赤ちゃんとの生活で一変!手洗いが日課に埃が気になりコロコロが手放せない

ニックネーム:さやか

出産を経験した年齢:32歳

妊娠中に役立ったものは?:腹帯。お腹を温めるためにも、また大きなお腹を支えるためにも役立ちました!

毎日嬉しい反面不安な毎日!妊娠が確定するなのに臨月の妊婦さんのよう

妊娠したかも…と思ってからは、毎日嬉しい反面、とても不安な日々を過ごしました。

仕事をやめてすぐだったのですが、まず、利き手じゃない方の手は常にお腹をなでなで。

いるの?いるんだよね?元気?苦しくない?と語りかけていました。

また、まだお腹は少しも膨らんでいないのに、横になるときは絶対仰向け。

お風呂に入る時も、長湯するとこの子がのぼせるかな?と思えばゆっくり入ったりはしません。

ましてや走るのなんてもってのほか。

そろそろと歩き、階段はなるべく避けるなど、まるで臨月の妊婦さんのようでした。

お腹が自分のものではないような感覚です。

まだ赤ちゃんは米粒くらいの大きさなのに、とにかく気になって仕方がなく、結局産婦人科には早く行き過ぎて、1週間後にまた来るように言われてしまいました。
 

 

何事もなく過ぎていくことを願う!健康のことを考えている間は不安が和らぐ

初期のころは、とにかく流産が心配でした。

妊娠することもそうですが、流産についても、自分自身の努力ではどうにもならないことだからです。

なので、万が一のことも考えながら、でも気持ちは前向きに、毎日が何事もなく平和に過ぎて行くことを願っていました。

仕事していたときとは違い、こんなにも普通の毎日がありがたく感じるのだなと思いました。

お腹の赤ちゃんが少しでも健康に育ってくれたらいいなと思い、自分自身の食生活を見直すことに。

栄養学の本を買って勉強したり、野菜をたくさん摂れるように料理を工夫したりしました。

ですが、それも長くは続かず、つわりで思うように食べれなくなってしまいました。

結局は食べたいものを、食べたいときに、食べたいだけ食べる。というスタイルに落ち着きました。

しかし、本を読んで健康のことを考えている間は、不安な気持ちが和らいだので、とても良かったです!

 

 

赤ちゃんがいる実感がわく!お出かけをして妊婦ライフをエンジョイする

中期になるとお腹も膨れてくるので、赤ちゃんがいることに実感が湧いてきました

初期の不安はどこへ?というくらいに毎日ハッピーに過ごしていたと思います。

今思うと、この頃はハッピー100%、不安0%のゴールデン期間だったと思います。

もちろん、それもこれも母子共に健康に、問題なく過ごせていたからだと思います。

つわりも落ち着いてきて外出できるようになり、親しい友人への報告をして、出産&育児の体験談を聞いたり、(両親への報告は初期の頃にしました。)または妊婦向けの雑誌を購入し、出産後の予習をしていました。

後は、まだ身軽な時期なので、とにかくお出かけ

働いていないこともあり、毎日ウィンドウショッピングや都内の観光名所巡りと、妊婦ライフをエンジョイしていました!

1人でお出かけできるのも今だけかな〜と大人スポットを中心に。

 

 

陣痛や出産を考える機会が増え恐怖は消える!段々産後の生活が楽しみになる

後期になると、産婦人科や市が開催する母親学級に参加したり、病院の先生から入院の説明を受けたりと、陣痛や出産について嫌でも考える機会がたくさんありました。

赤ちゃんの健康や、無事産まれてきてくれるかの不安はありましたが、不思議と出産に対する恐怖はありませんでした。

病院の先生を信頼していたのかもしれません。

また、産後に必要な育児グッズを揃えるのには苦労しました!

本当に必要なものの見極めは、インターネットの掲示板やブログをたくさん読みました。

そしてなるべく安く揃えたかったので、最もお得に買えるサイトはどこか電卓で計算していたら、寝具がぎりぎりになってしまい、出産前までに届くかどうか、ひやひやしてしまいました。

準備をしていると、だんだんと産後の生活が想像できるようになり、楽しみな期待が大きくなっていきました。

 

 

スピード安産で呆気にとられる!不思議な出来事に会ったようで実感がわかない

出産は、本陣痛から出産まで6時間のスピード安産だったため(病院についてからはなんと2時間!)立会いにきていた夫も私も、もう産まれたの!?と呆気にとられたのが正直な気持ちでした…。

きっと長時間の陣痛や大変だった出産のブログなどを読みすぎたせいかもしれません。

分娩台でしばらく休んでいる間に、だんだんと私にも出産できた嬉しさと、母子共に健康で出産できた事の安堵の気持ちが湧いてきたと思います。

そして助産師さんが、赤ちゃんを抱っこさせてくれて感動の涙が…

と言いたいところですが、私の場合はこの子にやっと会えた!というよりも、不思議な出来事に遭遇したような気持ちで、実感がなかなか沸きませんでした。

でも、赤ちゃんは思ったよりも重かったのが印象的で、今思いだすと、とても感動します。

 

 

掃除嫌いなのに一日中埃が気になる!定期的に喧嘩したことが良い思い出

産後、退院してからの生活はまさに一変しました。

とにかく新生児の赤ちゃんは綺麗すぎるのです!

まず部屋中の埃が気になり、掃除嫌いの私が一日中コロコロ(粘着のロール)。

手なんて何回洗ったかわかりません。

特に夫に対しては、もう心の中でイライラしまくりでした。

インターネットや雑誌でも、よく夫に対する心境の変化などが書かれていましたが、まさか自分はそんな事ないだろう、と思っていました。

産後1ヶ月は外出しなかったこともあり、夫が仕事から帰ってきた時の汗の匂いが気になりました。

お洗濯もできれば赤ちゃんのものと夫のものを分けて洗いたいなと何度も思いましたが、そんな事はもちろん言えないので我慢。

夫は育児に協力的なタイプでしたが、それでも定期的に喧嘩をしていたと思います。

今思うと、良い思い出なので、あの時我慢せず話していて良かったです。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

不安のない妊婦さんなんていません!

みんな同じ悩みを抱えているので、できれば誰かにお話できるといいですね。

でもなかなか話せないこともあると思うので(私はあまり人に不安を言えないタイプでした)そういう時は、図書館や本屋さんにお出かけ

お出かけ自体も気分転換ですし、本を読んで知識を得ると、少し不安が安らぎました。

またつわりも、妊婦生活も、陣痛も一生続かないという事。

今だけと考えるようにします。

私の場合、陣痛中は今だけと思えばなんとか耐えられました!

そして出産も、みんなができるのだから、自分もできる!と信じることで、不安や恐怖心を抱かないようにしました。

わからないことがあれば、病院の先生や助産師さんに細かく聞くといいと思います!

詳細がわかると身構えることができるので、とっても良いですよ!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください