陣痛の波に耐え赤ちゃんに会いたい!寝不足も疲れも赤ちゃんの顔を見ると吹っ飛ぶ

ニックネーム:はな

出産を経験した年齢:27歳

妊娠中に役立ったものは?:特になし

不安より嬉しさが勝る!無意識にお腹をなぜたり段差に気を付けるようになる

微熱がずっとあり、だるさが続いていてもしかしたらと検査薬も試したら妊娠していました。

ずっと子供が欲しかったのでとにかく嬉しくて仕方がなかったです。

今の旦那さんとは付き合いが長く、2人の時間を十分に楽しんだので、結婚したら早めに子供が欲しいと話していました。

タイミングもよく妊娠することができたので不安な気持ちよりも嬉しさの方が勝っていました

まだお腹の中に赤ちゃんがいる実感はなく不思議な感覚でしたが、もう自分ひとりの体ではないんだと思ってからは普通に生活するのにも十分に気をつけました。

無意識にお腹を撫でたり衝撃を与えないようにカバーして歩いたり段差に気をつけたりするようになり、母性が一気に芽生えました。

 

 

食べづわりから吐きづわりに変わる!終わりの見えない吐き気が苦しい

まず食べづわりから始まり、とにかく食べても食べてもお腹が空いてびっくりしました。

お腹が空いて眠れなかったり早くに起きてしまったりしていたので、朝食を早めたり、枕元に飲むタイプのゼリーを置いておいて夜中に飲むようにしていました。

その後にすぐ今度は吐きづわりに変わり、食べたいのに食べると気持ち悪くなって吐いてしまい、辛かったです。

何をしていても気持ち悪く、一日中車酔いをしているような感覚で常にぐったりとしていました。

何もやる気にならなかったり、終わりの見えない吐き気が苦しくも感じました

お腹の中の赤ちゃんの名前や生まれてからしたいことや生まれてからの生活を考えて楽しみにすることでなんとか乗り越えられました。

 

 

普通に生活できて食事ができることが嬉しい!胎動がなかなか感じられず不安

吐きづわりが終わり、普通に生活できて食事ができることが嬉しかったです。

気持ちに余裕もできたので、たまごクラブを買ってきて隅々までよく見てワクワクしていました。

先輩ママと会う余裕もできて、出産のことや産後のことを色々教えてもらって勉強していました。

旦那さんと市でやっている無料の集まりに参加して話を聞いたり、同じくらいの妊婦さんや夫婦と積極的に関わったりして情報を得たり気分転換をしていました。

ちょっとしたことに敏感にもなっており、胎動がなかなか感じられなくて不安になってネットで検索したり周りの人に相談したりしてそわそわして過ごしていました。

後期に入る前に胎動かな?と感じられるものがようやくあって嬉しかったです。
 

 

後期づわりになり量が食べられず辛い!家族が増える喜びが大きく指折り数える

今度は後期づわりになり、常に胃もたれしている状態が続きました。

お腹は空いているのに少し食べるとすぐ苦しくなったり気持ち悪くなり、量が食べられず辛かったです。

サラダや豆腐などをよく食べていました。

マタニティヨガをして体を柔らかくして出産に備えたり、毎日散歩をすることを癖付けていました。

少しずつ出産準備も進め、赤ちゃんのものを揃えたりして毎日ワクワクしていました。

名前もほぼ決まっていたので、毎日お腹を撫でては名前を呼んだり話しかけたりしていました。

出産に対する不安はありましたが、それよりも家族が増える喜びの方が大きかったので、生まれてくる日を指折り数えていました。

旦那さんと2人きりの旅行などもした時期でした。

 

 

陣痛がつらく無我夢中で耐えるのに必死!無事に生まれてきてよかった気持ち

陣痛の間はとにかく辛く、本当に終わりがあるのかと思った記憶があります。

無我夢中で波のある痛みに耐えるのに必死で他のことを考えることができませんでした。

でも赤ちゃんにもうすぐ会えることを考えて頑張ろうと勇気付けられました。

生まれた瞬間は一気に力が抜け、脱力感を感じました

そしてすぐ赤ちゃんの顔を見て見た瞬間に可愛いと自然と声に出していました。

愛しさでいっぱいになり、涙が出ました。

十月十日自分のお腹の中で必死に育て、辛いことも乗り越えてきたことが頭の中を駆け巡り、無事に生まれてきてよかった気持ちでいっぱいになり、感動しました。

今まで生きてきた中で一番感動的で嬉しくて忘れられない出来事になったと思いました。

 

 

自分の時間がなく戸惑う!赤ちゃんの顔を見ていると辛さが吹き飛び癒される

思っていた以上に自分の時間などなく、赤ちゃん優先の生活に戸惑いました。

数時間おきに授乳しなければならないので満足に眠れず常に寝不足状態でした。

泣きやまないときにどうしたらいいのか分からずに焦ったり疲れを感じたりしました。

こんなにも自分の時間がなくなるのかと思いましたが、そんな辛さも赤ちゃんの顔を見ていると自然と吹き飛び癒されました。

寝不足や疲れでぐったりしていても、赤ちゃんの顔をずっと見ていたくてなかなか眠れなかったり、指をぎゅっと握ってくれたりすると不安な気持ちも吹き飛んで幸せを感じることができました。

今までは自分中心の生活でしたが、全てが赤ちゃん中心に考えるようになり、それが自然と当たり前になりました。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

大変なことも多いですが、それ以上に我が子は可愛く幸せです。

必ず乗り越えられます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください