スピード超安産だが授乳が大変!子育てするうちに母親に尊敬の気持ちが強くなる

ニックネーム:ぽん

出産を経験した年齢:26歳

妊娠中に役立ったものは?:忍者飯

授かり婚でどのように報告しようか不安!出産が怖く、耐えられるか怖い

まだ結婚もしていない、いわゆる授かり婚だったため、両親や彼にどやって報告しようという不安から始まりました。

仕事もあるのにそれはどうなるのか、新しい生活も同時にスタートしないといけないし、何より出産が怖いという気持ちがありましたね。

出産経験のある友人が口をそろえて「この世の終わりのような痛さだった」、「もう経験したくない」など怖くなるようなことばかり言っていたので、自分に耐えられるのだろうかと怖くて仕方なかったです。

インターネットで初期はどうすれば良いのか調べたり、本当にちゃんと育っているのいるの不安に感じたり、ネガティブ思考でしかなかったように感じます。

胎動があったり、性別が分かった頃にはそれも落ち着き、早く会いたいという楽しみばかりでした。

 

 

きちんと育ってくれているか不安!検診日が早く来ないかと思う

1番思っていたのは、きちんと育ってくれているかでしたね。

妊娠すると皆悪阻があって食欲が増したり、逆に気持ち悪くなって食べることができなかったりと食生活に変化があると聞いていました。

ですが、私の場合はその悪阻が全くと言って良い程無く、炊き立てご飯の匂いで気持ち悪くなる事も無く、揚げ物が無性に食べたくなることもなく、妊娠前の食生活をしていても何も感じることが無かったのです。

眠くなることもほとんどなく、仕事もプライブートもいつも通りこなしていたので、妊娠を知っている周りからも「そんなに無理しなくても良いんだよ」、「何か食べたいもの無いの」、「ゼリーとか買っておこうか」と心配されては大丈夫と言っていました。

なので、本当に妊娠しているのか、育っているのかがとても不安で検診の日が早く来ないかなと思っていましたね。

 

 

体重増加せず小さな赤ちゃんかと心配!体重管理ができていると医師にいわれる

妊娠初期と同様に、中期にも悪阻が全くとありませんでした。

あんなに皆が注意されている体重増加も無く、1ヵ月で500g増えていれば増えている方でしたね。

かと言って、食べる量が減っている訳でもないし、体調も悪いこともないので「もしかしたら小さい赤ちゃんなのかもしれない」、「母親の私がもっと食べなくては」と不安に感じていました。

ですが、先生に言われたのが「赤ちゃん大分大きいね。増えている体重以上に大きくなっている。栄養いっぱい摂ってるんだね。」というものでした。

どうやらお腹の子の大きさは心配する必要は全く無く、母親も貧血でもないので運動量が多く、太らないだけなのではとのこと。

逆に体重管理ができていると言われてほっとした記憶があります。

 

 

大きめの子で医師に大変といわれる!早めに出てきておいでと願う

お腹の子はすくすくと成長し、37週の頃には推定体重が3800gを超えていました。

頭も大きいということで、骨盤のレントゲンを撮らなくてはいけなくなりましたし「このままだとお母さん大変だね」と先生が脅してくるので「お願いだから出てきて良い頃になったら早めに出ておいで」と心の底から願っていました。

前駆陣痛も36週くらいから感じていたので、毎日毎日早く産まれてくれと願っていました。

夜もなかなか眠れませんでしたしね。

もちろん出産ジンクスのドリンクや焼肉、スクワットなども全て試しました。

検診の時に先生に「それ意味ないからね」と笑われましたが、こちらからすれば藁にも縋る思いです。

毎日試していましたね。

主人も親戚もまだかまだかと言ってくるので、イライラしていました。

 

 

病院に着いてすぐのスピード安産!この人の子供を産めてよかった

陣痛に気づいてから6時間、病院に着いてから4時間のスピード安産で産まれたのですが、あまりにも早すぎて自分の気持ちがついていきませんでした。

「ただ耐えていた」と言う感じですね。

ですが、丁度夜中に陣痛がきたので主人の立ち会えましたし、両親や親戚も朝方に産まれたての我が子に会うことができて良かったなと思いました。

やっぱり1番嬉しかったのはやっと出会えたこと。

こんな小さい子が頑張って出てきてくれたんだ、一生懸命育ってくれていたんだと嬉しさばかりでしたね。

いつも涙は見せない主人もこの時ばかりは大泣きで、その時は「泣くなよ」とふざけ合いましたが、この人との子を産めてよかったなと心から思いました。

今、文章にするだけでも涙が出そうになるくらいの素敵な体験でした。

 

 

産後の事は考えていなかった!母親に尊敬する気持ちになる

出産するまでは、産むことばかり考えていたので産後のことことなんて何も考えていませんでした。

誰でも授乳は簡単にできるだろうし、と簡単に考えていたのです。

ですが、その授乳が上手くいかなかったのです。

我が子は口が小さく、乳房にうまく吸い付けないのです。

私も下の上に乳房を乗せるのが上手くいかず、我が子は泣くしおっぱいは痛いしとパニック状態でした。

退院前日の母子同室でも授乳が上手くいかず、看護師さんや助産師さんがいない自分の家で子育てをすることに不安しかありませんでした。

ただ出産をすれば母親になれる訳ではなく、子育てをしていくうちに母親になっていくのだなと感じました。

自分の母親に対する尊敬の気持ちが強くなりましたね。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

妊娠中って不安に感じることばかりですよね。

ちゃんと産むことができるのだろうか、子供は育っているのだろうか、たくさん思うことはあると思います。

ですが子供たちは雲の上から私たちを選んでやってくるのです。

そう思うといくら不安でも「頑張ろう」、「早く会いたい」と思いませんか。

みんな最初は怖いものです。

ですが、子供がそんな私たちを強い母親にしてくれます。

たった少ししかないマタニティ期間。

しっかり楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください