吐き気とめまいのひたすら耐え忍ぶ日々!定時に必ず夜泣きが不思議

ニックネーム:雪の結晶

出産を経験した年齢:30歳

妊娠中に役立ったものは?:鉄分サプリ、出産の為の本と雑誌

不妊の時期があり感激!妊娠できない人のことを思うと素直に喜べない

生理不順で、妊娠体温計をつけていたのですが、波がいつも一定でなく、もしかして妊娠できないんじゃないかと思った時期もありました。

排卵のない月もあったりしたからです。

しかし、妊娠したという時には本当に嬉しかったです。

長い間妊娠できなかった時期、試験管で産んでる人のことなどいろいろと考える機会がありました。

とてもつらい思いでその時期を過ごしたので、本当に感激でした。

その反面妊娠できない人の辛さも少しの期間ではあるものの味わったので、その人達の心を思うと、そういう人の前では大手を上げて喜べないということを感じたりもしました。

貴重な思いでお腹の子どもを育てないといけないという、とても大きな責任感というものを同時に感じていました。

 

 

吐き気とめまいで大変!果物を食事代わりにして耐え忍ぶ日々

妊娠した時の喜びはつかの間で、つわりがかなり大変でした。

毎日本当に食べれないし、お腹が張ったような感じや何かがお腹の下の部分につまったような感じなどを受けました。

吐き気はするし、めまいなどもするしでこれがいつまで続くんだろうと思うと正直妊娠するというのが、こんなに大変なものかと思ったりしました。

めまいの原因が妊娠による貧血だというのが病院でわかったので、鉄分のサプリを飲むようにして、それでずいぶんと緩和されました。

ビタミンもとったらいいのではと思ったのですが、とりすぎも良くないという話しもあったので、普段食欲もないので、果物でビタミンをとり食事の代わりもすることにしました。

その時期はただただ辛かったというのが、正直な感想です。

つわりにひたすら耐え忍ぶ日々でした。

 

 

悪阻の時期が過ぎると楽に!色々な胎教を試み楽しい時期に

大変だ、大変だと思っていたつわりの時期が過ぎるとウソのように楽になりました。

ただその時期に偏った食事をしていたので大丈夫だったかなと、お腹の子どものことが気になりました。

本などを読むと、妊娠初期はそれほど気にしないでいいという内容だし、薬物には注意するようにという内容などを参考にして、大丈夫だと自分に言い聞かせたりしました。

中期に入るとむしょうに食欲が涌くという話しを聞いたりするのですが、私はそれほどでもなかったような感じです。

それで体重はあまり増えませんでした。

正直妊娠中期が妊娠中で一番充実して、子どもの胎教に集中できる時期だと思います。

いい音楽を聴いたり、本を読んだり、歌を歌ったり声かけをしたりと、いろんな試みをしました。

結構楽しい時期を過ごしたを思います。
 

 

早く出てきてと思う!写真や感想を見て自信を持ち呼吸法を練習

妊娠後期に入ると、だんだんと体が重くなり動きも鈍くなって、早く出てきたらいいのにと思う事がしばしばでした。

それと同時に元気な子どもだろうか? 出産を無事に出きるだろうか? など不安がつのり始めました。

私はちょっと臆病で、心配性なもので、出産のシーンなどを見るととても怖くなりました。

帝王切開のほうが楽ではと思ったりしましたが、実際手術した人の話しを効くと、自然分娩はその時しんどいけど、後の経過がいいけど帝王切開はお金もかかるし、かなり長い間手術の後の痛みがあるという話を聞いて、止めようと思ったりしました。

私の持っていた本で、出産前の人たちが、ガッツポーズをしている写真や感想などを見て、自分もやれるという思いになりました。

そして呼吸法を一生懸命に練習したりしました。

その反面、生まれてくる子どもの用品を準備するときは、感動する思いがありました。

 

 

嬉しさより安ど感!出産は絶対に忘れることのできない出来事

出産をして実際わが子を見た時は嬉しさというよりも、安堵感というのが大きかったです。

お腹から出てきて無事に泣いてくれた時は、生きて出てきてくれて本当にありがとうという思いになりました。

私はそれほど食欲もなかったほうなので、それほど大きな赤ちゃんではなかったの、小さくても健康で生まれきてくれて嬉しかったのと、小さいといえどもそれなりの大きさではあるので、この子がお腹の中にいたんだなという不思議な思いにもなりました。

新しい生命を誕生させるというのの大変さを、出産で感じたのですが、やはり生まれた子どもを見ると命にも代えがたい存在であるというのを感じたものです。

一生の中でいろんな思い出があるとして、絶対に忘れる事のない出来事がやはり出産だと思います。

 

 

ミルクを飲まなくなり大変!昼すやすや眠る寝顔を見ると疲れを忘れる

出産してからの生活もやはり大変といえば大変でした。

夏に生まれたのにもかかわらず、私は冷え性なもので、夏なのに暑いのと寒いのとが加わって大変でした。

母乳があまり出ないので最初は混合にしていたのですが、赤ちゃんのほうも覚えてくると母乳のほうが美味しいのか、粉ミルクを飲まなくなったというのがあって、かなり短期に母乳をあげないといけなくて大変だったのを覚えています。

仕事は家業なので家での仕事で、子育てをするのには都合がよかった気がします。

重なる母乳戦争と夜泣きでヘロヘロになっていたのですが、夜の単純な夜泣きには夫が手助けしてくれてあり難かったです。

必ず2時くらいになると泣き出すので不思議でした。

睡眠不足もありましたが、昼スヤスヤと眠る寝顔を見ると疲れも忘れました。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

私も始めての妊娠では、本当に全てが不安でした。

漠然と生活をしながら、心配でいるよりは、参考になる本などを買って手元において読んだり、インターネットで検索していろいろと参考にするほうがいいと思います。

個人的にはやはり本をお勧めします。

大変でも厚めの本を買って、じっくり最後まで読んでみると、後で思い出す内容もあるからです。

そういえばあそこに書いてあったなどと、本で探したりすることが出来て、かなり参考になりました。

雑誌での雑学も参考になったと思います。

それとともに、健康にはやはり気をつけないといけないと思います。

私は風邪になった時期もあったので、薬を飲めずに大変でした。

飲める薬が限られているからです。

日ごろから健康管理には十分に気をつけて、いつも一人じゃないというのを忘れないようにしないといけないと思います。

しかし、産まれてきた赤ちゃんを見ると全ての苦労も忘れてしまいます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください