つわり胃もたれ出産の痛みを乗り越える!育児に慣れてきて可愛くて幸せ

ニックネーム:はな

出産を経験した年齢:27歳

妊娠中に役立ったものは?:産前産後使える骨盤ベルト

待ち望んでいたので嬉しくてドキドキ!出産の辛さより喜びが大きい

まず帰宅までの間、微熱がずっと続いていました。

元気でしたがなんとなく熱っぽくてだるい日が続き、もしかしてと思い検査薬を試してみたところ妊娠が発覚しました。

結婚したら早めに欲しいと待ち望んでいたので本当に嬉しくてドキドキが止まりませんでした。

それからはわたしのお腹の中に新しい命があるという不思議な感じが照れ臭く、でも実感は初期の段階ではありませんでした。

しかし何をするにもお腹の赤ちゃんのことを最優先に考えるようになり、無理をしないように気をつけたり、本屋さんに行ってマタニティ雑誌を読んだり購入してモチベーションを高めていました。

出産の辛さも頭をよぎりましたが、このときはそれ以上に喜びの方が大きかったです。

 

 

つわりがいつになったら終わるかと思う!自分と赤ちゃんの生命力を信じる

最初は食べづわりから始まり、食べても食べてもお腹が空く自分に驚きました。

でも体重は増えなかったので、お腹の赤ちゃんも一緒に食べてくれている感覚がありました。

そのあと吐きづわりになったときは本当に辛く、常に車酔いをしている感覚が辛すぎていつになれば終わるのかと毎日考えていました。

赤ちゃんのことを思えば頑張れましたが、初期の段階では不安なことも多く、胎嚢が見えなかったらどうしよう、心臓が動いていなかったらどうしようと毎回検診のたびに不安でした。

その当時はちょっとした変化にも敏感で何でも検索して調べて一喜一憂していました。

それでも自分と赤ちゃんの生命力を信じて検診の日はドキドキしつつ楽しみでもありました。

 

 

正常な感覚に戻ったことが嬉しい!お腹に衝撃を与えない守る癖がつく

つわりもやっとおさまり、お腹が空いて好きなものを食べられるという正常な感覚に戻ったことが本当に嬉しかったです。

戌の日のお参りにいったり、安定期に入って周りのみんなに報告ができたりと嬉しいことか増えました。

お腹は小さめで痩せ型だったのでマタニティウェアを買い足すほどではなく、無駄な出費が増えずに安心しました。

安定期に入ったもののまだ完全に安心はできないので、夏祭りでは出店のものを食べないようにしたり、お腹に衝撃を与えないように守ったりする癖もつきました。

この頃から家で簡単にできるマタニティヨガも初めて、出産のときの痛みや辛さを少しでも軽減できるようにがんばりました。

できる範囲でマッサージなども取り入れました。

 

 

胃もたれし、げっぷが止まらない!思い出作りをし、少しづつ生まれてくる実感

この頃になると今度は後期づわりが始まり、ずっと胃もたれしている状態でした。

お腹は空くのに食べると気持ち悪くなってしまい、豆腐やサラダなど淡白なものしか食べられませんでした。

げっぷも何故だか止まらなくなり、この不快感が出産するまで続いたことは辛かったです。

お腹もやっと目立つようになり、妊婦とわかるようになってきました。

子供が産まれたらゆっくり出かけられなくなるので、少し上品なディナーを食べに行ったりしました。

ディズニーシーに行ったりと遠出も無理のない範囲でして思い出作りをしました。

少しずつ産後の赤ちゃんの物や必要な物も揃え始め、生まれてくる実感がわいてきました。

毎日大きくなるお腹が愛しくてしかたありませんでした。

 

 

可愛くて無事産まれてきてありがとう!この世で一番幸せなのは私だと思う

産まれるまでは痛みが辛かったですが、産まれてきた瞬間我が子を見て可愛いと素直に一番に思い、声に出して言ってしまいました。

とにかく可愛くて、無事に産まれてくれてありがとうと涙が出ました。

何があってもこの子を守ろうと、一気に母性が溢れ出したのを覚えています。

産んだ瞬間に全ての痛みが飛ぶと聞いていましたが、まさにその通りでした。

妊娠中の辛いつわりや胃もたれ、出産中の痛みや苦しさが一瞬で吹き飛び、幸せでしかありませんでした。

わたしがこの子をお腹の中で育ててこの世に生まれてきてくれたんだと不思議な気持ちでいっぱいでした。

間違いなく人生で一番幸せを感じた日でした。

この世で一番幸せなのは今はわたしではないかと思いました。

 

 

想像以上に大変!少しづつ慣れてきて今後したいことを思い浮かべる

大変とは聞いていましたが、想像以上に大変でした。

自分中心の生活から赤ちゃん中心の生活になり、授乳するために数時間おきに起きなければならないので常に寝不足でした。

自分の意思とは関係なく、泣けばおせわをしなければならないし、眠くても眠れないのは辛かったです。

赤ちゃんの寝顔や毎日変わる表情やしぐさを見ていると飽きませんし、寝るのがもったいなくて寝そびれてしまうことも多かったです。

それだけ本当に可愛くて日々の成長が嬉しくもありました。

初めての育児だったので、泣き止まないときはどうしたらいいかわからず一緒に泣いたりもしました。

少しずつ赤ちゃんとの生活にも慣れて、今後したいことなどを思い浮かべて過ごしていました。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

出産は大変ですが、産まれたときの感動や喜びは何事にも代え難いです。

頑張ってください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください