お腹が大きくなりしんどく張ってくる!出産後は子育てを二人で分担する

ニックネーム:ミジンコ

出産を経験した年齢:29歳

妊娠中に役立ったものは?:つわり中によくじゃがりこを食べていた。

下腹部がチクチクするので検査薬を試す!陽性にうれしさ半分不安半分

結婚して一年が経ち、そろそろ子供がほしいねと主人と話していました。

生理が来なくなって、なんとなく下腹部がチクチクするなーと思い、検査薬を試してみると陽性が。

妊娠を希望していたので嬉しかったけど、これからつわりが来るのか、耐えられるのか不安でした。

一人目の妊娠だったので、経験したことないことばかりなので嬉しさ半分、不安半分でした。

主人にメールで報告するととても喜んでくれて二人で幸せな気持ちになりました。

お互いの両親にはいつ頃報告しようか、まだ妊娠初期すぎてはやすぎるのではないか、と悩みました。

病院に行って、たいのうを確認し、母子手帳をもらってから両家には報告しました。

ともに初孫ということでとても喜んでくれました。

 

 

突然出血し不安で仕方ない!流産したらどうしようと思いながら安静に

妊娠初期にある日突然少量の出血が

びっくりしてすぐに行き着けの産婦人科に行きました。

出血の原因はわからないけど、初期にはよくあることなのでなるべく安静にして寝ててくださいと言われました。

その日からできるだけ布団で横になり、トイレ以外はほとんど寝ていました。

鮮血からだんだん茶色の出血に変わっていきましたが、不安で不安で仕方ありませんでした。

このまま流産してしまったらどうしよう…

そんな良くないことばかり考えたり。

たまごクラブの本を主人に買ってきてもらい、出血した妊娠中のママさんのエピソードばかり読んでいました。

2週間ほどして出血がなくなったので、少しずつもとの生活に戻していきました。

それと同時につわりも始まって苦しかったです。

 

 

つわりが終わり体も楽に!たまごクラブが愛読書で買うのが楽しみ

中期になるとつわりも終わり、体が比較的ラクになりました。

おなかもまだそんなに大きくないし、主人とよくお出かけもしていました。

子供が生まれたらそんなに頻繁には出かけれないと思っていたので。

ごはんも食べられるようになり、野菜をよくとるようにしていました。

そのうち赤ちゃんの胎動を感じられるようになり、初めて感じたときは不思議な感じでくすぐったくもあり、嬉しかったです。

お腹に向かって話しかけたり、歌を聞かせたりしていました。

妊娠も中期になり、まだ生まれるまでに数ヶ月あるんだなーとまだ全然実感もありませんでした。

あいかわらずたまごクラブは愛読書で、月に一度コンビニで買うのがすごく楽しみでした。

まだ気持ちの余裕はありました。

 

 

お腹が大きくなってしんどくなる!少しずつ出産に向けて実感がわく

後期に入りおなかもだんだん大きくなってきて、普段の生活がしんどくなってきました。

少し出かけたり、長く散歩するとおなかが張ることも多くなってきました

不安でおなかがはるとすぐ横になっていました。

少しずつ出産に向けて実感もわいてきていて、怖くなっていました

どれだけ痛いんだろう?何時間何日かかるのだろう?無事に生まれてきてくれるのだろうか?と不安はつきませんでした。

胎動はますます感じられるようになり、本当におなかの中にいるんだなあと不思議な気持ちでいっぱいでした。

どんな顔してるんだろう、わたしに似てるのか主人に似ているのか、早く会いたい気持ち。

体が重たくて重たくて、しゃがむのすら精一杯でした。

早く生まれてきてほしいとも思っていました。

 

 

里帰り中の夜中に陣痛がきて病院へ!無事出産できてとても嬉しい

実家に里帰り中、夜中の一時くらいに陣痛がきて時間をはかると等間隔。

ついにきた!と思いました。

タクシーに乗り込み、病院についてそのまま入院することになりました。

夜中だったので、病室は静かだったけどカーテンで仕切られた隣のベッドでは同じような妊婦さんが 痛い~と声がもれていました。

最初は余裕だった陣痛も数時間で数分間隔になり、分娩室に入ることができました。

生む直前は痛くて痛くてもう何も考えられない状態で、看護師さんにうながされるままいきんで、どうにかこうにか出産しました。

あぁぁぁーーー…やっと終わった、と心の中でつぶやきました。

おなかがすっきりして、無事出産できてとても嬉しかったです。

胎盤を出す作業のときはけっこう痛かったです。

 

 

授乳に時間がかかりふらふら!主人に子育てを分担してもらい心強い

子供が生まれて睡眠不足になることが一番の心配でした。

やはり生まれた赤ちゃんは昼も夜もすぐ起きるし、そのたびに授乳して私は寝不足でふらふらでした…。

おっぱいも最初はうまく吸わすことができず、授乳のたびに時間がかかってそれもまた寝不足の原因でした。

沐浴も赤ちゃんの首がすわるまでは怖くて、毎回恐る恐るやっていました。

産後は主人の帰りがまだ早かったので、お風呂をお願いしたり、オムツをかえてもらったり、授乳後のげっぷ担当に任命しました。

主人と二人で子育てをしているという実感がもてて、心強かったです。

主人のほうも、生まれた頃からお世話をすることで父親としての自覚が、早く芽生えたような気がします。

赤ちゃんはかわいくて、写真をたくさん撮りました。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

初めてのことでわからないことばかりだと思います。

生まれた赤ちゃんはとってもかわいいので 写真をたくさん撮っておくことをオススメします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください