つわりが治まると厳しい体重管理!出産後1人で全部できるか心配

ニックネーム:りんご

出産を経験した年齢:29歳

妊娠中に役立ったものは?:マタニティガードル

<>吐きづわりでいつまで続くか絶望を感じる!陣痛がどれくらい痛いか恐怖

妊娠に気づいてからすぐにつわりが始まったので、「お腹に赤ちゃんがいるんだ」という実感はすぐに感じました。

つわりがとにかくすごく、吐きづわりだったのでそれまでの生活とは全く違う生活がスタートしました。

とにかく一日中気分が悪く、この状態はいつまで続くんだろうと正直絶望なようなものも感じていました。

ただ、産院に検診に行った時だけは、赤ちゃんの様子がわかるということもあって、その時はやはり幸せな気分になりました。

また、不安に思っていたのは陣痛はどのくらい痛いんだろうとか初めての出産に対しての恐怖心です。

インターネットで色んな口コミや情報を見ては、出産に対して不安に思ったり、怖さが増したりする毎日でした。

<>飲み物も受け付けずいつまでつわりが続くか辛い!早く安定期になって欲しい

妊娠初期に思っていたことは、やはりいつまでつわりが続くんだろうとか早く安定期になって欲しいということでした。

つわりについては、あまりにもつわりがひどく、飲み物さえ受付けなくなってしまった時があって、この時ばかりは体力的なものだけでなく、精神的にも結構辛かったです。

妊娠四か月を過ぎた頃にはだんだんつわりも軽くなってきて、その時から少しずつご飯が食べられるようになり、心の状態もだんだんポジティブになっていきました。

また、妊娠初期はまだまだ赤ちゃんの状態が安定しない時期でもあるので、早く安定期になって欲しいと思っていました。

安定期になれば少し安心できると思っていました。

ただ、先ほども述べたように体調が良くなるにつれて、精神的にも落ち着いてきました。

<>つわりが終わり食欲が増す!厳しい体重管理が入り毎日体重を図る

妊娠中期にはあれほど大変だったつわりが軽くなり、次第につわりが終わり、本当に楽に過ごすことが出来ました

それまではほとんど飲み食いできなかったのですが、妊娠中期になるとかなり食欲が増して、今まで食べられなかったお肉なども食べられるようになりました。

食欲がめきめきと増し、体重管理をするのが少し大変になってきました。

産院ではそれなりに厳しく体重指導が入っていましたので、毎日のように体重を図っては自分の体重管理をしっかりとするようになりました。

また、生活に関してはお腹がそれほど大きくないこともあって、色々と動き回ることが出来、妊娠期間で最も活動する期間だったと思います。

とにかく精神的にとても楽になり、体調的にもすごく良かった時期です。

<>これまで出来ていたことが出来なくなる!出産を乗り越える覚悟が固まる

妊娠後期になると、お腹もかなりしっかり大きくなり、普通の生活をするにも今まで出来ていたことが出来なくなっていきました。

大きいお腹で靴下をはくのがすごく辛かったですし、靴を履くのも一苦労でした。

もちろん歩くのもゆっくりゆっくりになりましたし、重たい荷物もあまり持てなくなりました。

少し動くだけで動悸がしたり、お腹がキューっと痛くなったりと、そろそろ出産を迎えるんだという気持ちがとても大きくなっていきました。

それにつれて少し忘れかけていた出産への恐怖心がだんだんと増していきました。

ただ、もうここまで来ると赤ちゃんの会えるのもあと少しなので、出産を乗り越えるという覚悟の気持ちも固まってきつつありました。

<>自分の赤ちゃんに涙がでる!みんながこの子の誕生を喜んでいることがうれしい

出産した時は初めてみる自分の赤ちゃんに涙がとまりませんでした。

私はとりわけ子供好きというわけではありませんが、やはり自分の赤ちゃんを見た時はものすごい感情が湧き出てきて、それを抑えることが出来ませんでした。

涙が勝手にポロポロと出てきて、声を上げて泣いてしまいました。

そして無事出産が終わったことへの安心感、無事に産まれてきてくれたことにとても安心感、達成感でいっぱいになりました。

出産が終わって、赤ちゃんを見て喜んでいる夫、家族の姿を見て、とても感動しました。

みんながこの子の誕生を喜んでくれているということが本当にとても嬉しかったです。

出産した後はとても疲れているはずなのに、ハイの状態になっていたのかなかなか寝付くことが出来ませんでした。

<>24時間体制でサポートしてくれるので満足!全部ひとりでできるのか不安

出産後、産院に入院している間はそれほど不安に思うことはありませんでした。

それは周りに自分をサポートしてくれる人がたくさんいるからに他なりません。

おっぱいのケアや赤ちゃんのお世話に対することなど、常に24時間体制でサポートしてくれるので、その状態にとても満足していました。

ただ、退院が近づいてくると、これ全部自分が出来るんだろうか、という不安がだんだんと押し寄せてきました。

抱っこしても赤ちゃんが泣きやまなかったりするとどうしたら良いんだろうと軽くパニックにもなりましたし、赤ちゃんと二人の生活が始まったら家事と育児をきちんと両立できるんだろうか、どうやって過ごしたら良いんだろうか、急な事態に対処できるんだろうかと考えることもありました。

<>これから出産される方にアドバイスをお願いします

初めての妊娠出産というは経験のないことでとかく不安になったりすることも多いと思います。

私はわからないことがあったらインターネットで何でも検索するクセがあります。

これも善し悪しだなと思いました。

掲載されている内容が正しいと思いすぎてしまってそれに対して必要以上に身構えてしまったり、考えすぎてしまうことも多かったです。

あまり掲載されていることを鵜呑みにしすぎずに、こういうこともあるんだな程度にとどめておいたほうが良いと思いました。

また、妊娠中、出産後はもし周囲にサポートしてくれる人、環境があれば思う存分甘えて良いと思います。

自分一人で何でも乗り切ろうとせずに、頼れるところは頼ったほうが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください