両親のサポートに親孝行の決心!旦那さんに育児や家事を手伝ってもらい感謝

ニックネーム:まろん

出産を経験した年齢:28歳

妊娠中に役立ったものは?:ナチュラルママクリーム

病院で妊娠が確認できて信じることができ涙!悪阻が悪化し辛い

幸い、子どもが欲しいと思ってすぐに授かりました。

生理が一週間ほど予定日を過ぎたタイミングで検査薬を使うと陽性でした。

旦那が家にいるときにやったので、すぐ報告しました。

しかし、二人ともまだ疑心暗鬼で病院に行くまで素直に喜べませんでした。

次の旦那の休みに一緒に病院へ行き、先生から直接おめでとうございますと言われて、ようやく信じることが出来ました。

思わず涙が出そうでした。

ただ、赤ちゃんが育っているかを確認してから母子手帳を交付され、予定日もその時にとのことでそのときはそのまますぐ帰りました。

すでにつわりが始まっていて、日々悪化していき毎日吐くように…。

母子手帳も貰えぬまま、妊娠した実感が悪阻しかなかったので貰えるまでの1ヶ月近くは辛かったです。

旦那がかなり支えてくれたので、とてもありがたかったです。

 

 

悪阻がいつまで続くかわからず辛い!自分の代わりにやってくれる旦那に感謝

悪阻がとにかく辛くて、家にいると今まで気にしなかった匂いも全て気になるようになり、米なども食べられなくなりました。

食べることが好きな夫婦なので、旦那と同じものを食べることが出来ないことと料理ができないことが辛かったです。

いつまでこのつわりが続くのか不安で色々調べたり聞いたりするものの、人によって全然症状が違うのでひたすら終わるのを待っていました。

仕事が息抜きになりましたが、同じ職場の人と作業しながら夕飯など食べ物の話をすることも気持ち悪くなってしまったのは悲しかったです。

そんな状態でしたが、病院に行く度にエコーに映る姿が大きくなっていくのが励みになりました。

毎回の健診についてきてくれたり、私の代わりに買い物や家事をやってくれる旦那には感謝でいっぱいでした。

 

 

胎動を感じ嬉しい!お腹が張り切迫早産の疑いがあるといわれ気をつける

中期に入ってもなかなかつわりがおさまらず、数日に一度は必ず吐いていました。

ですが、少しずつ食べられるものが増えてきて気持ちが少し楽になったのを覚えています。

また、一番嬉しかったのは胎動を感じたことです。

最初は腸の動きかと思いましたが、どんどんはっきり動きが分かるようになって、いよいよ私の中に自分と違う命があるんだなと実感するようになりました。

このあたりからより赤ちゃんのために必要な葉酸を多くとったり、運転により気を付けるようになったりと気持ちも大分変化していきました。

あと、お腹が張るという状態が分かるようになったのもこの頃です。

一度、張りが続き病院に行くと切迫早産の疑いがあると言われました。

幸い、軽度でしたがちょうど同じ時期に知人が切迫早産で入院したのを聞いていたので、より気を付けなければと思いました。

 

 

里帰り出産で旦那と離れるのが辛く不安!出産の兆候がなく大丈夫か不安

里帰り出産でした。

旦那を一人で残して2ヶ月以上離れるのが辛いのと不安でした。

思っていた以上に旦那はしっかり家のことや諸々の手続きなどもやってくれて凄く安心しました。

毎日欠かさず電話やメールもしてくれて、産まれてからもこの人となら大丈夫だろうという安心感のおかげで離れていても大丈夫でした。

また、実家の両親のサポートが凄くありがたくて改めてこれから親孝行していきたいと思いました。

多くの人に恵まれたおかげで、マタニティブルーになることもなく穏やかな気持ちで出産までの時間を過ごせました。

ただ、同じ予定日の人が出産していくなか、予定日が近くなってもなかなか兆候がなく本当に大丈夫だろうかという不安は毎日ありました。

胎動もかなり大きくて、お腹も大きくて、この子を無事に外に出してやりたい、皆に会わせてやりたいと日々思っていました。

 

 

目が覚めた時点で陣痛間隔2,3分!やっと会えて顔が見れてうれしい

腹痛で目覚め、すぐ病院に行きましたがその時点で陣痛が2,3分間隔になっていて、初産なのに三時間で産まれました。

てっきり徐々に痛みが強くなっていくと思っていたなかで一気に進んだので正直しんどかったです。

ですが、どんなに痛くても産まなきゃこの痛みは終わらないんだという気持ちでなるべく早く楽に産めるようにひたすら呼吸を意識して頑張りました。

立ち会いではなかったので、一人でしたが旦那が隣にいても会話したりする余裕もなかったです。

甘えてしまったと思うので、私が産むしかない!とドンと構えて冷静に対応できたのでむしろ一人で良かったかもしれません。

産まれる瞬間は見せてあげたいですが…笑

産まれた瞬間は、やっと会えたという気持ちでが一番にきました。

やっと顔を見ることができて嬉しかったです。

 

 

産まれてびっくり可愛くて可愛くて!夫に感謝し一緒に頑張っていきたい

正直、妊娠前はあまり子どもが好きではないというか、どう接して良いか分からないと思うこともあったので、自分の子どもを純粋に可愛い、愛していると思えるのか不安がありました。

特に赤ちゃんなんて、可愛いものの触るのは恐ろしく感じていました。

しかし、産まれてびっくり。

我が子がかわいくてしょうがない!!!

母子別室だったので会える時間がかぎられていた入院中は授乳の時間が楽しみだし、窓越し面会にわざわざ何度も行ったりとでれっでれでした。

家に帰っても一つ一つの動作が可愛いし、ちょっとした成長が嬉しいしで幸せです。

ただ、子どもが一番になり、旦那への態度が雑になり、言い方がきつくなることもしばしば…。

出産前の感謝の気持ちはどこへやら…。

育児もかなり協力してくれるので、改めて感謝の気持ちを忘れず一緒に頑張っていきたいです。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

不安なことも多いと思いますが、思い詰めすぎるとどんどん辛くなってしまいます。

以外となんとかなることも多いのであまり気にしすぎないでマタニティライフを過ごして下さいね。

また、ネットで調べられる時代は良い時代でもありますが、情報に振り回されすぎることもあります。

家にいる時間が増える分、思わずネットを見てしまいがちですが産んでみないと分からないことも多いです。

調べることで不安が増えないようにほどほどに!
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください