職場に迷惑をかけるが早めに休職!全く眠れず自分の食事を忘れるほどの大変さ

ニックネーム:きららん

出産を経験した年齢:27才

妊娠中に役立ったものは?:妊娠ダイアリー

赤ちゃんがお腹に宿った喜びで一杯!生活面ががらりと変わり母になるのを実感

妊娠に気付いてからは、とにかく欲しくてたまらなかった赤ちゃんがおなかに宿った喜びで一杯でした。

それと同時に生活面がらりと変わりました

まず服装です。

ピンヒールでかっこよく決めてた通勤スタイルは、ヒールの低いものへ。

電車ではいつも座らず立っていましたが、妊娠してからは、なるべく座るようにし、混んでいる車内ではバックをお腹の前に持ってカバーしました。

もちろん、乗り換えでダッシュしていた駅のエスカレーターは、大人しく立ったまま乗りました。

自分に赤ちゃんがいる事で、私は母になるのを実感し、毎日しあわせ一杯でした。

職場には不妊に悩む先輩がいたので、極力ばれないようにしていました。

食べ物も葉酸サプリメントをとったり、体に良いものを心掛けました。

 

 

流産してしまわないか不安!つわりが出てきて赤ちゃんの無事を実感

妊娠初期は流産してしまわないか、とにかく不安でした。

お腹の赤ちゃんはまだまだ小さく実感はわきません。

書店に行って妊娠ダイアリーという本を購入して、お腹の赤ちゃんが今どんな大きさになっているか、どんな機能が備わってきたかを月齢ごとに確認するのを楽しみにしていました。

またつわりが出て来てお腹の赤ちゃんの無事を実感しました。

私はつわりが酷かったので、朝は特に気持ち悪すぎて、毎日通勤が不安でした。

不思議な事に仕事中はあまり感じないのですが、仕事帰りにスーパーの前を通るだけで吐き気に襲われて大変でした。

しかしbaby服や、赤ちゃんのグッズを見に行くのが楽しみでした。

まだ初期でも、ベビー用品を見ては何か買いたい衝動にかられて抑えるのが大変でした。

 

 

暑い盛りの検診で大変!写真をもらうのが楽しみで心音が聞こえるとほっ

妊娠中期は、検診に行くのが丁度暑い盛りで大変でした。

冷やしてはいけないといわれましたが、暑すぎて、かなりの薄着、クーラーどっぷりの生活でした。

とにかく動くのがきつくなり、歩くのもゆっくりゆっくりでした。

少しずつおっぱいが大きくなり、貧乳だったので嬉しかったです。

安定期に入った頃から、助産師さんに私は陥没乳頭だと指摘され、乳首を引っ張りだすようにマッサージの指導をされました。

なんか恥ずかしかったです。

母になるのはおっぱいは道具なんだ…。と実感しました。

エコーで赤ちゃんの写真をもらうのがとても楽しみで、心音が聞こえると毎回ほっとしていました

本当に親しい友人にだけ、妊娠を報告しましたが、祝福してくれて嬉しかったです。

 

 

血圧が高くなり仕事をやめるように言われる!休職したのでのんびりできて幸せ

妊娠後期に、血圧が高くなり、不安な日々が続きました。

内科の先生を紹介されて、血圧のコントロールをしてもらいましたが、仕事が不規則で、何度もやめるように言われたのが悲しかったです。

やはり体はきつかったですし、このまま長時間勤務するのは難しいと言われたので、早めに産休に入る決断をしました。

職場に迷惑をかけるのが心苦しかったです。

お腹も大きくなり、ますます動くと苦しくなりました。

食べた後、逆流するような感じもあり、胃が押し上げられている感じでした。

休職したので、家でゴロゴロして、お昼に買い物に行き、自分の食べたいものを買い、夕食の準備をするという、今までとは、がらりと生活がかわりました。

のんびりできて、胎動も感じられ、幸せでした。

 

 

赤ちゃんの状態が悪くなり帝王切開!涙が出てきて生まれてきてありがとう

出産はお腹の赤ちゃんの状態が悪くなり、急遽帝王切開になりました

夫が付き添ってくれましたが、不安でした。

帝王切開は、意識があるので、手術室の棚のガラスに自分の体が写っていて、手術が全部見えてしまいました。

しかし、赤ちゃんと会える気持ちが高ぶっていて怖くはありませんでした。

麻酔のせいで気分が悪くなり、最後は船酔いみたいな感じで、吐きそうになったのが苦しかったです。

赤ちゃんが出て来てからもすぐに泣かなかったので心配しましたが、鳴き声をあげた時は涙が出ました

生まれてきてくれてありがとう!という気持ちです。

あんなに感動するとは正直思いませんでした。

すぐにいとおしい気持ちが溢れてきました。

自然に母になれるんだなと実感しました

 

 

全く眠れなくて大変!赤ちゃんの世話の為に手を洗いすぎてカサカサひび割れ

出産後は夜中の授乳で、全く眠れなくて大変でした。

常に抱っこで、家事もできません。

自分のご飯は食べ忘れるほどのいそがしさでした。

お風呂も子供を入れると、自分が体を洗う暇なんてありません。

頭なんて毎日洗っていたのに、子供がいるとそれすらできず、自分の体も慌ててふいて慌てて服を着るのが精一杯。

バスローブを羽織るだけという日もあり、毎日とにかく大変でした。

赤ちゃんのお世話の為に、手を洗いすぎて手もカサカサになり、ひび割れました

おかしかったのは、水道局が来て、水道料金がいきなり増えていますが、水もれしてませんか?と言われたことです。

赤ちゃんのために清潔にしなければと何でも洗うようになったからでした(笑)

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

赤ちゃんは私達が心配するより、生命力を持っています。

過度に心配しなくても、きっと元気に産まれてきます。

確かにお世話は大変ですが、本当にたくさんのよろこびをもたらしてくれます!

どうぞ妊娠生活も、赤ちゃんとの日々も楽しんでください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください