つわりが治まったら腰と足の付け根が痛くて歩けない!冬の夜中の授乳はつらい

ニックネーム:なっちゃん

出産を経験した年齢:26歳、31歳、34歳

妊娠中に役立ったものは?:お腹専用まくら

嬉しくて仕方がないけれど気持ちが悪い!子どもみたいな私が母変な気分

妊娠に気づいたのは、ドラマの様な始まりで『ウッ…気持ち悪い。』からでした(笑)

あ!そういえば、生理が遅れてる…ということで妊娠検査薬〜の産婦人科受診。

おめでとうございます。と、優しい先生に言われ、嬉しくて嬉しくて仕方なかったです。

いざ、妊娠がわかったものの、現実的な問題が…

気持ち悪い…ひたすら気持ち悪い…。

この気持ち悪さ、いつまで続く??

それからは、つわりの不安と、赤ちゃんの準備何したらいんだろう??の不安ととでぐるぐる。

この私がお母さん?

え?まだまだ子供の気分だったし…と、とても変な感覚でした。

妊娠発覚時は仕事をしていたし、仕事どうしよ…と考えましたが、つわりキツイもん、辞めよう。と決意しました。

 

 

気持ち悪さはいつまで続くの?酸味のあるものとスカッとするものを欲す

妊娠初期は兎に角つわりがきつく、この気持ち悪さはいつまで続くんだろう…と不安でした。

少しの刺激で赤ちゃんがダメになったら?とか思い、お腹が兎に角心配で心配で…

ほとんど出てないお腹をさすったりしてました。

生活は食生活が変わり、体に優しいものを作る様になりました。

だけど、作ったからと言って食べれるかどうかは別の話で、作ったものの食べれなかった…

ご飯を作ってる最中、特にご飯の炊ける匂いがダメでしょっちゅう吐いてました。

吐いて吐いて次第に吐くものも無くなるのですが、吐くものが無くなるのも逆にキツくて口の中が気持ち悪かったです。

つわり中は、炭酸が急に飲みたくなって、炭酸水が必須アイテムでした。

やはり、酸味があるものやスカッとするものが良かったです。

 

 

つわりも治って活動的に!胎動で大丈夫ちゃんと生きてるとホッとする

つわりも治ってきて、動きやすくなりました。

この頃が一番活動的だったかな。

胎動を感じた時はびっくりでした。

ただ、お腹の中で泡がぽこぽこっとなった様な変な感覚でしたが、それが次第にこれは確実に胎動だと感じた時には私のお腹の中で生きてるんだなーと実感がありました。

まだ、胎動はたまに、だったので、胎動が起きたときは、その度に感動していた気がします。

徐々にお腹も膨らみ始め、妊婦の自覚もでてきて、お腹にはかなり気をつけだしました。

この頃の不安は、検診感覚も長くなったので、ちゃんとお腹の中で生きてるかな?と不安になったりしました。

その時に胎動があると、あ、大丈夫ちゃんと生きてる。とホッとしていた感じです。

 

 

腰と足の付け根が痛く長時間歩くのが大変!下腹部に激痛があり辛い

妊娠後期に入り、体がだんだんと重たくなり、動くのがきつくなってきました。

腰と足の付け根が痛くなり始め、長時間歩くのが大変になりました。

買い物などは、疲れやすかったし、足腰が痛いので無理をしないように休憩しながらしてました。

お腹が大きくなるにつれ、足の付け根がもっと痛くなり、歩いていても立ち止まり

それとは別にもう一つ問題がでて、子宮を下から吸い出されてるかの様な激痛が下腹部にあり先生に相談しました。

先生曰く、お腹の筋が伸びていて痛いそうで、特に対処法はなかったです。

歩いているとズーンときて、その時は、立ち止まり、うーん…と唸るときもありました。

これ、辛かったです。

後期は胎動も活発になり、胎動で私のお腹に足で押してきて形が出たりして可愛かったですが、痛かったです。

 

 

長時間の難産で吸引かも!やっと出てきたと無事だったの思い放心状態

おしるしからの34時間の出産時間で、かなりの難産で、促進剤を打ち、かなりの痛みとの闘いでした。

やっと子宮口が開き、分娩室へ…

だが、分娩室でもなかなかおりてこない。

『頭を触ると、ひっこむ!』と助産師さん(汗)

長引き過ぎて、子どもの心拍が落ちてきて、吸引!と先生が言って酸素マスクされた時は、ビビりました。

怖かったですが、また次の波で息んだら生まれ、吸引は回避でした(笑)

やっぱり、生まれたら、オギャーと言うんですよね、まんまです(笑)

血に塗れた我が子ですが、やっと出てきた!と思ったのと、無事だった!との思いがしました。

これで陣痛から開放される! もう好きにして!(おまた全開で放心状態)と、安心して、ボケー…。

助産師さん、ヤバい状態になったのか?と心配したのか、『お母さん!お母さん!』と。

心配させてしまいました(笑)

 

 

うっかり寝てしまわないように目覚ましをかけ授乳!寒い夜中はきつい

出産後は、個室に移動して、3時間おきに授乳しにいくシステムだったので、うっかり寝てしまわない様に目覚ましをかけてゆっくりしていました。

が、後陣痛が押し寄せ…痛いのなんの…

産んで安心していたけど、会陰切開で縫った痕が痛みだし、トイレのたびに出血があり、拭きたいのに痛くて拭けない、痛みで飛び上がる⤵︎

ただ、授乳に行って、必死で母乳を飲もうと口をモグモグしている息子、可愛かったです。

いざ、退院!

里帰りで実家に帰っての育児でしたが、勝手が全く違う…

やりにくい、病院は天国だった

12月だったこともあり、夜中の授乳がきついのなんのったらありゃしない

息子は泣くし、私も泣きたかった。

母乳の出が良かったのか、胸が岩みたいにパンパンになったのも、なかなか辛かったです。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

つわりは通過点なので、吐き気でつらいだろうけど、自分の食べれるもの、食べやすい物を見つけて、少しづつ食べるのがおススメです。

3人産みましたが、3人目は割とつわりは楽で、食べつわりだったのでお腹の空いた時に少しづつ食べていました。

中期は割と動きやすいので、その期間にリストアップして、ある程度の買い出しをして部屋作りをしておくのがいいかもです。

出産は、おしるしから、陣痛から、破水からの3人全部違ったので、比較的急ぐのは破水からです。

兎に角、バケツの水ひっくり返したのか?と思うほど、ジャバジャバでて、全部出てしまったら??と不安になったので、そういう場合は清潔なバスタオルで押さえて速やかに病院へ行ってください。

うちの子3人、みんな元気に育っています。

安産祈願しときます。

頑張ってください。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください