性別が男から女に変わり慌てるが主人に支えられ成長する姿が楽しみ

ニックネーム:こころ

出産を経験した年齢:20才

妊娠中に役立ったものは?:妊娠、出産、育児に関する本

妊娠、育児経験者がいないので不安!頭痛がして体調不良が続き大変

妊娠した時の年齢は19歳とまだ未成年で、身近な人のなかに妊娠、出産、育児経験者がいなかったので、嬉しい気持ちもありましたが、不安の方が大きかったです。

初めて産婦人科を受診するのも、病院の勝手が分からなかったり、妊娠に関する基礎知識すらなかったので、本屋さんで妊娠、出産に関する本を数冊買って読み込みました。

つわりによる胃のムカつきもありましたが、頭痛の方が酷くて体調が悪い日が続いたのが大変でした。

体調が悪かったので、余計出産への不安が強まり、無事に出産出来るかな?ちゃんと子育て出来るかな?ということばかり考えていました。

分からないことだらけでしたが、本を参考にして、出産への準備をしていました。

 

 

あっという間に妊娠週数が経っていく!初めての妊娠を楽しむ気持ちになれる

妊娠に関する知識がなかった為、バタバタとあっという間に妊娠週数が経っていくという感じでした。

主人とは職場が同じだったので、妊娠をきっかけに退職し、体調も悪かったので専業主婦になりました。

仕事をやめると、少し体調も良くなり、徐々に妊娠していてお母さんになる自覚が産まれてきました。

子供の誕生が待ち遠しく、産婦人科の受診日にエコー写真が見られるのがすごく楽しみでたまりませんでした。

性別はもちろん分からない時期でしたが、インターネットでベビー服を探すのが楽しかったり、名前の候補をたくさん考えている時間が楽しくて、ようやく初めての妊娠を楽しむ気持ちになれた事を覚えています。

何となく男の子が生まれてくるような気がして、男の子の名前ばかり考えていました。

 

 

不慣れな家事に取り組めるようになる!文句を言わないで支えてくれる主人に感謝

体調が完全に良くなり、少しずつではありますが、不慣れな家事に取り組めるようになりました。

妊娠、結婚するまで、ほとんど料理を作った事が無かったので、今から考えると本当に手際が悪く、美味しい料理を作ることも出来ませんでした。

インターネットや本を参考にご飯を作っていました。

家事が上手に出来なかった私に主人は、文句も言わないで支えてくれていました。

今考えると感謝なのですが、当時は精一杯だったので主人に感謝する心の余裕まてまは無かったと思います。

妊娠中期はまだ、服の上からだと他人に分かられる程お腹が目立っていたわけではないですが、たまに妊婦だと気付いてもらえるのが嬉しかったです。

6ヶ月ごろ、医師から男の子じゃないかな?と言われ、嬉しくなって、男の子の服を早速買い込んだのを覚えています。

 

 

女の子かもの一言で急いで名前を変更!急にお産が怖くて大泣きする

ところが妊娠後期、8か月に差し掛かったとき、「やっぱり女の子かも知れないな!」と医師が一言

そのときすでに男の子用のベビー服やらグッツをそろえ始めていたし、名前も決めていたので、「嘘でしょー?」と思いました。

楽天家な私はすぐに気持ちを切り替えて、急いで女の子の可愛い名前を探しはじめました

ピンとくる名前がなかなか思いつかなかったのですが、図書館で本を探していると、高いところの棚から私の頭のめがけて、本が落ちてきました。

そのタイトルに書かれていた人名にビビッときて、名前を決定しました。

妊娠後期は、誕生がひたすら楽しみでしたが、出産予定日1週間前になると、急に不安になり、お風呂の中で、お産が怖くて大泣きしました。

 

 

経験した事のない痛みに気絶しそう!今まで見た赤ちゃんの中で一番かわいい

今までに経験した事のない痛みに気絶しそうになりました。

恥ずかしいのですが、叫んで騒いで助産師さんたちにも迷惑をかけたと思います。

正直、「出産を中断したい、お腹に戻ってくれ?!」と思いました。

陣痛から22時間で女の子が産まれました。

泣き声は、ドラマのようではなく、子猫が鳴いているような、小さくか細い声でした。

そして、赤ちゃんを綺麗にして看護師さんが胸元においてくれたのですが、顔が可愛くて可愛くて。

赤ちゃんと対面した時の第一声は「か、可愛い…。」でした。

親バカですが、今までに見た赤ちゃんの中で一番可愛い赤ちゃんだと思いました。

実際に赤ちゃんを抱いてみると、母性が溢れ出すような感覚になり、愛おしくて仕方ありませんでした。

 

 

今までの中で一番幸せ!出産を体験して本当によかったと思う

妊娠中は、不安でいっぱいでしたが、出産してからは、我が子が可愛くて仕方がなく、幸せな気持ちでいっぱいになりました。

母となり、この子に出会えた事が本当に嬉しくて、今まで生きてきて良かった、今まで生きてきた中で一番の幸せを感じました。

この出産は10年以上前の事ですが、今でも毎日、この子のお母さんになれて良かったと思っています。

子供が産まれて、周囲の事も考えられるようになって、娘によって大人にさせてもらえた気がします。

娘の笑顔を見るのが楽しみで、1つ1つ出来るようになる姿を見をみていると、生きて行く気力が湧いてきがします。

今までに味わった事のない充実した生活がおくれており、出産を経験して本当に良かったと思っています。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

妊娠によって、自分の体が変わって行くことや、今後の生活について、女性の抱える不安は大きいと思います。

それでも、お腹の中で、赤ちゃんはすくすくと成長し、出会いを待っていてくれているのです。

私の場合は、若くして妊娠し、子供のまま出産しました。

子供が産まれてくれて、一緒に成長させてもらうつもりで楽しく育児をしてきました。

我が子の存在は、とても可愛く、愛おしく、何にも代え難い幸せをくれる存在です。

今不安でいても、赤ちゃんに出会えたらきっと大きな幸せを感じられると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください