前置胎盤と診断され入院中に出血し、緊急帝王切開!母になれて幸せ

ニックネーム:pinokio5

出産を経験した年齢:28歳

妊娠中に役立ったものは?:葉酸サプリ

念願の子供を授かり妊娠を確認!金銭面で不安があり、貯金を始める

定期的に来ていた生理が突然止まり、旦那の立会いのもと妊娠検査薬をしました。

結婚してから妊娠を望んでいたので、夫婦でとても喜びました。

そして産婦人科でしっかりと診てもらい妊娠を確認しました。

毎回の内診は苦手でした。

生活面でも疲れたら横になることを心がけていました。

妊娠初期の流産は多いと聞いていたし、流産しても母体が悪いわけではないと知っていたけれど、やっと授かった小さい命を大切にしていました。

不安に思っていたことは金銭的な面でした。

出産一時金でまかなえると思っていたけれど、足りないことに気づきました。

本当に焦りこの期間から貯金を始めました。

もう少し早くから出産のためや赤ちゃんの為に貯金をしておけばよかったと後悔しました。

 

 

つわりがいつまで続くか不安!母子手帳を手にして母親になると実感がわく

妊娠初期は吐くまで行かないけれどつわりがあり、家の臭いや台所の排水溝の臭いや旦那の臭いに敏感になって、どのくらいこの状態が続くのだろうと不安に思っていました。

が、一か月くらいで終わりました。

まだまだ辛いつわりを経験している友達に比べたら軽いものだったのだと思います。

そしてつわり後半は食べつわりに変わり、常に酸っぱい物や果物をを口にしていたような気がします。

その時から体重増加を注意されて食べたいけれど食べれない辛さを味わいました。

仕事も力仕事が多い仕事だったので、極力体に負担のかかることのないように配慮もしてもらいました。

妊娠3か月に入ると母子手帳を受け取りに行き、体の変化はあったものの心でも母親になるんだなと実感した気がしました。

何度も何度も母子手帳を読みました。

 

 

ショッピングや安産祈願に行く!検診のたびに胎盤の位置が低いといわれる

つわりも終わりお腹もポッコリと出てきました。

お腹に負担をかけまいとマタニティウェアを購入したのもこの時期でした。

マタニティウエアとは見えないような洋服ばかりあって見るのも楽しかったです。

妊娠も5か月に入り戌の日には神社へ安産祈願をしに行きました

旦那と義母と私の3人でいったのですが、正直言って戌の日には母と行きたかった。

その思いは今でも消えません。

このころから赤ちゃんは順調に育っていましたが、胎盤の位置が低いと検診の度に言われていました。

「そのうち上がってくるから大丈夫だよ」と毎回言われていたので深くは考えませんでした。

生活面も妊娠前と変わらずに仕事も家事もこなしていましたし、赤ちゃんの準備をし始めていました。

チャイルドシートの目星をつけたり、ベビーカーを見たり楽しい時間を旦那と過ごしていました。

 

 

前置胎盤の診断を受ける!管理入院になり旦那や友達の優しさが身に染みる

妊娠も中盤から後半になってきても胎盤の位置がやはり高くならない、このままでは大量出血になりかねないし赤ちゃんの専門NICUがある大きな病院に紹介してもらい、前置胎盤の診断を受けました。

「なんで私が?」という思いしかなかったです。

「前置胎盤なんて聞いたことがなかったしなる確率も低いのになぜ?」と前置胎盤の事についてとても不安になってインターネットで検索したり友達に聞いたりしました。

調べれば調べるほど不安は大きくなりました。

胎盤は低いまま8か月を過ぎたあたりから管理入院となりました。

入院生活はベットの上でひたすら安静、そして貧血になっていたので食事も美味しくなかったです。

毎日いつ出血するか分からないと不安になりながら赤ちゃんの胎動を感じる日々でした。

面会に来てくれる旦那や友達の優しさが身に染みて幸せな時間でした。

 

 

出血が止まらず帝王切開へ!赤ちゃんが無事に生まれてくる事だけを願う

出産は突然でした。

先に陣痛が来てしまうと大量出血の恐れがありましたし、普通分娩は前置胎盤の人はできなかったので予定帝王切開で話は進んでいました。

それに私は貧血だったので、自分のもしもの時用の血液も採取できませんでした。

37週過ぎてすぐちょうど旦那も面会に来ている時間でした。

夕飯の時に出血しました。

急いでナースコールをし看護師さんがバタバタと動き、私は心が放心状態のまま先生の話を聞きました。

出血が止まらないからこのまま緊急帝王切開をしますとのこと。

説明を受けたけれど他人事のような気がしましたが、赤ちゃんが無事に生まれてきてくれる事だけ願っていました。

旦那が居てくれて心強かったけれど旦那の表情は心配でいっぱいのようでした。

全身麻酔をして出産しましたが、私が目覚めると全身痛いし混乱していました。

 

 

術後痛いが赤ちゃんの顔が見れて安心!母になれて幸せで祝い膳がうれしい

帝王切開でも私の産院は産後すぐから赤ちゃんと24時間一緒の同室でした。

術後痛かったのですが、赤ちゃんの顔をやっと見れてほっと安心したのを覚えています。

旦那も涙目になっていました。

待ちに待った母になれて幸せでした。

体を動かせるようになったのは2日経ってからでした。

やはり大量出血だったようで、顔は青白くフラフラしていましたが、赤ちゃんの授乳だけは看護師さんに助けてもらいながらしていました。

トイレへ自力で行けるようになると授乳室にてその都度、授乳の仕方やおむつの仕方、ママの産後ケアなどしっかりとしてもらいました。

そのおかげで授乳の仕方もたくさん教えてもらえ乳腺炎になることもなかったです。

病院食は美味しくなかったけれど、お祝い膳としてフルコースをいただけた事が産後の体にはうれしかったです。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

私は帝王切開で出産しましたが、帝王切開で産んだことについて一部の人はあまり良く言いません。

「産んだんじゃない、先生に出してもらったんでしょ」「普通分娩より帝王切開の方が痛みないしよかったじゃない」など、産後の不安定な心には深く突き刺さった言葉がありました。

普通に妊娠して自然分娩で出産できることは本当に奇跡だと思います。

妊娠を望んでいても授かれない人もいますし、妊娠中に流産してしまうこともあります。

いろいろ不安なことが出てくると思いますが、出産できるのはあなただけです。

帝王切開だっていいじゃないですか。

痛くない出産なんてありません。

慎重になりすぎず、人の心無い言葉にも負けず自分と赤ちゃんを信じて今しか味わえないマタニティライフを送ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください