痛いのは怖いと無事に産まれてきてという気持ち!産まれてきてくれてありがとう

ニックネーム:めい

出産を経験した年齢:31歳

妊娠中に役立ったものは?:妊娠中に役に立った物は、ノンカフェインの飲み物です。飲み物に関してはだいぶ気にしていたので。特に妊娠後期には西松屋のラズベリーリーフティーがとても美味しくて良かったです。

妊娠が確定してよかったうれしい!ツワリが酷かったらどうしよう

生活の変化はそんなにありませんでした。

ただ、やはり無理して仕事をする事はなるべく控えました。

無理して何かあった時にきっと自分を責めてしまうかなとおもったからです。

気をつけていれば、もしなにかあった時に少しは自分を許せる気持ちがある気がしたので。

心の変化は、やっぱり妊娠に気付いた時は本当に嬉しかったです。

妊娠したかもしれない!と言う時には、思い込みだったらどうしよう・・・など少し不安に思う気持ちもありました。

検査薬を使って陽性がでたとき、婦人科で妊娠を確定してもらったとき、本当によかった!うれしい!と純粋に感じました。

不安に思った事はそんなに無かったですが、結婚式を控えていたのでツワリが酷かったらどうしようと少し考えたりもしました。

 

 

無理に仕事をしないようにする!つわりが酷いものではなくありがたい

妊娠初期は流産しやすいと聞いたので、早めに職場に報告して無理して仕事をしない様にセーブはしました。

ただ、何かあったとき辛い報告もしないといけないので、妊娠の報告をするタイミングは迷いました。

でも、早めに報告して良かったと今では思います。

素直に人に甘える事が出来たので。

心の変化はツワリが少しあったのですが、人よりそんなに酷いものではなく本当にありがたいなと言う気持ちでした。

同時期に友人も妊娠していたので、その友人はツワリが酷く入院までしていたので本当に私は食べづわりが有ったくらいで生活に支障もなく助かりました。

不安な事はそんなにありませんでしたが、本当に流産だけはと思っていたので気をつけました。

 

 

妊娠したことがばれて声をかけられる!少しづつ母親になる自覚が芽生える

生活の変化といえば周りに妊娠の事がバレたので、色々な方から声をかけて貰えるようになりました。

あまり、喋った事ない方からも体調は大丈夫? 今は何ヶ月?性別わかった?など、声をかけてもらえてびっくりしました。

あとは荷物を持っている時は周りの人に色々と助けられました。

こんなに妊娠したら声をかけられるのかぁ、と思いました

心の変化は母親になるんだ!と言う気持ちが中期の頃芽生えてきたと思います。

マタニティ用品を準備したり、戌の日の腹帯の安産祈祷、少しづつ出てくるお腹を見てお母さんになるんだ、と母親になる自覚が少しづつ出てきたと思います。

不安に思う気持ちはそこまでなく、安定期に入ってホッとした覚えはあります。

 

 

手早くできなくてもどかしい!無事に産まれてきてくださいと思う

お腹も出てきて、仕事も休んだり、辞めたりと色々と生活の変化が起こってきました。

仕事や家事でもなかなか手早く出来なくて。

でも、やらないといけない事はいけない。

少しもどかしく感じていた時期です。

ただ、私は周りに恵まれていたので、本当に上司や同僚、家族に支えてもらいなが健康に後期も過ごせました。

また、出産に対する不安が少しづつ出てきた頃です。

痛いの怖いな、でも他のお母さんがたも経験して来た道なので大丈夫!と言う気持ちが交互にやって来ました

また、親になる自覚と無事に産まれて来てくださいと言う思いでいっぱい、いっぱいでした。

ここまでお腹の中で育ったのだから何事もなく無事に産まれて来てくださいと言う気持ちでした。

 

 

眠くて痛くてしんどい!尋常でない痛みと我が子に会えた喜びが半々

出産3日前より前駆陣痛で夜中寝れない事が続きました。

そんな中での出産です。

陣痛中は本当に辛かったです。

眠くて、痛くて本当にしんどくて

痛みが来るたびに痛みを我慢するのに身体が硬直して、特に後半は本当につらくてつらくて。

パニックになったりもしました。

初めての出産だったため、もう次は痛いの嫌だ

産むのも嫌だと言う気持ちもあったと思います。

しかし、出産本場は早く会いたい! この腕に抱きたい!と言う気持ちが強くて、いきみ始めてからは早かったです。

初めて会った我が子は本当に可愛くて、痛みはすぐに忘れるものの尋常ではなかったな、あの痛み。と思う事は残っています。

痛みの思いと、我が子に会えた喜びほぼ半々でした。

 

 

5日間不眠で過ごし辛い!産まれてきてくれてありがとうという気持ち

私はまずは、本当に寝れないです。

前駆陣痛から出産後は母子同室で5日間不眠で過ごしました。

流石に、5日目は私自身は泣きながら夜中に母乳やってみたり、抱っこして部屋中歩き回ったりと本当に辛かったです。

誰かに連絡したくても、夜中だし連絡できない。

次の日少し寝たら少しスッキリして、気持ちも楽になります。

ただ、やはり連日寝不足で時々涙が溢れて来てしまうことも度々ありました。

でも我が子の寝顔を見ていると、産まれて来てくれてありがとうと言う気持ちが大きいです。

生活はがらりと変わり、子供中心の生活になります。

主人とのスキンシップもなかなか取れない日々です。

子供の授乳、夜泣きで参っているので仕事をしている主人になかなか甘えれず苦労しました。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

出産自体は色んなお母さんが経験して来た道なので、大丈夫!て気持ちでいたら少し楽になります。

また、産後は睡眠不足、あとは胸の痛み乳首の痛み、お股の痛みとの格闘です。

色々とありますが、我が子が可愛くてしかたないのでその分頑張ってください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください