頼んだ買い物と物が違う!ストレスがたまるがもうすぐ会えると頑張る

ニックネーム:tom

出産を経験した年齢:27歳

妊娠中に役立ったものは?:たまごクラブ

仕事をどうしようと不安!体調不良が続きもうなるようになれと開き直る

私はとても子供が欲しかったので、素直に嬉しい!!と思いました。

ただ外回りのハードな仕事をしていて、ノルマもきつかったので、このままだと仕事はどうしよう…と不安にもなりました。

まずは体調第一だねと夫婦で話し合い、産休を取るまでは力を合わせて頑張ろうと約束しました。

ますます旦那さんが頼もしく見え、結婚して良かったと嬉しくなりました。

かかりつけの病院はどこにするか、職場にはいつ報告するかなど悩みは多くありました。

妊娠に気づいた頃から体調不良が続いていたので、もうなるようになれ!!と開き直りました。

日々悪くなっていく体調に不安を感じましたが、旦那さんがいつも以上に家事を手伝ってくれたので、なんとか乗り切ることができました。

 

 

つわりがいつまでに治まるの?つわりの激しさと病院の厳しさで弱音

妊娠初期からつわりがひどく、いつになったら楽になるの…と毎日しんどかったです。

初めは食べづわりや匂いづわりだったのが、だんだんと吐きづわりに変わっていき、何をするのも億劫でした。

病院に行くのすら、途中で吐いたらどうしようと悩みました。

また、かかりつけに決めた病院がとても厳しかったので、妊婦健診が近づくたびに「また怒られたらどうしよう」と旦那さんに弱音を吐いていました。

嬉しかった妊娠も、つわりの激しさと病院の厳しさで心がぼきぼきと折れました

つわりで動けない申し訳なさがあり、仕事の家事もままならないので、よくネットで「つわり いつまで」と検索していました。

同じような妊娠の記事を見つけては一喜一憂し、早くつわりがおさまれということしか考えられませんでした。

 

 

無理をするとつわりがぶり返し後悔!マタニティは恥ずかしかったが楽

だんだんとつわりがおさまってき始め、少しずつ前向きな気持ちを取り戻してきました。

元気な日は「買い物に行きたい」と旦那さんにお願いし、何とか出歩けるようになったのがとても嬉しかったです。

ただ無理をしてしまうと、またつわりがぶり返す時もあり、そんな時は激しく後悔しました。

やっぱりもう自分一人の体ではないんだなと実感しました。

お腹も目立ってくるようになり、職場でも気遣ってもらうことが増えました。

しかし、ノルマや残業などは相変わらずだったので、プライベートな時間は休息に当てるように努めました。

初めてマタニティデビューした時は、なんだか恥ずかしかったです。

一回着てしまうとその楽しさに目覚め、可愛いマタニティを探すようにもなりました。

 

 

体重計に乗るたびにため息が出る!切迫早産気味で動けずストレスがたまる

職場の先輩から「妊娠後期は息を吸っただけで体重が増えるよ。」と言われ、覚悟していましたが、まさにその通りでした。

病院怖さのあまり、毎日体重計に乗って確認しましたが、ため息が出るばかりでした。

この頃から貧血気味と診断され、鉄剤や便秘薬、貼り止めの薬などたくさん薬を飲むようになりました。

もはや何が効いているのか分かりませんでしたが、出産するのも大変だなと改めて実感しました。

お腹がかなり大きかったので、買い物などは旦那さんが引き受けてくれるようになりました。

しかし、頼んだものと違うものを買ってこられることも多くあり、やっぱり私が行けば良かった…と思うこともしばしばありました。

切迫早産ぎみなのでありがたかったのですが、あまり動けずストレスも溜まりました。

もうすぐ赤ちゃんに会える!!と思って、何とか頑張ることができました。

 

 

2週間前に突然破水!なかなか頭が出てこず嬉しいよりホッとした気持ち

予定日前の診察で、赤ちゃんの体重も順調、下に下がってきているからいつ出てきてもおかしくないと言われていました。

しかし、予定日まであと2週間以上あることから、全く油断していました。

私は突然破水し、急いでタクシーで病院に向かい、緊急入院となりました。

それでもまだ出産するイメージが湧いてきませんでした。

徐々に陣痛が始まり、激痛に耐えきれなくなった頃、やっと分娩室に通されました。

なかなか頭が出てこず、先生方がお腹を押してくれてやっと出産することができました。

正直嬉しい気持ちよりもホッとした気持ちが勝りました。

最後は出てこないかも…と思っていたので、やっと出せたと思いました。

とにかく疲れと痛みとでグッタリでした。

赤ちゃんも頑張って出てきたんだなと思うと愛しさが増しました。

 

 

よく泣く子で眠たい!成長していくうちに可愛い守らなければと思う

とにかくよく泣く子だったので、生活が一変しました。

昼夜問わずの授乳と夜泣きで、とにかく寝たい、1分でも長く横になっていたいとずっと思っていました。

1ヶ月は里帰りをしていたのですが、自宅に戻る時不安で仕方がなく、帰りたくないと思ってしまいました。

ただ日々成長していく我が子を見ると、可愛いなという気持ちも大きくなっていきました。

目で私のことを追ってくれる様子がたまらなく可愛く、この子を守っていかなければ!!と気力が湧いてきました。

初めての子だったので成長具合なども不安になり、よくお世話の合間にネットや育児雑誌で調べるようになりました。

これから自分が育てていけるのだろうかと不安にもなりました。

子供と同じ年頃の親子と関わることも増え、自分の性格も積極的に変わっていった気がします。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

妊娠出産の体調の変化は、個人差が大きいと思います。

自分の体調のことは自分でしっかりと管理し、無理をしないように心がけると良いと思います。

産まれてきてくれる自分の子はとても可愛いので、不安にならなくても大丈夫ですよ。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください