赤ちゃんと対面したら辛さは吹っ飛び、授乳に苦戦し自分しかいないと頑張る

ニックネーム:ももちゃんママ

出産を経験した年齢:36歳

妊娠中に役立ったものは?:葉酸入りキャンディー

思いもよらない妊娠で不安!嬉しいがつわりが辛く食べ物が食べれない

顔にすごく大きいニキビ?吹き出物ができ、皮膚科に行きました。

そこで妊娠していますか?と聞かれました。

妊娠検査薬で調べると妊娠しており、抗生剤を使った薬はやめておきました。

思いもよらない妊娠で不安がありました。

何も分からないまま、家の近くの産婦人科に行きました。

結婚して、1ヶ月ちょっとぐらいで妊娠が分かり、仕事もつわりが辛く、退職する予定ではありましたが、最後の方はあまり行けませんでした。

介護の仕事をしており、夜勤勤務が1人でいつも以上に不安があり、主任さんにも夜勤勤務が不安ですと話していました。

病院で心拍を確認し、エコー写真を見ると嬉しい気持ちもありましたが、その前につわりがすごく辛くて、食べ物があまり食べられませんでした。

 

 

悪阻が辛いがつわりは元気な証拠と早く終わることを信じて頑張る

とにかく悪阻が辛く、ごはんの炊ける匂いやシャンプーや洗濯物が干してある匂いや柔軟剤がダメでした。

お風呂に入っても、吐くことも多くて、とにかく、食べられませんでした。

つわりが辛い、6月中旬から8月初旬までぐらいはポカリスエットか氷、凍らせるタイプのゼリーが食べられるぐらいで10キロ痩せました。

つわりが早く終わることを祈るばかりで周りの子もあまり、つわりがない、つわりが軽い人が多くて、みんなに食べられたものを聞いたりして食べましたが、吐くばかり。

あまりに辛いので病院に点滴をしに行くこともありました。

8月初旬には両親の顔合わせもあり、それには参加出来ませんでした。

でも、つわりが辛いのは元気な証拠と聞いていましたので終わることを信じて、頑張りました

タマゴサンドぐらいは食べられるようになり、少しずつ食べたいなぁあという思いも出てきました。

 

 

旦那さんとの新生活が始まる!家事を旦那さんがやってくれて感謝

今まで行っていた産婦人科ではなく、大きい病院に移りました。

最初のつわりよりはマシになりましたが、まだつわりは続き、とにかく、日中は眠気が強く、寝ていることが多かったです。

10月中旬にアパートに引越し、旦那さんと一緒に住む生活が始まりました。

お腹の中で胎動もあり、旦那さんと2人で早く生まれてくれないかなと楽しみにしていました。

料理は旦那さんが作ってくれて、妊娠中はほとんど、料理はしていませんでした。

買い物も旦那さんが仕事帰りにしてくれていました。

すごく助かりました。

感謝です。

でも、ホルモンバランスのせいなのか、だんだんイライラすることも多くなり、突然泣いたりすることもありました。

アパートから病院も遠く、前の日に実家に泊まり、病院の診察に行っていました。

 

 

生まれる寸前までつわりがあり、便秘に悩む!不安で毎日泣いている

生まれてくる寸前までつわりがありました。

吐くことは少なくなりましたが。

食べ物の変化もありました。

大好きなごはんがあまり食べれず。便秘にも悩まされ、病院で便秘の薬を貰い、飲んでいました。

オリゴ糖を飲み物入れて飲んでいました。

お腹の中で胎動も多くなり、夜、あまり眠れないことも多かったです。

出産が近づくにつれて、泣くことも多かったです。

不安がありました。

旦那さんが出張が多くて、1人になるのが心配でそんな時は実家に帰りましたが、忘年会があり、1人でいることがありました。

その時はやっぱり不安で号泣してしまいました。

旦那さんには大丈夫と言っていましたが。

毎日泣いていたりしたので、赤ちゃんに影響がないかとかいろいろ考えすぎていました。

 

 

病院に着いて2時間後に出産!可愛い赤ちゃんと対面したら辛さは吹っ飛ぶ

予定日の1ヶ月前から実家にいました。

赤ちゃんの体重があまり増えず、心配することもありましたが、先生が大丈夫と言ってくれていたので、信じました。

お腹は他の人より大きくなく、臨月なのに6ヶ月ぐらいのお腹でした。

お風呂もお腹が邪魔にはなりますが、他の人よりはマシだったとおもいます。

陣痛がよく分からず、痛いのをかなり我慢していて、病院に行って、2時間後には生まれました。

あっと言う間でびっくりしましたが、先生も早く生まれてきたから、わりと綺麗なままで生まれてきたねと言ってくれました。

陣痛の痛みはやっぱり辛かったし、つわりも長かったので辛かったのもありました。

可愛い赤ちゃんと対面したら、辛さは吹っ飛びました。

本当に女の人の強さはすごいと思いました。

辛かったけど、生んでよかった。

無事に生まれてきてありがとうという気持ちでした。

 

 

授乳がうまくいかず落ち込む!自分しかいないとミルクを上げながら頑張る

生んですぐ、病院で授乳が始まりました。

上手くいかないこともあり、落ち込みと産後の精神的なものもあり、ごはんが食べれませんでした。

泣くこともあり、イライラもありました。

母子同室の病院で本当に辛い時は預けました。

おっぱいは生んだらすぐ出るものと思っていたので、苦戦しました。

毎日お母さんが来てくれました。

なかなか寝ない時はイライラしてしまい、3時間起きに授乳であまりねられないのもありました。

退院してからも、泣いていて、なかなか寝てくれない時もあり、一緒に泣いていました。

でも、自分しかいないので、ミルクもあげながら、頑張りました。

授乳時間も30分おきにとかで狂いそうなぐらいでした。

1週間検診であんまり体重が増えておらず、何回も病院に通いました。

1ヶ月検診が終わり、アパートに帰って来てからも助産師さんが体重を測りに来ていました。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

まず、つわりは必ず終わりが来ます。

辛いですが、赤ちゃんのために乗り越えてくださいね。

本当に食べれない時は氷やガリガリ君のアイスキャンディーみたいなものを食べるとスッキリします。

5ヶ月ぐらいまでは食べられなくても、影響はないので大丈夫です。

つわりが終わる6ヶ月ぐらいからは食べれるならなるべく食べてください。

赤ちゃんに栄養が行くので。

あまり、栄養があるからとこだわり過ぎもダメなんで、普通に3食食べてください。

後期になると精神状態も少し違います。

訳も分からず涙が出ますが、大丈夫です。

旦那さんにも分かってもらいましょう。

出産が近づくと、不安が多くなってきます。

赤ちゃんが生まれたい時に陣痛がくるので、急で戸惑いますが、事前にすぐに来てもらえそうな人や近くに親がいない人は介護タクシーなど調べとくと便利です。

旦那さんがいるとは限りません。

あたしも旦那さんは出張でした。

最後は自分が頑張るしかありません。

頑張ればきっと、可愛いわが子に会えます。

頑張ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください