コミュニティーに参加し楽しみながら子供のために出来ることをしようと心がける

ニックネーム:まーく

出産を経験した年齢:35歳

妊娠中に役立ったものは?:葉酸サプリ

妊娠が分かった時はとても嬉しい!不安よりも嬉しい気持ちの方が勝っていた

何年もかかったわけではないですが、不妊治療を経ての妊娠だったので、妊娠がわかった時はとても嬉しかったです。

私は日常生活において、わりと重い荷物を持ったり体に負担をかけて、無理をしてしまうことが多い性格です。

しばらくはなるべく無理をしないようにと心がけるようになっていました。

欲しいと願ってできた子供だったので、妊娠判明した頃は今後の出産などの不安よりも嬉しい気持ちの方が勝っていたと思います。

夫も家族も不妊治療を知っているのでとても喜んでくれました。

妊娠がわかったその日に早速書店へ向かって、マタニティ本をいくつか買ってきて心の準備をしました。

眺めているだけでワクワクして夫と眺めて楽しんでいました。

 

 

無理はしないように心がける!順調に育っていることを確認するたびに嬉しい

初期は、なるべく無理はしないように心がけました。

安定期に入るまでは何があるかわかりませんものね。

不妊治療を経てだったので、その辺も慎重だったと思います。

ちゃんと育ってくれてるかなと産婦人科に通うたびに不安に思っていました。

しかし、あまり気持ちが不安になると子供にも良くないなと思い、なるべく気持ちを不安にさせないようにと夫にも言われ心がけていましたね。

女の子を強く希望してたこともあり、女の子ならこの名前と思っていた名前でお腹に呼びかけて一生懸命話しかけていました。

順調に育っていることを確認するたびに本当に嬉しかったです。

エコーを診てもらうのが何より嬉しくて幸せな時でした。

あー、お腹に赤ちゃんがいるんだという喜びは何物にも変えられません。

 

 

塩分控えめの調理を心がける!子供のために出来ることをしようと努力する

中期ともなると、流産の確率も減ってくることもあって少し気持ちに余裕が出てきました。

できるだけ葉酸を摂るようにしようと、この頃から葉酸サプリを摂り始めました。

地域でやっているマタニティのコミュニティに参加して、同じように妊娠している方たちと交流をしたり、今の気持ちを共有することでこの時期はたくさん楽しみました。

そのコミュニティの場で栄養士さんから学んだ、塩分控えめの調理についても心がけるようになりました。

今までのお味噌汁がとても塩分の濃いものだったんだと、試食して始めて知ったのもこの頃です。

子供のためにできるだけのことをしようと、
できることだけでもいいから努力していた時期でもあります。

あまりこの頃は不安のようなものはなかったです。

 

 

性別が分かり名前を考える!胎動があると話しかけてみたりする

性別もはっきりわかっていたので、この頃から名前を考え始めました。

夫婦で、姓名判断などや画数などを駆使して苗字に似合う名前を探して、候補を二つくらいに絞っていました。

あまりに悩んだので、この二つの名前のうち、生まれてきた顔のイメージ、産声のイメージで名前をつけよう!と話し合って決めました。

名前をつける時間はとても楽しかったです。

夜になると本当にポコポコとよく動く子で、夜更かしはダメだよといつもお腹に言っていたのを覚えています。

ちなみに好きな音楽を聴いてると、動く時があって、この子にも聞こえているのかなと想像するだけで愛おしかったです。

胎動はお腹の子が元気な証拠だとよくわかるので胎動があると話しかけてみたり楽しい後期でした。

 

 

思ったほど痛みは少ない!産声を聞いてうれしく大きい子供なので安心

どちらかと言うと難産だった方なのですが、思ったほど痛みは少なかったです。

陣痛は一般的に言われているほど痛いものではありませんでした。

昔大怪我をしたことがあるので、そのせいで痛みに慣れていたのかもしれません。

出産した時は時間が少しかかったので、涙がこぼれました。

産声を聞いた時とても嬉しかったです。

時間はかかりましたが、夫もなるべくそばにいてくれたのでとても安心しました。

無事に生まれてきてくれてありがとう、ありきたりですが、本当にその言葉が出産時にぴったりの言葉です。

そう思いながら生まれたばかりの赤ちゃんを抱きました。

出産前に医者から聞いていた体重よりも大きい子供だったので生まれてみてとても安心しました。

 

 

なかなか寝られない時は辛い!昼寝などして寝られなくても平気

出産後はしばらく実家にいて、母に教えてもらいながら子育てをしていました。

しっかり母親としての準備は整えた状態で自宅に帰れたので良かったです。

母乳を定期的に夜中もあげるのでなかなか寝られなかったのが辛かったです。

睡眠がとれないのは不安だったのですが、母親ですね。

それなりに母親のリズムになっていくのか、寝られなくても平気になっていきました。

泣いたり、目覚ましで起きるまではグッとしっかり2時間なり寝ることができたり、子供とお昼寝ができたりするので寝られなくて辛いという日もすぐなくなりました。

夫のお弁当作りが今までよりも少し手抜きになってしまったので、申し訳ないなという時期でもありました。

なるべく産後は外に出さないと決めていたので、家ばかりほぼこもっていました。

メリーを眺めてる子供を眺めるだけで飽きず、とても可愛かったです。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

初めての妊娠や出産となると、他から聞こえてくるのが痛いなど不安感を増長させる言葉ばかり耳に入ります。

意外と思っていたほどと感じることもあるかもしれません。

あんまり恐れずに頑張ってください。

しかし、もちろん痛くないわけではありません。

痛みも数年すれば本当に忘れてしまうものですしね。

妊娠中は慎重になると思いますが、私も心がけていたようにあまり不安な気持ちでばかりいるとよくないと思います。

なるべく不安よりも楽しい未来を想像しながら妊娠中は過ごした方が体も楽だと思います。

友人などに相談してみたり、私のようにコミュニティに参加してみたりして身近な人と気持ちを共有できる時間を見つけていくのも良いのではないでしょうか。

そうすることで不安感も少しは拭えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください