流産死産が怖く健診までひやひや!親がそばにいてくれて体も心も安定し感謝

ニックネーム:さや

出産を経験した年齢:28歳

妊娠中に役立ったものは?:スニーカーと抱き枕

うれしいが失う怖さもある!夫の一言で母として強くなろうと決心

不妊治療の末に出来た赤ちゃんでした。

とにかく嬉しくて、でもまだ流産の可能性もあるから手放しで喜べない所もありました。

とくに体を冷やさないように気をつけて、あとは自転車に乗ったり重いものを持ったりしないようにしました。

ずっと、ずっと望んでいた妊娠で、心から嬉しかったのを覚えています

それと同時にやっぱり失う怖さも同じくらいありました。

ネットを開くと、流産のや死産の事が 書かれているのでどうしても読んでしまうんですよね。

その時夫が私にかけてくれた一言が忘れらません。

俺らの子だよ、大丈夫だから。

なんの根拠もないけどその言葉を聞いてフッと軽くなりました。

これから妊娠中もその後も辛いことや不安なこともあったけど頑張れた。

夫が居てくれることで私は前向きに考える事ができるし、それと同時に母として強くなろうと心に決めた瞬間でした。

 

 

安定期に入るまで不安!健診のたびに心臓が動いているかひやひや

やはり安定期に入るまでは不安しかなかったですね。

夫と私しか妊娠していることを知らないし、まだ誰にも心の不安とかモヤモヤを話すことも出来なかったです。

1ヶ月に一回しかない妊婦健診を本当に楽しみにしていました。

心臓動いてるかなーと毎回毎回、診察の前にはヒヤヒヤしてたことを覚えています。

妊娠初期のつわりは人並みにあったと思います。

最初に食べつわりが来て、その後に吐きつわりが合わせて来ました。

お肉や魚が一切食べれなくて栄養摂れてないのが心配でした。

サプリメント飲んだり吐かない時間帯が昼間だったのでお昼にサプリメントを飲むようにしました。

夜には必ず吐いてしまうので吐いても良い食べ物しか食べませんでした。

 

 

爆発的な食欲が襲う!タンパク質野菜をメインにごはんおやつは減らす生活

食べつわり、吐きつわりが終わって食欲が爆発的に襲って来ました。

妊婦あるあるですね。

妊娠中期は採血での血糖値測定があり、私は見事に1回目再検査と言われました。

2週間後に採血だったので炭水化物を減らしたり努力しました。

だがしかし、2回目の血糖値測定も基準をちょっとオーバーでそこから毎日の自己血糖測定をするように指導が入りました。

毎食の前後に針を指に刺して測定するのが地味に辛かったです。

チクってするんですよ、最初怖くてなかなか出来なかったですが痛くないポイントを見つけてからだいぶ楽になりました。

もちろん食べ物も指導された通りにタンパク質、野菜をメインで食べてご飯やおやつは少ししか食べない生活をしてました。

 

 

出産に向けて体力づくりをしながら何があってもいいように準備をする

後期も相変わらず血糖値測定は続いておりました。

でもこの頃は胎動を強く感じて、我が子の存在を近くに感じることが出来たので頑張れました。

それと同時に出産に向けての体力作りを頑張りました。

毎日30分以上は温かい日中に公園を歩いたり、近くのスーパーに歩いて買い物行ったりして動くようにしていました。

あとはもうすぐ生まれてくる我が子の為にベビー服やグッズを買いに行くのが楽しかったですね。

性別も分かっていたので買いやすかったです。

いつ破水したり入院となっても良いように予定日の1ヶ月前には入院セットを用意しました。

夫には産院の住所電話番号などをあらためて教えておいて、何かあった時でもスムーズに動けるようにシュミレーションしていました。

 

 

驚きが強くて冷静で予想外の反応!頑張って出てきてくれて本当に感動

普通分娩で陣痛を味わった後からの和痛分娩に切り替えたスタイルで産みました。

産む瞬間は麻酔が効いてるおかげで踏ん張る事だけに集中する事ができて2、3回のいきみでスルンと出てきました。

産まれた瞬間は、ん?出た??って驚きが強くてドロドロの我が子を取り上げられて目の前で見せてもらった時は「おーー…」でした

泣いたりするのかと思っていたんだけど案外冷静で自分でも振り返ってみると予想外の反応だったなと思います

その後の処置とかでまだ緊張してたのもあるのかな。

夫は立ち合いしてたので、横で泣いてましたね。

その号泣っぷりを見てびっくりしちゃって、泣くタイミング逃した感じです。

我が子が頑張って頑張って、お腹の中から出てきてくれたんだと思ったら本当に感動しました。

 

 

最初は苦労したが段々上達!赤ちゃんと休むことに専念できて親に感謝

母乳育児でとにかく最初は痛くて苦労しました。

まだ上手に吸えなくて赤ちゃんは泣くし、こっちは痛くて泣くし二人で泣いていました。

でもちゃんとお互いに上達したのでずっと母乳で育てることが出来ました。

夜泣きはほとんどなくて、三時間置きの授乳はありましたがそれ以外ではぐっすり寝てくれる子だったので助かりました。

産後1ヶ月は親が居てくれたので心強くて、ご飯とか洗濯も任せていたので家事をしなくて良い。

赤ちゃんの面倒と自分がゆっくり休む事に専念して」と言われてありがたいと思っていました。

主人は仕事でほとんど不在だったので親がいてくれたことで私の精神面もかなり安定していたと思います。

産後うつにもならずに過ごせたのはやはりみんなが居てくれたからです。ほんとうに感謝です。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

初めての出産は怖いですよね。

楽しみもあるけどそれより怖い気持ちの方が私は強かったです。

同じような人が居れば少しでも不安を和らげる事が出来ると嬉しいです。

二人で力を合わせて、むしろお母さんの方がサポートするよ!

助産師さんに言われた通り良いタイミングでいきんで、出て来やすいように頑張るよ。という気持ちが大事ですよ。

出産の日はある日突然やって来ます。

怖がってても実際陣痛がきてしまえばやるしかないーー??

早く産んであげたい??それしか思わないので。

陣痛が来た時の呼吸方法や、旦那さんへここを摩るんだよとかサポートの仕方を教えてあげると安心ですね。

私はとくに呼吸方法を徹底的にやりました。

あとは、病院だからお医者さんと助産師さんが居るから安心して出産出来ます。

世界には病院も無い、輸血の準備なども無いところで出産する女性が存在してるんです。

ここは日本だから大丈夫です??

我が子と二人三脚で頑張ってください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください