社会から切り離されてだめになる感覚はあるが成長がいち早く見れて嬉しい

ニックネーム:あき

出産を経験した年齢:30歳

妊娠中に役立ったものは?:肩こりマッサージ用具

妊娠の症状もなく検査してびっくり!たばこをやめて日勤帯勤務に変える

子宮ポリープが出来やすい体質だったり不正出血があったりと妊娠しにくいと以前から言われていました。

それでも子どもが欲しくて排卵予定日とかを確認しながら半年位チャレンジして生理がくる度にまたの繰り返しでした。

妊娠した時も生理が遅れているだけだと思っていました。

妊娠すると熱っぽくなるとかつわりとかの症状もありませんでした。

生理予定日より1週間位、遅れてて一応という思いで検査薬を使ったら線が出てびっくり!

記念に検査薬の写真を撮り未だに保存しています。

喫煙者だったので、そこから禁煙しました。

タバコが吸えないイライラはなく赤ちゃんの為と思えば吸いたい気持ちにはなりませんでした。

また介護の仕事をしていた私は早めに職場に報告をして日勤帯勤務のみにしてもらい不規則な生活を変えていきました。

 

 

苦手な食べ物が克服できて体重管理!食事コントロールが面倒だけど難しい

つわりがあったら仕事を続けていけられるかという不安がありました。

有り難いことに、つわりの症状があまり出なかったので続けていくことができました。

酸っぱいものが食べたくなる!とかはなかったのですが何故か嫌いだったセロリとトマトジュースが食べたくなり苦手だったものが克服できたのが、この時期です。

産院では妊娠初期の頃から体重管理が厳しく食べ過ぎないようにと指摘をされていました。

でも栄養もつけなきゃいけないと言われていたので食事のコントロールが面倒だったし難しくもありました。

また産院でもらったエコー写真が全然、人形でもないのに嬉しくて大切に眺めていました。

旦那から葉酸と鉄のサプリを渡され飲んでいました。
 

 

体重管理が厳しくなる!性別が分かりポコと名前を付け話しかける

産院からの体重管理がより厳しくなりダイエットしなさい!と言われたのが衝撃的で印象に残っています。

え!妊娠なのにダイエットしていいの?と。

中期になり産まれてくる子の性別が分かり旦那と色々と名前を考えるのが楽しみの1つでした。

また胎動もはっきり分かりポコポコしてくるのでポコと名付けて話しかけたりしていました。

胎教にいいからと、ゆったりした曲のCDを貰ったりしました。

私自身に合わず自分の好きな曲を聴かせていました。

中期も後期近くなってくると仕事がキツくなり回りもマタハラとかなく気を遣ってくれる環境でした。

逆にその優しさが迷惑をかけて申し訳ない気持ちになり産休前に有休を使い早めに休みに入りました。

 

 

2人の思い出作りをする!常に誰かといるようにし満月の日に出産

出産したら子の世話で行きたいとこも中々行けなくなると回りから聞いていたので旦那と臨月前まで旅行に行ったり食べたいものを食べたりと二人の思い出を作りました。

私の友人が一人でいた時に臨月で亡くなったことがあり一人で臨月を過ごしていくのが怖かった私は旦那の勤務に合わせ平日は親のいる実家で過ごし土日は家に戻ってきて旦那と過ごすというように常に誰かと一緒にいるよう心掛けていました。

また陣痛でくるのか破水でくるのか分からず予定日が近づくにつれてドキドキしていました。

関係があるのか定かではないですが出産は満月の日か潮の満ち引きが関係していると聞き満月と出産予定日の日にちを照らし合わせたりしていました。

…偶々かも知れませんが確かに満月で出産しました。

 

 

子宮口が開かず促進剤を使用!会陰切開するときは痛みはないが縫う時は痛い

朝方に陣痛がきて間隔を伝え産院に。

夜には生まれるよと言われたのに子宮口が開いていかず歩いてもシャワーで温めてもダメで、そのままお泊まりすることに。

痛みの間隔だけは続き夜中に促進剤を使い出産することに。

陣痛の痛さと促進剤の痛さがWでやってきて最初の頃の陣痛の非ではなかったです。

子には申し訳ないですが「うん○出ちゃう!」とずっと叫んでいて出てきた子です。

また先生から会陰切開する場合があると聞かされていました。

その時は麻酔もしないで?痛そう!と思ってましたが、それどころじゃなかったので切られた時は「こいつ、切ったな」と思いましたが痛みはなかったです。

産まれてくると今までの痛みがスッと消え、切られた所を縫われた方が痛かったです。

産まれてきた子はギリギリな標準体重だったので小ぶりでしたが感謝しかなかったです。

 

 

自分より子供優先の生活!成長する瞬間に立ち会えたことが嬉しい

退院してから一ヶ月ちょっとを実家で過ごしました。

週末だけ旦那も泊まりにきてました。

子の体重は増えないし私の体重(体型)は戻らないし…の日々が続きます。

また子の顔に湿疹(乳児性の)が出来て焦ったりと自分のことより子が優先になり、てんてこまいな日々でした。

秋頃に出産して春には保育園へ入園しました。

ずっと働いていたせいか入園までの昼間、二人だけの生活をずっと続けていったら社会から切り離された感覚になっており私がダメになってしまうと漠然と感じた時期がありました。

あと生理がなかなか来なくて不安になった覚えがあります。

ネットでみても個人差が多かったように思えますが私は1年半以上こなかったです。

子の成長はとても早くどの瞬間にも立ち会えたのは嬉しい気持ちになりました。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

産まれる前も産まれてからもネットでの情報をよく見ていました。

確かに役に立つことも多かったので見て知識を持っておくと不安や怖さも薄らぐと思います。

でも、今、思えば、こればっかりは産まれたとこ勝負なんだなと思います。

不安だろいし怖いだろうけど産むって決めた以上は出すしか方法はないので自分が決めた出産方法で出して、出した後はネットなりまわりの経験者の話しを参考にしながら自分の楽で楽しい育児を見つけていくしかないかなと。

私は旦那のイクメン計画に失敗しましたが頼れるパートナーならば会話を沢山して巻き込んでいった方が良いと思います。

…説得力ありませんが。

あと陣痛アプリはオススメです。

破水できたら使えませんが臨月に入ったら入れておけば安心かと思います。
 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください