少しの振動や小さな事でお腹が気になる!可愛くて可愛くてたまらず写真を撮りまくる

ニックネーム:みーちゃん

出産を経験した年齢:31歳

妊娠中に役立ったものは?:葉酸サプリ(ベルタ)

微熱が続き便秘が続いて妊娠に気づく!偽陽性かもしれないと毎日ソワソワ

体調がなんか変だと思い、熱っぽくて夜中寝ていても暑くて汗をかいていました。

微熱が続き、便秘が続いて変だと思って妊娠検査をしたら、陽性が出たので妊娠に気付きました。

しかしまだ超初期で確定するには早く、偽陽性かもしれないので検査できちんと陽性にでる時期まで毎日そわそわしていました。

気が気でなかったです。

主人にも伝えましたが、信じてもらえず嬉しい気持ちと偽陽性かもしれないという、不安な気持ちで複雑でした。

妊娠していたら、いつ産まれて名前は何にしようなど考えだして毎日が楽しく、また少しの振動や小さな事が気になって毎日お腹をさすっていました。

お腹の中に赤ちゃんがいるんだととても不安で信じられない気持ちでした。

 

 

吐き気はないが眠気がひどい!ちゃんと大きくなっているかお腹に話しかける

妊娠がわかって、嬉しくて嬉しくて。

しかし、インターネットで妊娠初期での流産の確率が思っていた以上に高いことがわかり不安になりました。

ひどい便秘にもなり、トイレでいきんだあとに赤ちゃんが大丈夫か心配になりたまらなくなっていました。

毎日お腹をさすって、吐き気などはなかったですが、眠気がひどくて仕事のお昼休みなどは寝ていました。

体がだるくて、毎日赤ちゃんの心臓がちゃんと動いているか心配でインターネットで流産の可能性や確率を調べていました。

ちゃんと大きくなっているか赤ちゃんの成長が心配で、お腹に話しかけていました。

名前を何にしようか、字画や名前を調べて性別もどちらか主人と話したり楽しみにしていました。

 

 

赤ちゃんのいる生活を想像し楽しみに!順調に成長しているのを見てドキドキ

安定期に入ると安心しました。

お腹は少しだけ出てきましたが、まわりから見ても全然わからない程度。

胎動がわかるようになったら、赤ちゃんを感じる事ができて嬉しくてたまりませんでした。

最初は腸がお腹がグルグルいっていると思っていたのが、どうやら胎動だと分かりお腹に手をずっと当てていました。

赤ちゃんが感じれるようになると、いよいよ赤ちゃんのいる生活はどんなだろうと想像してみたり、どんな顔しているのか楽しみに

と同時に、障害などなく無事に産まれてきてくれますようにと不安にもなりました。

準備するものや、育休やお金や手続きの事を調べたりして大変そうで少し心配にもなりながら、妊婦検診で赤ちゃんの順調に成長してるのを見てドキドキでした。

 

 

帝王切開にならないように逆子が治るようにする!陣痛について調べ毎日ドキドキ

検診で赤ちゃんの向きがよく変わり、逆子になったりしていました。

逆子だと帝王切開になるので直し方を調べたり、逆子がなおるような向きで寝たりしました。

お腹が張るようになり、仕事中も休める時に少し休んだらお腹をさすりながら働きました。

ごめんね赤ちゃんと声をかけながら仕事していました。

産休にはいりすぐ切迫早産で自宅安静になり、毎日が不安でたまらずよく泣いていました。

お願いだからまだ出てこないでねと毎日話しかけていました。

赤ちゃんの無事だけを考え、生産期に入るといつ産まれてきても大丈夫だと嬉しくて涙が出ました。

それから、毎日10キロ以上歩きました。

陣痛はどんな痛みなのか、いつ起こりやすいのかなど調べたり毎日がドキドキでした。

 

 

病院に着いてすぐ陣痛が痛くなる!生まれた瞬間に安心と喜びで泣く

陣痛がきて、病院に連絡して行きました。

そのときの診察では子宮口がまだ2センチしか開いておらず、まだ生まれないので帰る?と言われましたが、既に陣痛が痛すぎてそのまま病院に。

まだ生まれないと寝かされていましたが、どんどん陣痛の間隔が狭まり痛くなり、しばらくして助産師さんがきて検査すると、めっちゃ開いてきてる!とそこから急いで準備しました。

立会い希望だった主人は間に合わず、病院に着いてから3時間で生まれました。

生まれた瞬間は、安心と喜びで泣きました

出産がこんなに大変とはこんなに痛いとは思っていませんでした(笑)!

お腹に赤ちゃんがもういないと思うと寂しかったけれど、やっと会えたねと赤ちゃんに会えて嬉しかったです。

 

 

かわいくて可愛くてたまらない!寝不足で家事ができずいつまで続くか不安

赤ちゃんと常に一緒にいました。

かわいくてかわいくてたまらなくてずっと見ていられました。

愛おしすぎて、世界一かわいいと思いました。

それから、退院して寝不足の日々で赤ちゃんは常に抱っこでないと泣いたので、こんな生活が続くのか?家に戻って家事できるのかと不安になりました。

夜中、おっぱいをあげたまま寝てしまったり記憶がないくらい必死で眠かったです。

3ヶ月ほどは、寝不足が続いたり抱っこで家事が思うように出来ずでしたが落ち着いてくると余裕がでてきました。

かわいすぎて、成長が嬉しくて世界一かわいいです!

笑うようになるとたまらなく可愛くて、写真を撮りまくります。

仕事にいつから復帰しようか、保育園に入れるのかという不安はありますが母は強しと言い聞かせています。
 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

天使に会えます!

生まれたらこの子のために頑張れるという活力がうまれます。

出産は大変ですが、すごい経験だと思います。

人生が変わります。

親に感謝でき、宝物ができます。

頑張って下さい!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください