第一難関禁煙し性格も荒くなる!パパの誕生日の次の日に丈夫な男の子出産

ニックネーム:2525jiyonちゃん

出産を経験した年齢:31歳

妊娠中に役立ったものは?:ニトリの抱き枕

何が待ち受けているかわからず怖い!後で後悔したくないから禁煙

妊娠は本当に思ってもないタイミングでした。

分かったのが次の仕事の面接が決まった日。

まだ独身で、彼氏だった今の夫に妊娠したことを告げた時はがらりと人生が変わってしまった気がして怖かった。

とにかくこの先に何が待ち受けているのか分からなくて予想外過ぎて怖かった。

私ヘビースモーカーだったから、まずタバコをやめなきゃと。

それだけは死ぬ気で頑張ったの。

赤ちゃんのためだけじゃなく、何かあって自分が後悔するのが怖かったから。

第一関門がまさかの禁煙なんて、赤ちゃんに申し訳ない気がしたけどそれが現実だから仕方ない。

なんか実感わかないまま慌てて産める病院探して、籍入れて、新居探して。検診で初めて赤ちゃんの写真を見た時、ようやくちょっと楽しみになった。

可愛い顔してまだ瞼もない宇宙人みたいなのが、こっちに向かって手を振ってる写真だったの。

 

 

待ち続けるがつわりは来ない!イライラして性格が荒くなった感じがする

つわりの症状がありがたいことに一度もなくて、もうすぐつわりになるから今のうちにたくさん食べておかなければと思い、頑張ってムダに3キロも太ってしまった。

結局吐くことさえ1度もなく過ぎて行く日々。

食べたくなくなったのはなぜかうどんとお焼きだけ。

今日か明日かと待ち続けたつわりがくることはありませんでした。

その代わり、なんか無性にイライラして性格が荒くなった感じがした

言われるまでもなく男の子が入ってるんじゃないかと思ってた。

妊娠前とさほど変わらない生活を送るも検診で引っ掛かることも具合が悪くなることもなし。

元気でケンカっぱやい妊婦でした。

まわりにいた人に(特に父親、兄弟、夫つまり男全般)絡んだり八つ当たりしたりとにかくタチが悪かったと思う。

妊婦だからみんな許してくれたけど。

 

 

男の子だとエキサイティングな性格になるのかと納得!お腹の子は相当丈夫かも

男の子だと分かってからなんか、自分の中でイライラや攻撃性が強いのはそのせいかもって変に納得できるようになっていった。

異性がお腹に入っていることで、いまだかつてないエキサイティングな性格になっているんじゃないかと自分では分析してました。

相変わらずつわりのような症状は一度も出なかった。

何を食べていようがどれだけ夜更かししようが、検診でひっかかることもなし。

お腹の子供は相当丈夫なんじゃないかと思っていた(確かに生まれてからも大きくて元気な人でした)

イライラはしたけど、その分ネガティブになることはなかった。

もともとは心配性でちょっとのことでくよくよする人間なんだけど、なんか子供の方が強くて、性格ごと体をのっとられたような不思議な感じがしてた。

 

 

15キロ太り予定日も過ぎていたので動くようにする!パパの誕生日の次の日に出産

気づけば15キロも太っていた。

病院の方針なのか誰もうるさく言わなかったし、自分も初めての出産なので普通にこんなものかと思ってたけど、明らかに大きく育ちすぎてました。

座ると立ち上がれず腰のあたりが重くてよく眠れない日々が続いて、それでもやっぱり定期検診はなんら問題なく元気なものでした。

予定日もだいぶ過ぎていたのでできるだけ動くようにしてた。

大型犬の散歩いったり、公園で滑り台滑ってみたりけっこうアクティブに動き回っていた。

ようやく陣痛が来た日はパパの誕生日。

同じ日に産まれればいいなと思ってがんばったけど、結局翌日までかかっちゃった。

でも人生で最高の誕生日プレゼントになったとは思います。間違いなく。

 

 

気絶するぐらい難産でやっと出てきた!一仕事やり終えた後の男みたいな感じ

やっと出たの一言。

けっこうな難産だったので全然赤ちゃんが出てこなくて、看護師さんにお腹に何度か飛び乗られてもう意識失う寸前くらいのところで産まれてきたので。

痛いの通り越して本当にもう少しで気絶するところだった。

医者の数がまわりにだんだん増えてきて、私ヤバイんだ……きっと帝王切開に切り替えますとか19時間頑張った後に言うんだ……それならさっさと切ってくれればいいじゃん!とか被害妄想も甚だしく考えていました。

まあ無事に頭が出て、体から足先まで巻き貝みたいににゅるるんっと出た時の感覚は、一生に何度もない快感だと思います。

その後に赤ちゃんの指から何から全部ついてるか?って聞いて、大丈夫ですよと言われたから、よしいいだろうと。

ずっと付き添ってたパパは泣いてたけど、私は逆に一仕事やり終えた後の男みたいな感じだった。

 

 

両手腱鞘炎になり安静しているしかない!親に心配かけず丈夫な子に育つ

ホルモンバランスの乱れから両手腱鞘炎になったのが一番辛かったな。

一時期はお箸も持てない字も書けないほど悪化して、赤ちゃんのお世話はほぼ実家の母に任せっぱなし。

治らないから焦るけど、安静にしてるしか手がなくて何もできない毎日。

このまま治らなかったらどうしようなんて思ってたけれど、近所の整形外科の先生に「出産後の腱鞘炎で手術にまでなった人はいなかったからきっとなおりますよ」と励まされなんとか持ちこたえた。

産後の腱鞘炎てまわりにあんまりいなかったし、情報も少なかったから困った。

でも整形外科と接骨院かけもちで通って時間はかかったけど良くなりました。

その代わり赤ちゃんは体の強い子で特に親に心配もかけずスクスク育ってくれた。

苦あれば楽ありですね。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

出産は確かにヤバイくらい痛いし、妊娠中も出産後も予想もつかないことの連続

でも新しい冒険に出るみたいな気持ちで臨めば、怖いことも痛いこともみんな新しい楽しい経験なのかもしれない。

そしてどんなに悩もうが苦しもうが赤ちゃんは出る!

出口は一つしかないから必ず出てきますよ。

私は予想外の妊娠で本当に何一つうまくやる自信がなかった。

子供なんか触ったこともなかったし、おっぱいが出るようになるとか、出産後オロとゆうものが出るとか、正直オエーって思うことばかりだった。

でも体のことは体に任せておけば勝手になんとかする。

意外とオートマチックなんだ。

妊婦ってと思った。

出産も子育ても考えてたほど大変じゃないことと、考えてた以上に大変なことの繰り返し

一緒に頑張りましょう!

私もなんとかやれてるのでなんとかなります!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください