保育士の仕事をしながら悪阻や吐き気の毎日!旦那両親先生に助けてもらい感謝

ニックネーム:ss

出産を経験した年齢:27才

妊娠中に役立ったものは?:妊娠線予防オイル

ずっと望んでいた妊娠がやっとかなう!心拍が確認できた時は涙が出る

ずっと妊娠を望んでいて、やっとできました。

しかし私は保育士の仕事をしていた為、動くことが当たり前な生活だったので「今まで通りに仕事していていいんだろうか…」という不安がありました。

しかし、私が強く妊娠を望んでいたことを知っていた周りの仕事仲間から、気遣う言葉をもらったり、重いものは代わりに持ってくれたりしてもらい、すごく嬉しかったです。

また、旦那もとても喜んでくれたし、私の両親もなかなか赤ちゃんができなかったことを気にしていたようで、妊娠したことを報告した時には泣いて喜んでくれました。

心の変化としては、まだあまり実感がなく、不思議な感じが強かったです。

検査薬をしてから、割りとすぐに産婦人科に行ったので、心拍はまだ確認できなかったのです。

次の週に心拍を確認できた時は思わず涙が溢れました。

 

 

赤ちゃんが元気か心配!無理したら全体だめだよと言ってもらえてうれしい

妊娠初期は不安の毎日でした。

初期が1番大切だと言われてきました。

検診もまだ1ヶ月に1回くらいだったので「赤ちゃん、心臓動いてるかな…」など検診まで毎日不安でした。

また、妊娠する前は赤ちゃんができても、「バリバリ動いて仕事する!」と思っていました。

しかし、赤ちゃんが心配で、保育園児たちと走って遊んだりできなくなっていました。

その事が私にとってすごく何か引っかかっていたんですが周りの先生たちから何も言われず、むしろ「走ったり無理したりしたら絶対だめだよ!」と言ってもらえてすごく嬉しかったです。

そしてこの頃から悪阻が始まりました。

ムカムカするのと、匂いにも敏感になってきて、給食の支度がとても辛かったことを思い出します。

 

 

悪阻が続き点滴生活!吐いてもいいから食べなさいの母の一言でハッと気づく

中期になってきたら、悪阻も少しずつ治ると思っていましたが、治るどころか、酷くなってきました。

食べる事ができず点滴の生活をし、仕事もあまりできなくなってしまいました。

仕事に行ってもトイレにこもって、吐いている毎日でした。

ただ水分はとることができていたので、まだ良かったです。

毎日吐いている生活だったので、「もう嫌だ…」と泣いてしまうこともありました。

母に言われた一言にハッと気づかされました。

母は「吐いてもいいから、食べなさい!」と言ったんです。

私は吐くのが嫌で自分が辛いのが嫌で…ほとんど食べていませんでしたが、この言葉で「母親になるってこういうことなんだな」と気づくことができました。

赤ちゃんの為に食べなくちゃいけないんだと改めて思いました。

 

 

赤ちゃんへの気持ちが強くなる!周りの先生のおかげで安心して仕事ができる

後期になっても、吐いていました。

お腹が急にドーンと大きくなり、胃は圧迫されより吐き気に襲われていましたが、もう吐くことに慣れていました…!

胎動を感じることが多くなり「あ、ここにいるんだ」とより赤ちゃんへの気持ちが強くなりました。

そして、日に日に出産への恐怖が襲ってきました。

「陣痛って何が陣痛って言うんだろう」「破水っていつおきるの」そして「私は本当に出産できるのかな…」と不安に思っていました。

しかし、旦那が「早くでておいでー」と嬉しそうにお腹を撫でる姿に少しホッとしたことを覚えています。

臨月まで仕事をしていましたが、お腹はパンパンだった為周りの先生がよりサポートしてくださったので安心して仕事に行くことができていました。

 

 

産まれた瞬間陣痛の痛みを忘れる!旦那、母親、先生に感謝の気持ちになる

まず思ったことは「なんてかわいいんだろう…」でした。

思わず「かわいい!」と叫んでしまいました。

その時は陣痛の痛みなど忘れました

周りから、「痛かったことなんて、忘れるよ!」と言われていて絶対に嘘だと思っていました。

本当に忘れました!

そして、「生まれてきてくれてありがとう」「私をママにしてくれてありがとう」と感謝しました。

また、陣痛で叫びまた陣痛中も吐いていた私をずっと見守り支えてくれた旦那、母親に感謝しました。

出産は助産師さん2人、主治医1人の計3人で手伝ってもらったので壮絶な出産でした。

産んだ時には先生方にも感謝の気持ちでいっぱいでした。

深夜に出産したのですが、その日は全く眠れず朝まで起きていました。

 

 

毎日、寝不足でへとへと!笑顔を見ると頑張ろうと不思議に思える

出産してからは、母乳のことに悩んでしました。

乳首が小さく飲みづらかったこともあり、ミルクと混合で飲んでいましたが、乳首裂け、激痛の中授乳していました。

そして、寝る時間は全くなく「私が寝てる間に、赤ちゃん息してなかったらどうしよう…」など不安で眠れませんでした。

毎日寝不足でヘトヘトでしたが、母が家に来て手伝ってくれていたので、とても助かりました。

母の助けが無かったら、頭がおかしくなっていたと思います。

しかし、やはり自分の子はとても可愛く「この子の為ならなんでもできる」と本当に思いました。

毎日寝不足でフラフラでしたが、笑ってる笑顔を見たら「頑張ろう」と不思議と思えました。

生活は子ども中心になりました。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

不安になるのは、当たり前です。

人間を生み出すのだから

けれど、陣痛がきたら産まなくちゃいけなくなる!

だから、ドーンとかまえて出産を乗り越えましょう。

そしたら最高に幸せな瞬間がきますよ!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください