好きなものが食べれず体臭がダメ!友人のさっぱりしたジュースで助けられる

ニックネーム:みき

出産を経験した年齢:26歳

妊娠中に役立ったものは?:カフェインレスの珈琲

有害物質に神経質になる!コーヒーを我慢しなければならずイライラ

赤ちゃんが無事に育って出産できるかどうかが不安でした。

タバコなどの有害物質に対して神経質になり、カフェなどで少しでもタバコのにおいを感じると店を出ていってしまうほどでした。

食べるものにも気を使うようになって、野菜やお肉など体に良さそうなものを積極的に取るようにしていました。

しかし、もともと好きなジャンクフードやコーヒーを我慢しなければいけないのでイライラするときも多かったです。

見かねた旦那がカフェインレスの珈琲を買ってきてくれて、それを飲んで落ち着くようにしていました。

旦那が家事などに比較的協力的でしたし、義母もちょこちょこ様子を見に来て色々と助けてくれたのでそこは嬉しかったですしありがたかったです。

 

 

つわりがひどく辛い!自分が動けるようになったら助けられるようになろう

つわりがひどかったので、毎日辛かったです。

好きなものが食べられなくなってしまったり、旦那の体臭がダメになってしまったり…。

特に旦那には「近づかないで!」とヒステリックになってかなり迷惑をかけてしまったと思います。

家事が出来ずにずっとリビングで横になっている日も多かったのですが、文句も言わずに旦那が家事をやってくれたので本当に嬉しかったです。

食べられないことに対して不安を感じていましたが、出産を経験した友人がさっぱりしたジュースを持ってきてくれたりしてみんなに助けられました。

動けない自分が情けなくて腹が立ったりもしましたが、自分が動けるようになった時には同じように誰かを助けられるようになろうと思いました。

 

 

気持ち的に安定し食生活に気を付ける!日常生活がしんどいと感じる時がある

つわりも収まって気持ち的にはだいぶ安定していましたので、出来る範囲で家事はしていました。

段々とお腹の赤ちゃんに対する実感が出てきて、より一層食生活などに気を付けるようになりました

旦那と一緒に名前を考えたり、軽いストレッチをしてみたりと毎日が楽しかったです。

ただ、眠気があってすこし時間があるとウトウトしてしまっていました

出産に対する不安もありましたが、一人の母親としてこの子を無事に産んであげたいという思いが日に日に強くなっていきました。

インターネットで色々と情報を集めたり、生まれてくる子供のために知識をつけていました。

お腹も段々目立ってきたので、日常の動作が少ししんどいなと感じる時がありました

 

 

早く会える時が楽しみで色々準備する!自分が母になるのが不思議

お腹の赤ちゃんが頻繁に動いていたので、早く会える時を楽しみにしていました。

無事にここまで育ったことに対して安心しましたし、あとは出産を待つばかりでした。

ベビー用品を買いそろえたり、寝る前に絵本を読んであげたりと色々準備するのが楽しかったです。

最初のころは実感がありませんでしたが、自分が母になるのかと不思議な気持ちでいっぱいでした。

お腹がかなり大きくなっており、家事が大変な時は旦那に手伝ってもらいました。

また、外を歩いていても電車で席を譲ってもらったりして人の優しさに心が温かくなりました。

階段を降りる時などは、足を踏み外さないように特に気を付けるようにしていました。

とにかく一日中、子供のことしか考えていませんでした。

 

 

なかなか産まれず産まれた時は感動!新しい命が誕生する瞬間は素晴らしい

旦那が立ち会ったのですが、何をしたらいいかわからずオロオロする様子に少し苛立ってしまいました。

陣痛が始まってからなかなか産まれず、「まだかー!」という感じでしたが、ようやく産まれてきてくれた時は感動で泣いてしまいました。

実際に自分の子供を抱っこした時、母になった自覚が湧いてきました

この子をしっかりと育てて一人前にしなければという義務感を感じたのを覚えています。

今まで自分の中に居た赤ちゃんが、こうして外に出てきてくれたことに対してなんだか不思議な気持ちでした。

新しい命が誕生する瞬間と言うのは素晴らしいなと思いました

妊娠から出産までを経験して、ここまで頑張った自分を褒めてあげたい気分でいっぱいでした。

 

 

成長していく我が子は愛おしい!無事に育って大人になってくれることを願う

日々成長していくわが子が愛おしくて仕方ありませんでした。

私はもともと子供はあまり好きではなかったのですが、自分の子供は本当に可愛くて育児は全く苦になりませんでした。

体調を崩すときもあったので、小さい子が苦しんでいる姿を見た時は変わってあげたいという気持ちでいっぱいでした。

熱が出たりするたびに不安で、ちょっとしたことでもかなり神経質になっていたと思います。

生まれた子供をしっかりと守らななきゃという意識が強く、外出の際は特に気を付けていました。

今は無事にすくすくと育って、大人になってくれることを願うばかりです。

夜泣きをするときもありましたが、旦那が協力的でしたので心配していたノイローゼにもならずにすみました。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

神経質になってしまったりイライラすることもあると思いますが、お腹の中で赤ちゃんが育っていくのを実感していくとそんな不安もだんだん無くなっていきます。

つわりの時はものが食べられなくて辛いかと思いますが、私の場合ミカンやグレープフルーツなどの柑橘系やアイスクリームなら食べることができました。

人によってつわりでも食べれそうなものがありますので、うまく取り入れて栄養を取ってください。

みんな初めては不安ですが、こうして無事に出産を経験していますのであまり思いつめないでくださいね。

あとは旦那が家事に協力的ではない場合、強めに言ってでもしっかりとやらせるのは大事です。

妊娠出産を通して、人の優しさや温かさに触れる機会がたくさんあるかと思います。

自分が逆の立場になった時、同じように妊婦さんを助けてあげられるような存在になれるように心を広く持ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください