産むことに反対していた彼も折れる!全力でわが子を守ると頑張る

ニックネーム:ゆみ

出産を経験した年齢:20歳

妊娠中に役立ったものは?:骨盤ベルト、葉酸サプリメント

大好きだし産みたい!産むことに賛成しなかったが最後に折れる

生理が来ていないのと、ストレスからきてるお腹の痛みとは違った痛みがする…と気づき、妊娠がわかりました。

別れた彼との子供だったので、自分は大好きだったし産みたい!!と何度も話し合いました。

降ろすことは簡単です。

お腹の中に彼との子供が居ると思うと嬉しく、きちんと栄養を考えた食事をしないと!とお腹の子の事を考えた生活をしました。

あの時降ろしていたら、子供を見れば悲しくなり、もし新しい彼が出来ればその事を打ち明けなければならないのか、実際その彼との子供ができた場合の事を考えると胸が痛くなります。

ですが、相変わらず彼は産む事に賛成せず、それなら1人で育てる。と私も頑なに拒みました。

彼は私の父と話し合い、やっと折れてくれました

そう聞いた時はとても嬉しかったです。

 

 

自分のことを考えてくれず悲しくこの先不安!不安で眠れず泣く

彼は仕事場が遠く、夜も終電が無くなるまで仕事があるため、友人の家に泊まることも多々ありました。

嘘をついて終電逃したから泊まってくる。と言われた事もあると思います。

彼と復縁しても心は私の元にはなく、身体のこともあまり心配してくれず、とても悲しくこの先の不安を覚えました

ですが、私にとってお腹の子は彼との唯一の希望で、母親になるんだからしっかりしないと!と学校に行きながらも頑張りました。

ストレスが1番良くないと聞いたので、なんでも深く考えずに寝たら忘れちゃう性格なので、嫌な事があれば寝て、楽観的に物事を考えるようにしました。

それでも不安で寝れない日もあり、毎日泣いていました。

お腹の子には申し訳なかったです。

 

 

周りに打ち明け優しくしてくれ嬉しい!気になる食べ物は食べない

つわりは比較的長くありました。

食の専門学校に通っていたため、匂いがきつく、いつもマスクをして対応していました。

毎日実習があり立ち作業。

周りには安定期に入った頃に打ち明けました。

きつくて座っていたら「大丈夫?お水いる?」などクラスメイトがたくさん声をかてくれ、とても嬉しかったです。

また、食べないと気持ち悪くなり、朝もベッドの横にご飯を置いたり、食べまくりました。

自炊がきつかったのでよくコンビニを利用していました。

食べないよりはマシ

買い物もきつく、それでも彼は買ってきてくれなかったのでコンビニ食や外食。

食事は徹底して生物や魚は青魚、塩分をひかえた食事をしました。

子供のためにも少しでも気になることはやりませんでした。

 

 

お腹が張りやすく学校に行けれない!栄養満点の母の料理に感謝

お腹も大きくなり、周りから妊婦とわかってもらえるようになるととても優しく接してもらえました。

お腹が張りやすく、学校もほぼ行かない毎日が続き、風邪もひいてしまい毎日頑張っている友人に合わせる顔がない…先生にも怒られ、相変わらず冷たい彼に毎日泣く日々でした。

とても酔いやすくなり、唯一の交通手段のバスに乗れなくなり、暇な日々を過ごしました。

友人も遠慮して遊びに誘われなくなったのは悲しかったです。

早めに実家に帰り、母に甘えまくりました。

毎日身体に良い、栄養満点のご飯を作ってくれました。

本当に感謝です。

子供の名前も自分の子供のように本まで買って字画の相性を見たりと張り切っていました。

微笑ましくありましたが少しうざかったです(笑)
 

 

闘っているのに酒飲んで楽しんでいて何事!出産に入ると痛くて無理

私が出産の日は旦那は会社の送別会に行っていました。

実家は県外で遠く、いつ産まれるかはわからないから来ないにしろ、電話くらいしてくれても良くない?!私が死ぬ思いで闘ってるのに、自分は飲んで楽しんでるって何事?!と思いました。

母は死ね!と超怒っていました。

男の人に期待してはいけません。

父親になる実感はないのですから。呆れてもう彼のことは考えずに痛みに耐え続けました。

初めは陣痛も痛くなく、楽しくおしゃべりをしていましたが、時間が経つにつれてすごく痛く、横になると吐いてしまうため、睡魔と闘いながら頑張りました。

破水して出産に入るとびっくりするくらい今までの比じゃない痛みでとても動揺し、無理だ。と思いました。

でも我が子の顔を無事に見れた時はその思いはぶっ飛び、とても感動し、母にもこんなに痛い思いをして私を産んでくれたのかと感謝感謝でした。

 

 

少しの症状で大丈夫かと検索!少しでも成長があるとうれしく写真撮る

1ヶ月、里帰りをしました。

その間の家事は全て母に任せてとても楽でした。

少しの症状で大丈夫か?!とネットで調べる日々でした。

毎日何回もおしっこが漏れ、吐いての繰り返しで何回もお着替え。

中々寝てくれなかったり、必死に泣くことしか出来ない我が子でした。

険しい顔が多く、この子はほんとに笑えるのか!と思いました。

少しでも成長があれば、とても嬉しくなり、たくさん写真を撮りました。

母乳が足りているかが1番心配でしたが、検診でも問題なく、とても理想な体型。と言われとても嬉しくなりました。

私自身も産んだら結構すぐ元の体型に戻ったため、妊娠線はすごいですが嬉しかったです。

全て我が子のためだ!と思い、寝不足でも頑張りまた。
 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

マタニーティーブルーになる人はたくさんいます!

私もそうです。

正直、出来た夫説はあまり聞きません!

みんな産まれてしばらくしてから父親の自覚が出てきます。

なので、これからだ。と思いあまり思いつめないで大丈夫です。

私は体重があまり増加せず、ちゃんと赤ちゃんに栄養がいってるのか不安でたまらなかったです。

ですが、きちんと栄養はいってます。

むしろいきすぎて母親は貧血になります。

ストレスたくさんでも案外お腹の子は強いです!

中々発散出来ない環境になると思いますが、赤ちゃん第一に考え、なんでも完璧にしようとせずに周りに頼るのが大事だと思います。

今はアプリも豊富にあるしネットはあるしで頼りになる人がたくさんです!

出産頑張ってください

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください