夜涙が止まらず産後鬱症状に!助産婦さんに助けられ泣き声に動じなくなる

ニックネーム:ゆみ

出産を経験した年齢:32歳

妊娠中に役立ったものは?:腹巻き

不安を払いのには出産を乗り越えたママに会うことが効果的!

自分一人の体じゃないというプレッシャーを必要以上に感じてしまって、自分が食べる物が全て赤ちゃんの栄養になると思うと甘い物や辛い物、食事に色々と敏感になりすぎてしまいました。

また陣痛が痛い、辛いなどネガティブなイメージが強すぎて、難産になる夢をよく見たり、初めての出産がとにかく不安でした。

不安を拭うために出産マガジンを読んだり先輩ママに話を聞いたりしていました。

一番効果があったのは赤ちゃんがいるママに会うことでした。

出産を乗り越えたばかりのママたちの話しは現実味があって励まされたり、赤ちゃんを抱っこさせてもらうことで自分も頑張って赤ちゃんに会うんだ!と勇気をもらっていました。

妊娠中は良くも悪くも感情的になりやすかったです。

 

 

元気に育っているか心配!眠くて起きていないといけないことが辛い

妊娠しているとは思っていなかったので、まさかの妊娠という感じでした。

エコーで心拍を確認した時に初めて自分のお腹に赤ちゃんがいるんだと母親になった瞬間だったと思います。

今思い出すと笑ってしまいますが、くしゃみするだけでお腹にひびくんじゃないかと恐る恐るしていました。

妊娠初期はお腹も膨らんでないし胎動を感じるわけでもなく、私の場合はツワリもなかったので赤ちゃんがお腹の中で元気で育ってくれているかが感じられないので、検診に行くまでいつも不安でした。

ツワリがなかったので仕事は普通にしていましたが、眠気が強いのが大変でした。

妊婦っていくらでも眠れてしまうほど眠くて、仕事中起きていないといけないのが辛かったです。

 

 

甘い物が無性に食べたくなり体重増加!適度に体を動かすようにする

妊娠5ヵ月目に初めて胎動を感じました。

お腹がうねっているようなグニュグニュとした感覚があって、最初は胎動か確信が持てませんでした。

少しずつお腹が膨らんできて、胎動も感じるようになってマタニティライフを少しずつ楽しむ余裕が出てきたのは6ヵ月過ぎてからでした。

お腹が大きくなるにつれて食欲も止まらなくなり、体重増加で検診の度に注意されていました。

特に普段全然食べなかった甘い物が無性に食べたくなって、妊娠中は味覚が変わるって本当なんだなと実感していました。

運動したり、マタニティヨガをしたり体調も良かったので妊娠中期は体を適度に動かすように意識して過ごしていました。

ドクターに許可を貰って国内旅行に出かけたのもこの時期でした。

 

 

頻尿や足がつるなどのトラブルに苦しむ!お産がいつ始まるかドキドキする

お腹がパンパンに膨らんで、歩くのも大変な妊娠後期は頻尿に苦しみました。

酷いときは10分に一度の頻度でトイレに行っていました。

散歩に行きたくても買い物に行きたくてもトイレが近すぎて本当に大変でした。

夜寝ているときも何度もトイレで起きてしまい、熟睡できず寝不足でした。

また足がつるようになったり妊娠後期はマイナートラブルが多かったです。

お産の不安が頂点になってきたのもこの頃で、難産体験談をネットで読んでは不安になっていました。

出産月になり予定日が近づくにつれて、いつお産が始まるかドキドキしていました

少しでも胎動が少なく感じると赤ちゃんが降りてきてるのかと思ったり、前駆陣痛と陣痛の区別がつかなくてオドオドして過ごしていました。

 

 

苦労や痛みも消え、一生懸命生きているのを見て、母親として守っていこうと思う

出産は予想をはるかに超える大変なものでした。

赤ちゃんを胸に抱いた瞬間、今までの苦労も痛みも全部消えてしまいました。

我が子を初めて抱きしめた時の感情は今まで感じたことのないものでした。

赤ちゃんという名前とおり、シワシワで真っ赤な赤ちゃん。

お腹にいたのはこの子だったんだと幸せな気持ちでいっぱいになりました。

新生児は本当に小さくて小さくて、でも誰にも教わっていないのに母乳をコクコク力強く飲む姿を見て、生命力のすごさを感じました。

身体全身を使って泣き、一生懸命生きているのを感じて、母親として守っていこうと改めて思いました。

ずっとお腹にいた赤ちゃんに触れることができて不思議な気持ちになりました。

触れて愛情がますます増しました。

 

 

産後鬱症状で涙が止まらない!一緒に成長しいけばいいんだとわかったら落ち着く

産後2日目、病室で産後鬱のような症状が現れました。

昼間は家族や友人が面会に来てくれたりして大丈夫なんですが、夜になると赤ちゃんと二人きりになるのが急に不安になってしまい、涙が止まらなくなりました。

すぐ泣き出す赤ちゃん、全てが初めてのことで不安が大き過ぎたんだと思います。

助産師さんに本当に助けられました。

だんだん赤ちゃんとの接し方に慣れてきて、産後4日目からはこの心がざわざわするような不安な気持ちはなくなりました。

赤ちゃんって未知の世界でした。

母乳も生まれたら勝手に出てくるものだと思っていたのに、そうではなくて色々とどうしたらいいか戸惑ってしまったんだと思います。

ゆっくり、一緒に成長していけばいいんだと分かってからは多少泣いても動じなくなりました。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

とにかく案ずるより産むがやすしというとおり、心配すると止まらなくなるものです。

赤ちゃんとこれから過ごすたくさんの楽しい時間を想像して、リラックスして過ごしてほしいです。

赤ちゃんが生まれたら自分の時間が減ってしまうので、自分のためだけに使える今の時間を楽しんでほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください