安定期に入って赤ちゃんのために少し広い家に引っ越し!お腹が張って辛い

ニックネーム:しまママ

出産を経験した年齢:29歳

妊娠中に役立ったものは?:ママらく抱きまくら

ダメかと思ったら陽性!喜びとともに流産と辛いつわりが始まる不安も

妊娠に気づいたのは、ちょうど生理予定日頃でした。

実は、それ以前から妊娠を期待して、市販の妊娠検査薬を試しては、陰性でガッカリ…という事が続いていたので、「今月もまたダメかも…。」と思いながら検査をしたら、陽性で…!すごく嬉しかったです。

しかし、過去に流産を一度経験していたので、喜びとともに不安もかなり大きかったです。

また、前回の妊娠(結果的に流産してしまったけれど。)で悪阻がかなり辛かったので、「もうすぐ、またあの辛い悪阻が始まるのか…。」と思うと、それも不安でした。

そんな感じで、とにかく心の中はもうグチャグチャでしたが、生活面の変化としては、今まで以上に食生活に気をつけるようになったり、葉酸サプリの飲み忘れが無いよう、今まで以上に気をつけるようになりました。

 

 

動いている姿が確認できてうれしい!何か検査結果を見逃しているかも

妊娠初期は、正直、妊娠できた嬉しさよりも、不安な気持ちの方が大きかったです。

まだ胎動も無いので、健診日の前日は「赤ちゃん、順調に育っているかな?」と不安になり、ネットで妊娠に関する情報ばかり検索していました。

いわゆる「検索魔」というやつです。(笑)

そして、健診日当日のエコーで順調な事を知り、ホッと一安心。でも、また次の健診日の前日には、不安で検索魔に…という繰り返しでした。

しかし、そんな心配性な私でも、今でも覚えている、とても嬉しかった事がありました。

それは、妊娠10週頃の健診で、赤ちゃんの動いている姿を確認できたこと!

手足をピョコピョコ動かしていて、「あぁ、私が思っている以上にお腹の赤ちゃんは元気に育ってくれてるんだな。」と感じ、とても嬉しかったです。

体調面では、悪阻が辛くて、正直、健診の度に「こんなに悪阻で辛いのに、母体に異常無しって、何か検査結果を見逃してるのでは?私の身体、こんな状態で本当に大丈夫なの?」って、口には出しませんでしたが、内心思っていました。(笑)

 

 

一番大きな出来事が引越し!いつ悪阻が終わるのかと体重管理が不安

妊娠中期には、完全復活とまではいかないものの、悪阻のピークも過ぎ、「安定期のうちに、色々やっておかなきゃ!」と思い、妊娠中に済ませておきたかったことを色々と済ませました。

中でも、一番大きかった出来事が引っ越し

それまで住んでいた所では、赤ちゃんを迎えるのに、少しスペースが足りないと感じていたので、少しでも動ける安定期に引っ越しをしました。

しかし、引っ越し前後は、体調的に無理せざるを得ない事も多かったため、安定期とはいえ、お腹が張って辛かったのを覚えています。

その他には、戌の日の安産祈願と、遠方に住んでいる義実家への帰省(飛行機での移動が必要な距離)を、この時期に済ませました。

この時期に嬉しかったのは、やっぱり、胎動が感じられるようになったことです!

毎日、何度もお腹に向かって話しかけたり、お腹を軽くポンと叩いたりと、お腹の中の赤ちゃんとコミュニケーションを取るのが、日々の楽しみでした。

反対に、不安だったのが、「いつになったら、悪阻が終わるの?」ということと、体重管理です。

私は、元々痩せ方だったので、出産までに10~12kg増やすよう医師から言われていましたが、この時期は1ヶ月に4kg近く増えてしまった時もあり、医師から「増えなさ過ぎてもダメだけれど、さすがにこのペースはマズイよ。」と指摘され、落ち込みました。

 

 

出産が怖くて情緒不安定に!お腹に向かって歌う歌に合わせて胎動する

妊娠後期は、基本的にゆっくり過ごしながら、入院グッズを準備したり、赤ちゃんが産まれてから必要になるものを買い揃えたりしていました。

精神面では、出産が怖くて、よく情緒不安定になったりもしました。

また、とにかくお腹が苦しくて、寝ようとしても、胃腸が圧迫されて気持ち悪くなってしまい、なかなか眠れない日々が続いた事を覚えています。

嬉しかったのは、この時期には、胎動も他の人が触って感じられる位に激しくなっており、それを夫がかなり喜んでくれていたことです。

当時の夫は、毎日のようにお腹に向かって歌を歌ってくれて、それに合わせるかのように動く胎動に、毎回喜んでくれました。

その姿を見て、私も幸せな気持ちになったのを覚えています。

 

 

破水後陣痛促進剤使用!陣痛の間隔がなく痛いばかりで産まれてホッとする

出産は、かなり少量の破水から始まったのですが、破水後すぐに入院→翌日にラミナリア→その翌日に陣痛促進剤→それでも産まれず、その次の日も促進剤…と、結果的にかなり時間がかかってしまいました。

入院から本格的な陣痛が始まるまでは、「まだあまり痛くはないけれど、とにかく不安だし、恐い!」という気持ちで、常に心も身体も緊張状態だったと思います。

本格的な陣痛が始まってからは、促進剤を使用しているせいか、ほとんど常に痛い時間ばかりで、陣痛の間隔というものも無く、「聞いていたのと、違う~!」と心の中で思いつつも、口から出るのは、ただただ「痛い、痛い~!!!」という叫び声のみでした…。

そんなこんなで無事に産まれた後は、とにかくホッとしたのと、心底、我が子をいとおしく感じました。

出産直後に我が子を初めて抱いた時の幸せは、絶対に一生忘れません!

 

 

常に泣いているわが子を見て不安!にっこり笑う笑顔を見て子育てが楽しい

出産後は、貧血で身体がボロボロで、また、産後3日目から我が子の夜泣きが始まったので、とにかく大変でした。

私は、産前、身近に赤ちゃんがいる環境ではなかったため、赤ちゃんとはどういうものか、その頃はまだ全然分かっていませんでした。

そのせいで、昼も夜も常に泣いている我が子を見て、とても不安になったのを覚えています。

また、毎日が寝不足の日々で、「こんな生活がこれからずっと続いくなんて…。」と思うと、正直、恐怖でした。

そのような不安から、我が子を抱きながら、声を上げて泣き崩れた日もあります。

しかし、そんな不安な日々も、産後1~2ヶ月まででした。

生後2ヶ月頃だったと思いますが、いつものように我が子を抱き上げた瞬間、我が子がニッコリととても嬉しそうな顔をしたんです。

その笑顔を見た時はすごく嬉しくて…

それからは大変な日々もありますが、子育てを楽しいと思えることが徐々に増えていきました。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

初めての妊娠出産って、人生の中でとても大きな出来事ですよね。

私は妊娠出産を経験するまで、入院も手術も全く経験が無かったので、そういう事を考えるだけで、とにかく恐怖でした。

きっと同じような方も少なくないかな?と思います。

その不安はなかなか消す事は出来ないものだとは思いますが、それを乗り越えたら、その不安や恐怖よりも、もっともっと大きな幸せが待っています!

現在育児中の私が思うことは、母親から子どもへの愛もとても大きなものだけれど、子どもから母親への愛はさらに大きなものです。

それゆえに、我が子は、無限大に可愛く思えるものです。

妊娠出産の時期は、大変な事もたくさんあるかとは思いますが、その時期を乗り越えて、より大きな幸せを我が子とともに手に入れてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください