第8章 妊娠10ヶ月〜臨月を迎えるママへ!出産の準備と過ごし方

どうも、こんにちは。

1人は成人❢ あと2人絶賛子育て中の

えみママです。😊 笑

 

ベビー用品やグッズも、今では

海外から種類も多く、便利な物も

たくさん出てますよね~♪

 

私も出産準備の時や育児中にも・・トイザらスとか

いろんなお店、よく回ったもんです。🏬👪✨

 

そこで、今回は出産間近で準備も必要になる頃…

【妊娠10ヶ月~臨月】のいろいろをご紹介します❢✋✨

 

特に、この時期の注意点や過ごし方・・

出産準備の事など「分かんないよぉ~?!」

というママは是非参考にしてみて下さいね~❣(*^^*)ノ

 

妊娠10ヶ月…臨月は出産時期なの?!

 

妊娠10ヶ月、つまり臨月とは・・

妊娠36週0日~39週6日の時期を指しますが、

ママの子宮底長は、33㎝程になり胃への圧迫が

とれるので、後期つわりなど楽になる頃でもありますよ♪

 

しかし、ここで妊婦さんがよくイメージするのは・・

臨月=出産 ということ?!

 

ちなみに臨月、言葉では聞き慣れていても

具体的には、どんな時期かなんて分からなくないですか??(‘;’)?・・

 

実は私も昔は、臨月というのが出産の時期

とばかり思ってた1人でして。。苦笑

 

しかし、この時期はまだ正産期ではなく…

例えば34週目の赤ちゃんは、ママのお腹の中で

呼吸の練習を完了し、生まれてもいていける身体に

成長しているですが、

その場合は…早産となるのです。

 

そこで、出産までまとめると・・

*妊娠36週~39週6日(早産)

*妊娠37週0日~41週6日(正期出産)

*妊娠42週以降~(過期産)

 

という感じで・・10ヶ月目は赤ちゃんが、

子宮口へ下がる事で、動悸や息切れなども

軽減しますが、後期つわりの治まりもある為、

ママは食べ過ぎや体重管理にも気をつけましょう❢」

 

臨月の妊婦健診は週1回に~

10ヶ月目ママの様子が分かったら、次は

定期健診の内容や流れをご紹介しますね❢ 👩✋💬

 

妊娠10ヶ月(臨月)の健診では、今まで

2週間に1度だったのが、週1回になり…

ママは出産を、より心待ちにする人も多い事でしょう❣

 

健診の内容としては、まず内診が始まります。

これは、医師が直接手や機械を膣内に入れて

検査する方法すね。。💧💧

 

ママにとっては、少々恥ずかしい検査ですがw

赤ちゃんの下がり具合を確認する事で、妊娠や

お産が順調に進んでるのかをみる大切な診察でもあります。

 

私もこの検査は、3人共に昔受けてきましたが・・

あの感覚と恥ずかしさは、やっぱり毎回嫌でしたね~。泣

でも「赤ちゃんの為だ♥」と検査の度に、心の準備と我慢をし

受けてましたよぉ~www(/ω\)

 

また、同時期に行う検査では・・・

NSTモニターというのもあります!

 

これは【Non Strees Test/ノンストレステスト 】の略

なんですが。。(*’ω’*)☝

 

ママがリラックスした状態で、お腹に…

赤ちゃんの心拍と、お腹の張りを計る機械を

2つ付けて、約30分程横になった状態で

赤ちゃんに、異常がないか計る検査の事です❢

 

あとは、貧血の検査や骨盤レントゲン撮影

などがあったりしますね。しかし、、

 

レントゲンに限っては赤ちゃんが下がってない

場合や背が低く骨盤が小さいママな

医師から撮影の指示をうけた人だけが行う様です。

 

ちなみにそのレントゲンは、放射線が赤ちゃんへの

影響を心配するママも多いと思いますが・・💦

撮影による放射線量はわずかな物で、問題はありません。👩👌✨

 

さて、ここまではママの様子を紹介しましたが…

次は、妊娠10ヶ月目の赤ちゃんの成長や様子を

みていきましょう♪ 👶💬

 

妊娠10ヶ月目 赤ちゃんの様子は…?

 

この時期の赤ちゃんも、お腹の中で寝たり起きたりを

繰り返して過ごしているので、ママの胎動は

出産まで続きますが、赤ちゃんにとっては子宮内で

動く範囲が下に降りる事で狭くなる為、

だいたいのママは…胎動が落ちつき、減る頃ですね・・・。👩🍀

 

※ただし、、、長時間胎動が止まっている場合は、

赤ちゃんに何らかの異常が起っているかもしれません...。

その時は、すぐに病院で見てもらましょう❢❢⚠

 

また、10ヶ月目赤ちゃんの成長としては...

身長が、約50㎝・・体重が、約3000g程になります。

身体の機能もほぼ完成し、赤ちゃんらしい体つきに…。

もういつ生まれても、大丈夫なまでに育っています♪

 

私の場合は、多分食欲の戻りで…娘の時ですが

出産の時に、実は4000g程あったので💦💦

10か月の時点で、体重オーバーしてたかもですね~w😱💦

なので、キツイお産ではありましたが・・

 

普通分娩で娘を生んだんで、先生も驚き❢❢

「よく、頑張って産めたね~💦😅」

と言われましたよ~。(苦笑)

 

そして、そんな食べ過ぎなどには

果物なんかも、良い様なんです❣

 

例えば・・ンゴーには、βカロチン・

ビタミンcも豊富で、免疫力を高める役割が❢

しかも、ドライフルーツ】といつでも摂れ…

多めのお水と摂れば、お腹で膨れて

 

『食べ過ぎ防止』にもなるということ♪(*^^)v

 

他では、バナナやイチジクも栄養価が高く

中でも、イチジクにはカリウムが多く

含まれており、これもドライフルーツだと

食物繊維が生の10倍なんだそうです!👏

 

また、イチジクには植物性エストロゲン

という成分が含まれ、

それが母乳の出が良くなると

昔から言われているそうですよ♫

 

このように、ちょっとした果物で手軽に

体重管理や栄養補給になるなら嬉しい

かぎりですよね~❢(´艸`*)

 

なので、気になるママは適量でうまく摂り入れて

ぜひ、食べ過ぎ防止に役立ててみて下さい~💚🍀

 

では、ここまでこんなふうに紹介しましたが…

最後は、出産では逃れられない陣痛など・・出産の

兆候の事をお話しますね。。💦✋💦

 

臨月~出産の合図は?!

 

妊娠10ヶ月(臨月)では、いつ出産に

なっても良い時期です。しかし、

そんな出産も、急には来ませんし…

いくつかの兆候があるので、

ママは覚えておきましょう❢(*´ω`*)ノ

 

*おしるし

出血の混じったおりもので、分娩前にみられますが

個人差もあり、おしるし無く陣痛がくる場合も…。

 

*破水

これも、陣痛前におこる兆候で卵膜が破綻し

羊水が流れ出てくる症状です。この場合、

チョロチョロ流れ出て、自分では止められません。

 

ただし、破水は尿漏れと間違いやすいので要注意❢

破水は、透明又は白褐色で自分で止めれませんが…

尿漏れの場合、色は黄色っぽく・・アンモニア臭がします。

 

このように見分けて、もし破水が来た時は

すぐにかかりつけの病院へ、連絡しましょう❢

 

陣痛

まず陣痛には、2種類あります。

前駆陣痛と本陣痛です。

前駆陣痛…分娩の予行練習的なもので規則性が無い。

本陣痛…10~15分の規則正しい痛みがあり、出産となる。

 

この陣痛が、妊婦さんにとっては一番

不安になるものですが、私の場合は

確か、娘の時だけ陣痛がおこらず…泣

予定日を過ぎてたのもあって入院し、

産院で陣痛促進剤をうってからの出産でした。w

 

だから、娘の出産は時間もかかったのもあり

わりとキツい出産で~。(*´Д`)💦

でも、そのキツさを乗り越えた後の感動は

(3人共に)今でも、忘れませんけどね💕👶👩

 

あんなに痛かった事も忘れ、

今となっては・・何だったんだろう?!・・

となりましたよ。笑笑

 

まとめ

1.妊娠10ヶ月は、まだ正期産ではありません。

2.臨月では、健診が週1に増える時期

(内診やNSTモニターなど。)

3.もうすぐ会える10ヶ月目赤ちゃんの様子

(胎動が落ちつく等~)

4.赤ちゃんの「生まれるよ♪」の合図覚えておこう!

(おしるし~陣痛までの様子など・・)

 

この流れが、私のおすすめです❣

 

もうこれで、いつ陣痛がきても…

出産になっても大丈夫❣(^^)v

その先には、可愛い天使に会える感動と

幸せが待ってますもの。。💖

 

ただし・・・

お産の準備だけは、忘れずにしておいてくださいね。

また、兆候がきても慌てずに行動しましょう❢

 

では、ここまでお読み下さり

有難う御座いました。。

良ければ、次回も又おこし下さいね♪

(*^-^*)m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください