運動不足で妊娠性糖尿病に!病院ではゆっくりできると思ったらいろいろ大変

ニックネーム:ぽこりん

出産を経験した年齢:27歳

妊娠中に役立ったものは?:トコちゃんベルト

仕事をどうしよう!パートナーや親からの喜びやお祝いの言葉が嬉しい

妊娠に気づいてから一番最初に思ったのは、仕事どうしようということでした。

当時私は、ハードワークで身体的にもかなり負担のかかる立ち仕事だったので赤ちゃんに何かあることが不安でした。

結果的に仕事はすぐに辞めたのですが、それで良かったと思ってます。

妊娠2ヶ月くらいでツワリの為吐き気がよくありましたし、貧血のためフラフラしたり熱っぽく倦怠感があったりと体調が良いとは言えない状態でした。

そんな中無理して働いて赤ちゃんに何かあっても取り返しのつかない後悔になってしまうので、今となってはその時の決断は間違ってなかったと思います。

そして、妊娠してから何より嬉しかったのはパートナーや親からの喜びやお祝いの言葉でした。

 

 

赤ちゃんの無事を確認するのを心待ちにする毎日!規則正しい生活になる

妊娠初期は、お腹も出ていないし胎動もないため無事にお腹の中で赤ちゃんが育っているのかがとても不安な毎日でした。

確かめたいけれど、妊婦健診もこのときはまだ少ない回数しかないので、妊婦健診で赤ちゃんの無事を確認するのを心待ちにする毎日でした。

妊娠前に比べて私の生活はとても規則正しいものになりました。

妊娠前はお酒を好きなだけ飲み好きなものを食べて夜更かしする毎日でしたが、妊娠発覚後はお酒をやめて母親学級の食事指導で習った「まごはやさしい」の食材を意識した献立を心がけました。

赤ちゃんの発達に大切な栄養素である葉酸が沢山含まれていると聞いてイチゴも毎日意識して食べていた記憶があります。

仕事を辞めて外に出る機会はめっきり減ってしまったのですが、買い物で小さな子供を見るたびに我が子の誕生が楽しみになりました。

 

 

夕方になるとムカムカ!体重の増加を指摘されヘルシーな食事を心がける

妊娠中期はツワリが酷く、日中はそこまで体調も悪くないのですが夕方になると倦怠感とムカムカが襲ってきて吐きそうなのに吐かない。

何か食べたくなって食べたら少しムカムカが収まるけどまたしばらくしたらムカムカが襲ってくるという繰り返しで毎日夕方になるのが怖かったです。

また、スーパーのお惣菜コーナーの匂いで体調が悪化するので買い物が辛くもありました。

マスクをして酸味の強いチューイングキャンディや飴玉を食べながら買い物をするとだいぶ症状が和らぎました。

また、体重指導の面で体重の増加し過ぎを指摘されたのでヘルシーな食事を心がけ始めました。

激しい運動や無理な食事制限が出来ないのでどうすればいいか分かり兼ねて図書館などで専門書を借りて勉強しました。

 

 

妊娠性糖尿病と診断され糖質制限ダイエットを開始!坐骨神経痛になる

妊娠後期には妊娠性糖尿病と診断されてしまいました。

前述した通り、無理な食事制限や運動はできないのですか糖尿病と診断されたからには糖質制限ダイエットを実施するしかないと思い、糖質制限ダイエットを始めました。

まず、暇だからといってすぐに甘いお菓子を間食していたのを辞めて、小腹が空いたらいりこや酢昆布を食べるということを実施しました。

また、小麦類、米類も完全に抜いてご飯の代わりに豆腐をよく食べていました。

意外にも近所のLAWSONに糖質制限食品が多く取り扱っており、パンやお菓子がどうしても食べたくなったときにはLAWSONで買ってよく噛んで少しずつ食べていました。

また、骨盤の開きからか、坐骨神経痛のようなものにもなったのでトコちゃんベルトをするとだいぶ症状が緩和しました。

 

 

何もかも放り出して逃げたい気分!赤ちゃんと長時間付き添ってくれた主人に感謝

陣痛は、当たり前ですが今まで経験したことのないような痛みで本当に赤ちゃんのことを一瞬忘れてこのまま何もかも放り出して逃げ出したいというような気分になりました。

また、便意と陣痛の区別が付きにくく何度もトイレと分娩室を往復しました。

出産したときは、もう感謝と感動のみでした。

赤ちゃんが誕生した時、無事にお腹の中で育って、生まれてきてくれた事に対しての感謝が溢れて自然と「ありがとう」と口に出していました。

生まれてすぐに自分のおっぱいに一生懸命にに吸い付く我が子を見てその瞬間から母性が溢れ出したように感じます。

この子を守るんだと強く感じました。

また、出産にかかった時間が27時間と非常に長かったのですが主人がずっと付き添って声をかけてくれたお陰でどれだけ力強かったか

その事に関する主人への感謝も強く感じました。

 

 

入院中はゆっくりできると思ったのにオムツ替えや授乳指導で大忙し

産後は、特に入院中はゆっくりと休めるものだと思っていたのですが、それは叶わなかったです。

何故なら私が出産した病院は産後すぐから母子同室が始まり母乳育児を推進する産院で、赤ちゃんは隣でウンチやオシッコで泣いたりオッパイが欲しいと泣いたり、理由は分からないけれど泣いてばかり

抱っこもオムツ替えも授乳も初めての経験なので産後の入院中はずっと緊張していたように思います。

また、一番辛かったのは日中も夜中も四六時中赤ちゃんに3時間ごとに授乳しなければいけないということで、3時間ごとに産院の授乳指導室にナースコールで呼び出されて、一度の授乳が終わって一休みしようというときにもうまた次の授乳時間という感じで全然休む暇がなく寝不足になりました。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

今思えばわたしが妊娠糖尿病になったのは妊娠中だからといって安静にし過ぎ、そして自分を甘やかし過ぎたからだなと思います。

歩いたり、運動したりも殆どなく寝転がってくつろいでばかりの日々

そして2人分だからと言い訳してお菓子をたくさん食べていました

その結果、母体にも赤ちゃんにも危険が及ぶ可能性がある妊娠糖尿病になってしまいました。

だから、これから妊娠出産のママ達には適度に動くことや、自分の甘やかし過ぎは良くないということを伝えたいです。

勿論、無理しろと言っているわけではないですよ。

私が知識が少なく妊娠中期から後期にくる体重増加し過ぎによるリスクを知らなかっただけなのですが…

辛かったことばかり書いてしまいましたが、妊娠中も出産も、そして育児も辛さよりも幸せの方がずっと大きいです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください