逆子が治らず真夏の帝王切開に!痛さを乗り越え母乳育児ができる

ニックネーム:あっちょんママ

出産を経験した年齢:26歳

妊娠中に役立ったものは?:生理周期アプリ、靴下、ノンカフェイン

大きくなるか流産しないか心配!主人に会えないが赤ちゃんのために頑張る

私は一度稽留流産をしていることもあり妊娠、出産に対してとても不安を抱えていました。

この子はきちんと大きくなってくれるかな?また流れてしまわないかな?悩みはつきません。

丁度、主人が県外へ単身赴任をすることになり、私は実家にお世話になることになりました。

主人に会えない寂しさはありましたが、赤ちゃんのために私も頑張らなきゃ!少しずつ母になる準備をしてました。

産婦人科でエコーをして頂くと日に日に大きく成長する我が子に胸が高鳴ります。

早く会いたい。

順調に臨月に入り、出産は逆子の為、予定帝王切開でした。

お腹から出てきた我が子は白くてふわふわで大きな声で泣く子でした。

涙がどんどん溢れて、生まれてきてくれてありがとう。と伝えました。

 

 

流産したらどうしようと思う!心も体も母さんになっていくんだと実感

妊娠初期は、流産をしてしまう可能性がとても高いので、流産したらどうしよう。という気持ちは心の底にずっとありました

私は、とにかく重いものは持たない。高いとこには登らない。体を冷やさない。とにかく用心に用心をしてました。

それから悪阻があり、私は炭酸水、苺、などのサッパリしたものを好むようになりました。

料理をつくるのも匂いがとにかく嫌でムカムカしてました。

とにかく気持ち悪く一日中寝ていることもありました。

体はお腹の毛が濃ゆくなってきたり、乳首が敏感になったり。

主人との仲良しも妊娠してからはしていません。

主人には悪いとは思うんだけど、主人の体臭もでした。

妊娠すると心と体がどんどん母になっていくんだと実感しました。

 

 

体重の上限に注意!母から腹帯を巻いてもらった時のことは忘れられない

妊娠中期になると、悪阻が落ち着きはじめ、食べたいという気持ちがどんどん湧いてきました。

私は元からのぽっちゃりでBMIも上の方なので悪阻で4キログラム減ったものの体重の上限には気をつけなければなりません。

しかし、あんなに気持ち悪かったのはどこに?ご飯が美味しいんです。

赤ちゃんの方は山場を乗り越えて、少し流産への不安も消えつつありました。

中期になると赤ちゃんと母を繋ぐ胎盤が出来て酸素や栄養を送る道ができます。

エコーでもしっかりへその緒が見えて、スヤスヤ眠る姿をみることも出来ます。

5カ月に入った戌の日に安産祈願に行きました。

ご祈祷してもらい腹帯も神様に清めてもらいました。

少しずつ出てきたお腹に母から腹帯を巻いてもらった時のことは一生忘れません。

 

 

靭帯の痛みが激痛!水通しや出産の準備や髪の毛を切りに行く

妊娠後期になると、とにかく体のどこかが痛かったり、体が重かったり。

私が一番辛かったのは子宮が大きくなるに連れて伸びていく靭帯の痛みでした。

急に下腹部がグーッと引っ張られて、冷や汗が出てきて。

言葉が出ないほどの激痛でした。

多分時間は1分くらいしかなかったとは思うんですが、とても長い時間経ったように感じました。

後期になるとお腹もだいぶ出てきて丸く大きくなります。

私は夏の出産だったので伸びた髪の毛を切りに行きました。

お腹が大きいので美容室のシャンプー椅子が辛かったです。

なので膝を立てたりしてお腹が張らないように気をつけました。

出産準備も始めて水通しもしました。

購入したものは必要最低限で生まれてから少しずつ買い揃えました。

 

 

逆子体操をするが効果がなく帝王切開に!やっと母になれたと涙があふれる

私は妊娠中期から赤ちゃんが逆子のため、産院で教えてもらった逆子体操をしていました。

逆子体操は、四つん這いになり上半身を前に傾けたり、中々きつい動きでした。

一度だけ回った気がしたので時間外で病院に行きましたが結局変わらず、そのまま出産まで逆子だったので予定帝王切開を行いました

前日からの絶飲、絶食で8月のお産なのでとてもつらかったです。

部屋は個室が用意されていてベッドとソファーが置いてありトイレとシャワーがついてました。

お腹に麻酔をして10分後には我が子に会えました。

産道を通っていないため真っ白でとても綺麗な子でした。

大きな声で泣いてくれて、私もやっと母になれたんだ。と思い自然に涙が溢れてきました。

生まれてきてくれてありがとう。我が子に一番に伝えました。

 

 

母親なんだと心ではわかっているが体が辛い!初乳はぜひ飲ませてあげてほしい

出産後は休む暇なくおっぱいマッサージが始まり、搾乳をしたり、とにかく眠いけどこどもにおっぱいを与えなくてはいけない。

自分は母親になったんだからと心ではわかっているけど、体はしんどくて辛くて。

今考えると、産後鬱になっていたと思います。

産院は母乳育児に力を入れていておっぱいマッサージをたくさんしてもらいました。

最初は痛くて痛くて悶絶してたんですが、徐々に自分でも搾乳できるようになり哺乳瓶いっぱいに母乳がでるようになりました。

初乳には沢山の赤ちゃんへの栄養源が入っているので、ぜひ飲ましてあげてください。

だけど、完母だと預けたりするときに困ったりするので粉ミルクも飲ませました。

夜の授乳の時は粉ミルクを飲ませたら満足したように寝てくれました。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

初めての妊娠、出産不安になりますよね。

ちゃんと育ってくれるかな、出産は痛いのかな、産まれた後ちゃんと育てていけるかな。

だけど、それがどうにかなるんです。

誕生した我が子の顔を見るといままで辛かったこと悲しかったこと、すっかり忘れてしまいました。

我が子の力って本当にすごいです。

それに近くで支えてくれるパートナーや両親この人達の協力があったからこそ無事にお産することができました。

もちろん病院の先生、スタッフさん、お掃除のおばちゃん。恵まれた環境でした。

なので、今はドンと構えて笑顔で過ごせるようなマタニティライフを過ごしてもらいたいです。

実は筆者も2人目を妊娠中です。

上の子がまだまだ甘えたい盛りなので手がかかりますが、最後のマタニティライフなので楽しんでいけたらいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください