想像以上に体力を使い、ふり絞って出産!体調第一優先の生活で子供の笑顔が癒し

ニックネーム:ゆきな

出産を経験した年齢:28歳

妊娠中に役立ったものは?:ストロー

妊活後妊娠が分かってうれしい!出産が近づくにつれ怖いという感情でいっぱい

なかなか妊娠が出来ず、1年間の妊活でやっと待望の赤ちゃんが授かりました。

妊娠が分かった時は、嬉しくて仕方なかったです。

少しずつ膨らんでいくお腹に実感が出て来て、生活する上で、お腹にものが当たらないように気をつけて過ごしました。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのために、インスタントものや、脂っこいものを控えて、体にいいものをよく取り続けました。

また、どんどん膨らんでいくお腹で、歩きにくくなりますが、産婦人科の先生に毎日歩かないといけないといわれたので、公園を1時間程度歩くようにしていました。

不安なことは、やはり出産が近づくにつれて、怖いという感情でいっぱいになりました。

予定日が近づくと、ドキドキしていました。

 

 

流産しないように体を温めるようにする!お笑い番組を見て笑う時間を増やす

妊娠初期には、やはり流産しないように体を温めることにしました。

家の中にいる時は、暖かい格好をして、お腹を中心に温めていました。

また、食べるものも、アイスなど体を冷やすものはやめて、飲み物も、常温のもの以外口にしないようにしました。

また、葉酸をしっかり取り続けることにしていました。

周りの方も、妊娠がわかったら、おめでとうと温かい言葉をかけてくださってとても嬉しかったです。

また、旦那さんがとても嬉しそうにしていて、私のことを気遣って家事を手伝ってくれたりして嬉しいなと思いました。

不安は、やはり流産しないかと心配だったので、あまり考えすぎないように、お笑い番組を見たりして、毎日笑う時間を増やしました。

 

 

ストレスがかからないようにする!たくさん気を使ってくれて楽しみが大きい

妊娠中期には、少しずつお腹が目立ってきました。

この頃まで仕事をしていたのですが、つわりもひどかったせいで退職して家にいることがほとんどでした。

たまにお散歩して外に出かけたりと、あまりストレスがかからないように気をつけました。

また、食欲が凄く、常に食べているような感じだったので、産婦人科で太りすぎと言われることも何度かありました。

それで、家にいる時は、なるべくだらだら食べないように気をつけていました。

嬉しかったことは、やはり周りの方がたくさん気遣ってくれたのが嬉しかったです。

不安なことは、どんどん大きくなるお腹に少ししんどくなったりすることもありましたが、そこまでの悩みではなく、楽しみの方が大きかったです。

 

 

親切な人に会って心がほっこりする!早く赤ちゃんに会いたい気持ちでいっぱい

妊娠後期は、本当にお腹が前に出るタイプだったので、とても大変でした。

もともと、体の線が細く、体力もなかったので、動くことが大変でした。

でも、妊婦さんとはっきりわかるので、電車では、席を譲ってくださったりと、親切な方に何人もお会い出来たことで、心がほっこりさせてもらうことがたくさんありました。

また、家族も、早く産まれないかなとか、お腹に話しかけてくれたりして、みんな楽しみにしていることがよくわかって嬉しかったです。

不安だったことは、やはり出産の痛みがどれくらいか一人で勝手に想像して不安になることがよくありました。

だけど、早く赤ちゃんに会いたいという気持ちでいっぱいで楽しみという気持ちが勝っていたと思います。

 

 

出産は痛くて痛くて辛い!痛みを早く終わらせたいと力を振り絞って頑張る

出産は、本当に痛くて痛くて辛かったです。

最初はじわじわとした痛みでしたが、次第にどんどん酷くなっていきました。

まるで、お腹の中で、金棒でグリグリされているようなひどい痛みでした。

旦那さんが横についていたのですが、やはり全く頼りにならなかったです。

私は、途中力みすぎたのか、体力がなくなりかけていました。

そんな時に、看護婦さん同士が、体力がなくなってきているから、ちょっと時間かかるかもという会話がちらっと聞こえたのです。

それで、この痛みを少しでも早く終わらせたいと思い、もう一度力を振り絞って頑張りました。

すると、想像していたよりも早く終わることが出来たみたいです。

出産前には、しっかりご飯を食べて体力つけてください。

 

 

毎日寝不足で体調面を第一優先!嬉しかったことは子供の笑顔

出産後は、やはり夜泣きが凄くて、毎日寝不足でした。

ほとんど寝ていられない状況が続いたのです。

そのため、昼間でも、少しの空き時間があれば一緒になるべく寝るようにしました。

どうしても疲れた時などは、旦那さんに、何か買ってきてもらってそれを食べたりと、家事を手抜きすることもよくありました。

私は、基本的に一人で育児をしていたので、風邪を引いたりすることは絶対できないので、体調面を第一優先することにしていました。

そうすることで、なんとか子供が落ち着くまで頑張ることが出来ました。

嬉しかったことは、やはり子供の笑顔です。

見ているだけで癒されます。

不安なことは、慣れるまで一人でこなせるか不安でいっぱいでした。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

出産は、私もとても不安でしたが、とても幸せなことです。

生きてて一番幸せだと心の底から思いました。

とても痛いけど、きちんと体力をつけて頑張れば必ず終わります。

助産師さんのアドバイスにきちんと従っていけば、大丈夫です。

そして、子育ての方がはるかに大変です。

でも、子供の笑顔と、成長は、本当に幸せな気持ちにしてくれます。

ねれなくて、慣れない育児にストレスを抱えることも沢山あります。

そのため、出産前に旦那さんを協力してもらえるように、父親としての、意識をきちんと持ってもらうように夫婦できちんと話し合うことが大切だと思います。

育児には、積極的に参加してもらうためには、奥さんが優しく指導してイクメンに育て上げましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください