大量出血で安静状態、人生で一番頑張った出産!家族が支えてくれるありがたさを実感する

ニックネーム:みの

出産を経験した年齢:32歳

妊娠中に役立ったものは?:妊娠中に着ける腹巻、腹帯

心拍が確認できるまで不安!できるだけ体に負担をかけないように生活

不妊治療をしていたので、妊娠にはすぐに気づくことが出来ました。

妊娠前に、流産の経験があったので、とにかく不安が一番大きかったです。

妊娠していますと、先生から言われた時には、嬉しいのはもちろんでしたが、とにかく心拍が確認できるまでは、第一関門は突破できていないという怖さがあり、素直には喜びきれませんでした。

まだまだこれから、次の診察まで頑張れ赤ちゃんといったように、自分で自分を落ち着かせました。

分かってからは、次の心拍の確認のある診察まで、とにかく、生活を無理はしない、重い物は持たない、気になるけど気にしすぎない、栄養はきちんと取るといったように、出来るだけ体に負担のないように生活しようと心がけました。

 

 

お腹の中で育ってくれるか不安!大量出血をし生きた心地がしない

妊娠がわかり、無事に心拍の確認が取れてからは、とにかく泣いて喜びました。

嬉しくて仕方がありませんでした。

ですが、それと同時にやってくる、これからも、赤ちゃんが私のお腹の中で育ってくれるのかといった不安が大きくなりました。

とにかく、流産に繋がらないように、私の中で、気を付けて生活をしていました。

ですが、私の場合は、妊娠初期の段階で、大量出血を起こしてしまいした。

かかりつけの、不妊治療の病院まで行き、産婦人科のある大きな病院へ行ってと言われた時には、もう、生きた心地がしないくらいの精神状態に追い込まれました。

ギリギリ入院は逃れ、家で安静状態の生活が始まり、とにかく家で過ごす毎日が始まりました。

無事に赤ちゃんが育ってほしいと願う毎日を過ごしました。

 

 

栄養がいっているか心配!サポートしてくれるのに気づかず申し訳ない

妊娠中期に差し掛かるころにはつわりがひどくなってきました。

生活は、少しづつ動けるようになってきていたので、家の事もできるようにはなってきました。

気持ち悪い日々が続いていて、食事を作る事が出来なくなっていました。

主人が支えにはなっていてくれていました。

お弁当を買ってきてもらっていたり、食事のバランスもとれてない状態だったので、赤ちゃんに栄養がいっているのかとても心配でした。

毎日の不安な生活の中で、いつも一緒に過ごす主人が、何もできない私をサポートしてくれたり、励ましてくれていました。

その時はイライラしていることもあったり、自分の事で精いっぱいだったので、気づけない部分もあり申し訳なかったかなと感じています。

 

 

大きくなるお腹に幸せを感じる!しっかり栄養を取りウォーキングをする

妊娠後期になると、元気な赤ちゃんを絶対生むぞという前向きな気持ちなる事が出来ました。

お腹も大きくなってきて、家事や自分の事をする時に動きにくさも感じるようになりました。

どんどん大きくなるお腹に幸せを感じていました

特に、胎動があると嬉しくて、ワクワクしていました。

逆に、あまり動かない時には、大丈夫かと不安になる事も大きくなりました。

後半になると、実家で過ごす事も多かったので、母が側にいてくれたおかげで、何かと助けになってくれていました。

もちろんそのころには、食欲も出てきていたので、体重増加が気になりだしました。

どうにかギリギリの調節をしながら、しっかり栄養を取ったり、無理しすぎない程度にウォーキングもしていました。

 

 

生きていた中で一番頑張った作業!嬉しそうな声を聴いて頑張ってよかった

出産した時は、とにかく嬉しくて嬉しくて仕方がありませんでした。

出産は、とても長くて苦しくて、痛くて、本当にこんなことあるのかというくらいの、信じられない激痛が長く続くという生きていた中で一番頑張ったと思えるような作業でした。

生まれた瞬間に、全てが吹っ飛ぶような幸せな気持ちが沸き上がりました。

初めて出会った時の、可愛くて、体の中から何かが湧き出てくる感じ初めて味わいました。

何だか良くわからないけど涙があふれるといった事が本当にあるのだなと思いました。

そして、疲れきっている私の横で、長時間にわたって、立ち会っていた主人の、生まれてすぐに、私より先に赤ちゃんに会ったときの嬉しそうな声を聞いて、頑張ってよかったと感じました。

 

 

目まぐるしくバタバタの毎日!家族が支えてくれるありがたさを実感

出産後の生活は、とにかく目まぐるしい物です。

実家でしばらくは過ごしていましたが、とにかく夜泣きがあったり授乳があったり、そして、沐浴があったりと、一日中、バタバタです。

赤ちゃんが、ずっと寝ていて沐浴の時間でも全然起きてくれなかったり、寝て欲しい時に寝てくれないといった事は当然起こってくるので、私の疲れもピークを迎えました。

私は、家族が総出となって、助けてくれていたので、かなりありがたかったです。

授乳があるので、お腹は空きますが、母の美味しい手料理が、とにかくありがたく、癒しの時間でした。

無事に生まれてくれたことで、私は安心しましたが、次なる、ちゃんと子育てできるのかといった不安に襲われる事も多くありました。

疲れてわがままになる私を、家族が支えてくれるありがたさを実感する毎日でした。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

妊娠出産は不安がたくさんあります。

子育てしながらでも不安はどんどん出てきます。

一人で抱え込まず、周りにいる人達に頼ってみてください。
 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください