじゃないと思っていたから。

生まれてくる子をちゃんと可愛がれるかどうかの不安がすごく大きくて。

でも親に孫の顔は見せてあげたかったから、子供は産もうと思っていました。

なので、ついにこの時が来たんだな、覚悟を決めようっていう気持ちが大きかったです。

嬉しかったのは、想像以上に夫が喜んでくれたこと。

こんなに喜ぶとは、っていうくらい、頑張って稼ぐ、家事も手伝う!と張り切ってくれて私以上に喜んでくれたのが嬉しかったです。

 

 

何をするのもびくびく!つわりがしんどいが健康的な食習慣がつく

子供がちゃんとお腹の中で育っているかがわからないので、毎日何をするのもビクビクしていました。

例えばちょっとつまずいただけで赤ちゃんは大丈夫かな?とか、重いものを持っただけで、こういうのもダメなんだっけ?と不安になったり。

でも何より初期はやはりつわりがしんどかったです。

冷たいものしか食べられなくなって、スイカ、桃などのフルーツと冷えたおにぎりくらいしか食べられなくって苦労しました。

食べてもすぐに吐いてしまったり。

でもそれまであまり果物を食べることはなかったのに毎日色々な果物を食べるようになって、果物を食べる習慣がついたこと。

今では毎朝果物を欠かさず食べています。

つわりはすごくしんどかったけど、つわりのおかげで健康的な食習慣がついたのはよかったなって思います。

 

 

妊婦生活に慣れ一番気持ちに余裕!段々赤ちゃんらしくなりエコーが楽しみ

中期ともなると妊婦生活にも慣れていたので、一番気持ちには余裕があった気がします。

お腹もまだ大きくなかったから外出を楽しんだり。

健診もまだ1ヶ月おきなので、そんなに忙しいこともなく割と楽しく過ごしていました。

ただ自分が思ってるより疲れやすくはなっていたので、時間に余裕を持って生活するように気をつけていたかな。

一番注意したのは食べ物のカロリー

つわりが終わってなんでも美味しく、しかも周りは赤ちゃんのぶんも食べなきゃ!つわりで食べられなかったぶん美味しいもの食べて!とどんどん進めてくるのでつい食べすぎて体重が増えやすい時期で病院に怒られたりしました。

でも妊婦健診でみる赤ちゃんのエコーに一番変化が出てくるのもこの時期で、きちんと育ってるのか不安ではあったけどだんだんと赤ちゃんらしくなっていく毎月のエコーが本当に楽しみでした。

白黒のエコーでも我が子は可愛いです。
 

腰は痛く後期つわり!身体中が痒く妊娠高血圧寸前まで高くなり減塩食

とにかく体が辛かったです。

お腹が大きくなって行動も制限されてくるし、腰は痛いし、後期つわりなんていうものも出てきてあまり食べられなくなる人もいます。

私はそのパターンで、何を食べても気持ち悪くなって横になってばかりでした。

私が一番大変だったのは、体が痒くなることと、血圧の問題でした。

なぜか身体中が痒くなるんですけど、そういう妊婦さん多いみたいです。

お腹や胸のあたりが痒くて掻きむしってしまうんです。

血圧は妊娠高血圧寸前まで毎回どうしても上がってしまうんです。

毎回測り直してました。

なので妊娠後期は減塩食ばかり食べていました。

そんな中でしたが赤ちゃんが生まれてくるのはやはり楽しみで、いろんなベビーグッズを揃えるのがとっても楽しかったです。

しんどくて買い物に行けない時は通販で揃えたり、どれも可愛くて本当に楽しかったです。

 

 

経験したことがない痛みが襲ってくる!赤ちゃんに出会える幸せの為にある

今まで経験したことのない痛さが次々に襲ってくるので半分パニック状態でした。

痛いです痛いですと助産師さんに言い続けるんですが(子宮口の開きが)まだまだよ、と言われるたびに絶望・・・

全開の時はもうまだですか、まだですか、ばっかり言ってました。

でも、終わった瞬間にアドレナリンが出るのか忘れちゃうんです。

体力は使い切ってクタクタなんですが、ベラベラ喋ってたみたいです。

生まれてきた赤ちゃんに、やっと会えたー!こんな小さな足が私の肋骨を蹴っていたのね!と感激しました。

本当に可愛くて、10ヶ月頑張ってよかったって涙が出ました。

夫も、両親も頑張った可愛いと喜んでくれて、本当に幸せでした。

妊婦生活も出産も大変なことが多いですが、赤ちゃんに出会える幸せのためにあったんだって納得しました。

 

 

3時間おきの授乳とおむつ替えに慣れるのに大変!自分の新生児が可愛い

出産直後から3時間おきの授乳とオムツ替えという赤ちゃんのお世話が待っていてろくに眠れなくなるんですが、これに慣れるまでが大変でした。

眠れないので気持ちがギスギスしてしまい、母乳もうまく出なくて助産師さんに泣きついたり。

こんなことで私はうまく赤ちゃんを育てられるんだろうか、って不安でいっぱいでした。

でも、そんな毎日でも赤ちゃんはひたすら可愛いんです。

それまでの私は子供が可愛く思えるのか、という不安でいっぱいでしたがそんなものは吹き飛んでしまいました。

スマホのカメラロールは子供の写真でいっぱい。

何時間でも寝顔を見てられます。

こんなに自分の子供が可愛いものだとは思わなかったです。

それくらい新生児は可愛いです。
 

これから出産される方にアドバイスお願いします

妊娠出産はみるみる自分の体も生活も変わっていくので、不安の連続だと思います。

知らない自分がどんどん出てくるので、不安だと思いますがそれを楽しむくらいがいいと思います。

でも生まれてくる赤ちゃんは、本当に可愛くて、何事にも変えられない唯一の存在です。

痛いことも辛いことも起こりますが、1年後には元どおりになるものがほとんどだと思います。

3人産んだ私がいうのですから間違いありません。

産後の生活も初めは孤独だと思いますが、赤ちゃんを介して友達も増えますし、知ることもたくさん出てきて毎日が面白いです。

初めは大変だし余裕がないかもしれませんが、余裕が出てくるころに「これって実は面白いのかも?」と考え方を変えてみてください。

それだけで心が軽くなりますよ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください