何かを口にして体重が増え続ける!小さめで産まれ早く大きくなってほしい

ニックネーム:ランラン

出産を経験した年齢:31歳

妊娠中に役立ったものは?:トコちゃんベルト2

結婚が決まった直後で嬉しいが不思議!一人の体でないと思うとうれしい

妊娠発覚直後はなんだかまだ信じられなかったです。

結婚が決まった直後に発覚したので、なんてタイミングが良いんだろうととても嬉しく思いました

産婦人科には4週目ごろに行ってしまい、まだ何も見えなくて子宮外妊娠かも?!と言われてしまいました。

そこから毎週通って二週間後に妊娠が確定されました。

その時には一安心でしたが、この先10ヶ月も本当に赤ちゃんがお腹の中にいるなんて不思議な気持ちでした。

生活の中での変化は特に何もなく、仕事もしていました。

会社には安定期になったら報告をしようと決めていました。

出産を機に退職して家庭に入りたいと思っていたので、その報告をする覚悟も決まっていました。

一人の体じゃ無いんだと思うととても嬉しい気持ちでした。

食欲が抑えられず何かを口にする!食べ過ぎで下腹がポッコリ出る

私は食欲が抑えられず、常に何かを口にしていました。

職場でもずっと何かを食べていました。

そのおかげで初期から体重は増えていきました。

妊娠すると嘔吐したり気分が悪かったりする話をよく聞きます。

そういう変化は全くなく、私はとても元気で食欲が止まりませんでした。

それでも赤ちゃんがいるからしょうがないと自分に甘い生活をして食欲を我慢することはありませんでした

仕事柄、動き回ったりすることが多かったのでお腹の赤ちゃんのことが心配になりましたが、問題なかったです。

食べ過ぎで初期なのに下腹がポッコリし出して、ついには仕事の制服のズボンのファスナーがしまらなくなりました。

それでもそれを笑いに変えて仕事をしていました。

 

 

職場に退職を伝えと家族に妊娠報告!太り続けてどれだけ太るのか心配

安定期に入り職場へ妊娠の報告をしました。

上司からは産休をとる方法もあると話がありましたが、私は職場復帰をするつもりはなかったので退職の意思を伝え、期限を設けて残りの仕事を一生懸命に頑張ろうと決めました。

体調は相変わらず元気でお腹が空いてきます。

着々と太り続けていたので、この先どれだけ太ってしまうのかと少し心配になってきました

妊娠中は仕方ないと思って食べていました。

安定期に入ると家族や友人にも妊娠の報告をしました。

私の家族はとても驚き喜んでくれました。

夫の家族にとっては初孫だったので、私の家族以上に喜んでくれてとても嬉しかったです。

それからは体調のことをとても気にしてくれて、心強い存在でした。

 

 

妊婦体型になり足が象の足のよう!切迫気味でベッドで横になる生活

後期に入るとお腹が目立ち始め、自分はすっかり妊婦さん体型になっていてそんな姿が嬉しかったです。

しかし毎月1キロ以上増えていたので、体の重さで足がむくんで象の足のようでした。

自分の足の太さに驚いていました。

私は実家と離れて暮らしていたので、出産前後は里帰りをする事に決めていました。

夫は仕事があるので実家で一緒には生活できず、出産に立ち会うことも出来ないのでしばらく離れ離れになることが少し悲しかったです。

予定日1ヶ月前に里帰りをした頃、私は切迫気味だと診断されて自宅安静を命じられてしまいました

それからは一日中ベッドで横になった生活が始まりました。

本当に何もすることがなくてとても退屈でしたが、赤ちゃんの為にとずっと寝て過ごしました

お腹から出てきたことが信じられない!可愛くて愛おしく幸せな気持ち

元気に産まれてくれて、やっと産まれたと一安心でした。

直後は何が何だか分かりませんでした。

すぐに赤ちゃんを抱っこさせてもらえてとても不思議な感じでした。

自分のお腹から出てきたことが信じられませんでした。

その後、体重や身長を測ってもらっている姿を分娩台で寝ながら横目で見ていると、本当に自分が産んだんだなと実感が湧いてきました。

赤ちゃんはとても小さくとても可愛かったです。

産まれたてでまだお猿の赤ちゃんみたいな見た目でも、自分の赤ちゃんはとても愛おしく思いました。

嬉しくて嬉しくて、意識はもうろうとしていましたが、たくさん写真を撮って立ち会えなかった夫にすぐ送りました。

夫もすごく喜んでくれて、とても幸せな気持ちでいっぱいでした。

 

 

家族のサポートが助かり心強い!小さく生まれたので大きくなれるか心配

産後も1ヶ月は実家でお世話になりました。

夫は仕事の為なかなか会えず、毎日写真や動画を撮って送りました。

寂しい気持ちもありましたが、それ以上に産後疲れがあったので家族のサポートがあってとても助かりました

産後は母親や子供のいる姉に色々と助けられてとても心強かったです。

赤ちゃんが2250グラムととても小さかったので、授乳が上手く出来ず赤ちゃんもまだ上手に飲まなくて時間がかかり、赤ちゃんが大きくなれるのかとても心配でした。

愚図ったり泣くことも少なくて、夜中寝ているとちゃんと息をしているかと心配になる程でした。

毎回授乳に時間がかかって寝不足で疲れが溜まり、日中もほとんど寝て過ごしました。

早く大きくなってほしいと願っていました。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

不安になることがたくさんあると思います。

そんな時は近くにいる人に甘えて頼って、無理せずに行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください