お腹に赤ちゃんがいることを実感!予想外なことは多いが成長するごとに嬉しい

ニックネーム:ゆきんこちゃん

出産を経験した年齢:30歳

妊娠中に役立ったものは?:犬印の腹帯(腹巻き)

私はどうなるのだろうと不安!お腹に宿っている命を守らなきゃと思う

なかなか子どもに恵まれなかったのですが、妊娠が分かったときは嬉しさよりも「私はこれからどうなるのだろう」という不安のような気持ちがあったのを覚えています。

主人も大喜びというより(もちろん嬉しかったとは思いますが)、「そっか‥」と一言。

とにかくお腹に宿っている命を守らなきゃという想いが強くて何もかもが慎重に過ごしていました。

本屋さんに出向き、妊娠雑誌を手に取りレジへ行きましたが、嬉しくても照れ臭い感じで不思議な気持ちでした。

ただ「悪阻」がとても不安でいつ来るのかどんな感じで来るのか毎日ヒヤヒヤしていましたね。

体力を使う仕事をしていたので周りにいつ報告するべきか、仕事との調整も大変でしたし悩みました

 

 

母子手帳をもらい第1段階突破!幸いトラブルもなく過ごせる

母子手帳をもらうまでにいったときに「まず第一段階」突破だ~とホッとしました。

母子手帳ケースを買ったり悪阻がありながらもワクワクしました。

でもまだ不安定な時期でしたので、腹痛があると凄く心配になりましたね。

正直何度も何度も理由をつけて検査してほしかったほどです。

妊娠初期が1番長く感じました。

お腹も出てないですし、胎動があるわけでもないので、「赤ちゃんが生きてる」という保障がないのです。

幸い出血も他のトラブルもなく、過ぎました。

悪阻は「食べ悪阻」だったので、仕事にもさほど影響が出ずに乗りきれました。

辛かったらしっかり休むべきだと思います。

少し無理してしまった時に、上司から「子どもの命を守るのはあなたしかいない」と叱られました。

 

 

マタニティー用の制服を用意してもらう!赤ちゃんがいるんだと実感

マタニティウエアにナゼか抵抗があったので、意地はって普通の制服をを着ていました。

ズボンのファスナーは締まらず(笑)さすがに周りからはお叱りを受けてマタニティ用の制服を用意してもらいました。

これが快適。

お腹も張っていたのがなくなり、赤ちゃんものびのび動けるようになったのか胎動が増えました。

悪阻も徐々に治まり体調のいい日が増えていきましたね。

健診も順調でした。

性別を聞こうかなあと医師とエコーを見ていたら私でもはっきりと分かるくらいに「ついて」いたので医師が教えてくれる前に分かってしまいました。

お腹が出てくる度に「赤ちゃんいるんだな~」と実感できるようにやっとなって来たのがこの時期からくらいですね。

 

 

臨月に近づくにつれ出産が不安!やっと赤ちゃんに会えるんだと楽しみ

臨月が近づくにつれ、やっぱり出産への不安が1番です。

ちゃんと呼吸法が出来るのかとか、いきみを我慢するってどんな感じなのかとかドキドキでした。

なにより陣痛が怖かったし、ちゃんと陣痛に気づけるのかが心配でしたね。

産前の里帰りはしなかったので自分一人の時にきたらどうしようといつも不安でした。

臨月に入った頃くらいから、前駆陣痛が度々やってきて、「産まれるかも」と何度もヒヤヒヤ。

結局時間を計っても治まる‥の繰り返しで、こんなんじゃ本当の陣痛が分からないかもと怖くなりました。

でもちゃんと本物は分かるもんです。

そしてあんなに不安だった陣痛出産もいざ来ると覚悟を決めるので、怖さや不安はなくなり「やっと赤ちゃんにあえるんだ」という楽しみが強くなっていました。

 

 

やっと会えたと嬉しくホッとする!子供を産んで責任感が出てくる

「やっと会えたね~」と嬉しいのとホッとしたのといろんな感情がたくさんありました。

心配していたいきみなども自然とできましたし、母親とはすごいものだなと実感しました。

でもやっぱり痛いものは痛いので、少しだけ助産師さんに言葉荒く当たってしまい、後で謝ったのを覚えています(笑)

子どもの頭が思いの外大きくて私の産道を傷付けてしまい、その縫合が大変だったので子どもとの感動の対面はあんまりできませんでした。

出産当日はまだ同室ではないので、その夜は「ああもうここにはいないんだな」と少しへこんだお腹に手を当ててしみじみしていましたね。

正直妊娠中はあまりありませんでしたが子どもを産んで責任感などが沸々と出てきました

 

 

予想外なことが沢山!子供の成長を感じると嬉しく両親に感謝

とにかく予想外のことがたくさん

おっぱいも産めば出るもんだと思っていましたが、私の場合そうではなく、安定するのに3ヶ月かかりました。

そしてとにかくよく泣く子だったのでずっとダッコで腱鞘炎にもなりました。

孤独を感じることも多く、ノイローゼになりかけたことも。

もう少し気を抜いて育児に挑めば良かったかなあと思います。

そんな中でも子どもが1つずつ成長を感じると嬉しかったですね。

寝返りしたり、ハイハイしだしたり。

とにかく子ども中心の生活に様変わり。

慣れるまでには時間がかかりました。

自分の両親に改めて感謝する日々です。

主人は男性なので徐々に父親になっていく感じで、時々そのためか育児の仕方で意見しあうこともありました。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

あまり神経質にならずに過ごして欲しいと思います。

ストレスを溜めないのが1番!

妊娠中はどうしても感情が不安定になりやすいので、不安や心配はちゃん吐き出したほうがいいですよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください