海外でつわりや陣痛と戦い、人生で一番大変な育児生活を経験する

ニックネーム:Lilly

出産を経験した年齢:35才

妊娠中に役立ったものは?:授乳クッションの大きいものを抱き枕として使用していました。横向きで寝るので、とっても便利でした。

また流産するのではないかと不安!慎重に生活し早く安定期に入れと思う

なぜか、妊娠した時にすぐに妊娠した!と分かりました。

案の定、生理がおくれて妊娠検査をしてみると、陽性に

なかなか授からなかったので、本当に本当に心臓がドキドキするくらい嬉しかったです。

泣けました。

だけど、前回より妊娠で流産を経験していたので素直に100%喜べませんでした。

また流産するんじゃないか、またあんなに悲しい思いをするんじゃないかと、不安の方が大きかったかも知れません…

なので、妊娠が分かってからはとにかく慎重に慎重に生活をするように心がけました。

妊娠して嬉しいんだけど、もちろんまだまだ家族や友達には報告することは控えました。

とにかく早く安定期に入れ?とずっと思っていて1日1日が正直不安でした。

 

 

6週目に出血しパニックに!流産かと思うがエコーの赤ちゃんが元気で大号泣

妊娠初期は、本当に本当に大変な時期でした!

6週目あたりで出血して、もう身体から血の気がサーっと引くようなパニックに

以前、流産を経験していてそれが人生で1番悲しく、その時のことがトラウマになっていたので、「また流産か… あの悪夢をまた経験しなきゃいけないのか。」と、かなり泣きました

海外在住なので、日本と違いエコーが出来るまでまだ数週あり、その間は生きた心地がしませんでした。

結果、胎盤からの出血だったらしく、赤ちゃんには問題が無く、エコーの赤ちゃんが元気にしているのを見て大号泣!

本当に嬉しくて涙が止まりませんでした。

それからは、また違う悪夢が…

つわりが本格的に始まり、朝から晩までひたすら気持ちが悪い??

毎日4,5回は戻して、全ての匂い、食べ物、水さえもダメになってしまい、心身ともにゲッソリでした。

とにかく毎日つわりと戦っていました。

 

 

つわりが収まらず横になって寝ている生活!終わりの見えないトンネルみたい

妊娠中期になってもつわりが収まらず、毎日毎日初期の時と変わらずにゲーゲーと吐いていました。

こんなに吐いて大丈夫なの?ってくらい吐いて、それが妊娠6ヶ月くらいまで続きました。

もう本当に、終わりが見えないトンネルみたいで辛かったです。

けと、つわりが酷いと言うことは、赤ちゃんがきちんと成長している証拠だと言われ、赤ちゃんの為につわりと戦い続けました。

毎日何をしても気持ちが悪く吐くので電車になんて乗れるわけも無く、仕事は辞めざるを得ず、妊娠中はひたすら横になって、つわりが終わるまでは寝られる時に寝る生活をしていました。

6ヶ月あたりになると、つわりもだんだんおさまってきて、普段と味は全然違うけれど、少しずつ食べられるものが増えてきて嬉しかったです。

 

 

体に良い物を食べられるだけ食べる生活!胎動を感じる時が今までで一番幸せ

妊娠後期になって、長かった悪夢のつわりも収まり、やっと少し自由に歩いたり外に出られたりするようになりました。

食べられる物も増えてきたので、もちろん体重も増えてきました??

ただ、日本と違い体重制限はなかったので身体に良いものを食べられるだけ食べるという生活をしていました。

このころから、ベビー用品などを揃え始め、出産に向けての準備を本格的に始めた気がします。

でも、まだちゃんと出産までたどり着けるかどうかと不安は常にありました。

赤ちゃんの胎動が激しくなって、痛かったりしたけれど、女性として生きてきて今までで1番幸せを感じたのも胎動を感じている時でした。

毎日胎動があることに安心し、少ないと不安になったりもしましたが、赤ちゃんに話しかけて毎日過ごしていました。

 

 

陣痛を感じてから36時間の出産!無事産まれてきてくれてよかったと思う

私の出産は、とにかく長かったです!

あれ?陣痛かな?と感じてからなんと36時間かけて赤ちゃんを産みました??

しかも、他の方々とはホルモンの影響で陣痛の長さや間隔が少し違ったみたいで、余計苦労しましたよ。

とにかく陣痛を感じている時間が長かった!

そして、人口破水をした時に羊水が緑色というイレギュラーな事態も発生し、お腹に色々つけられて監視されての出産でした。

本当になかなか出てきてくれなくて、もうお腹を切ってでもいいから出してくれ?と叫んでいた気がします。

約2日寝ていないので、いきむまでに疲れ果ててしまい、いざ出産して赤ちゃんとご対面の時には、膝がガクガクして寒気がするほど疲労困憊でした。

だから、正直感動の涙も出なかったです。

でも、無事に産まれてきてくれて本当に本当に良かったと心から思いました。

そして、出産がこんなに大変だったとは…と世の中のお母さんたちをあらためて尊敬しました!

 

 

人生の中で一番大変!育児が永遠に続く感じがして楽しいと思えない

出産後は、正直人生で1番大変と言っても過言ではないほど大変でした。

産後のホルモンがおかしくなっていることもあり、情緒不安定だったり、軽い鬱っぽかったりと泣いていたことが多かった気がします。

はっきり言って産後の半年は大変過ぎてあまり記憶がありません!

出産までの過程は、どの本や雑誌にも書いてあるけれど、出産後の生活についてはあまり書かれていなかったり、知人から聞いていなかったりで、ほぼ無知の状態からスタートしたので尚更辛かったです。

赤ちゃんとの生活がこれまた永遠と続く感じがして、育児が楽しいとは正直思えませんでした。

うちの子があまり寝れない子だったのも辛かったです。

海外出産だったし、助けてくれる人もいなくただただ大変でした!

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

私もそうだったとおり、喜びよりも不安の方が大きい場合もあるとおもいます。

けれど、とにかく赤ちゃんを信じて自分を信じて、出来るだけリラックスして休めるだけ休んで、出産に挑んで欲しいと思います。

大変なことだらけだけど、女に産まれて、出産を体験できて本当に良かったと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください