最悪の事態が脳裏によぎっていたが健康な子が生まれてきてうれしさが一気にあふれ出てくる

ニックネーム:とも

出産を経験した年齢:32歳

妊娠中に役立ったものは?:足枕。妊娠中は足がむくんで本当に辛いので、大きめの膝くらいから持ち上がるタイプのものがおすすめです。

流産は嫌だ、無事に生まれてくるのかな!仕事に集中して現実逃避する

最初の子を産んだ以前、一度だけ流産をしたことがありました。

その為、第一子を妊娠した際に思ったのは、「無事に生まれてくるのかな・・・」そんなネガティブな感情ばかりでした。

勿論、自分に子供ができるんだ!そんな嬉しさがなかったわけではありませんが、また流産して喜びから一転苦しみと悲しみに突き落とされるのが辛い・・・

その為に喜びすぎないように予防線を張っていたのだと思います。

特に妊娠に気づいたばかりなんて、自覚症状も私は全くありませんでした。

無事に育っている実感も全くなく、とりあえず考えないようにしよう!そうしないと暮らせない!

当時やっと責任ある仕事を任され始めたのもあって、それに注力することで現実逃避をしている状態でした。

 

 

心拍確認できてほっとする!つわりは健康に育っている証拠なのであってほしい

あんまり早く病院に行ってその後化学流産・・・とかになるとそれもまた辛い、とういうことで産婦人科に行ったのは気づいてから2週間後、妊娠7週くらいでした。

1回目で、無事心拍確認まで順調に進み、ネットで「心拍確認できれば出産まで行ける確率〇割」なんていう情報を見て、少しだけほっとしたのを覚えています。

私は、周囲に比べてつわりがかなり軽い方で、ほとんどないと言ってもいい位のタイプ。

以前の流産では、主治医の先生に「せめてつわりがあれば・・・」なんて言葉を言われたこともあって、「つわり=健康に育っている証拠」なんて思いがどこかにありました。

つわりがほとんどないっていうとみんなうらやましがりますが、私はあってほしかったです。

 

 

報告を妊娠6か月にしようと決める!義母は喜ぶが実母が遅いと嫌味を言われる

定期健診でも子供は順調に育っている、そう言われて毎回ほっとしている状態でした。

やはりどこかで最悪の結果に対して心の予防線を張っている自分がいました。

妊娠中期の一番の悩みは、お互いの両親に妊娠をいつ報告するかということ。

はっきり言って私は、無事出産するまで言いたくなかったです。

というのも前の妊娠&流産の時、夫が私に無断で夫両親に報告してしまっていたのです。

妊娠がわかってすぐに。

結果流産して、その報告がまた辛くて・・・。

義母の気遣いの言葉を変に曲解して無駄に傷ついたり、あまりにも辛い状態でした。

で、夫と相談した結果、妊娠6か月に入ったら報告しよう、そう決めて実行しました。

義母が素直に喜んでくれた一方、実母は報告してくるのが遅すぎると嫌味を言ってきて、それもまた辛かった記憶があります。

 

 

胎動を感じるようになり安心感が出る!最悪の事態が頭から離れない状態

胎動を感じるようになると、かなり心理的に安心感が出てきました。

仕事もその時には辞めちゃったので、一日家にいて時々運動に外出して、ちょっと不安になったらゆっくり横になって胎動をチェックする・・・

そんな時間がたまらなく贅沢に感じたものです。

ただし、私の場合は妊娠高血圧症候群になってしまった後期だったので食生活や運動は厳しく制限されていたのが辛かったかな、って感じです。

出産準備用品も、実親は勝手にバンバン送ってきたりもしましたが、私たち夫婦は臨月になってからでいいよね、とギリギリまで買いませんでした。

ここにきてもやっぱり、最悪の事態の事が頭から離れない状態でもありました・・・

流産のトラウマってしつこいですね。

 

 

子宮口が開かず12時間闘い!終わったもう痛いのないんだという喜び

臨月になって胎児は順調に成長!

出産準備用品もばっちり!

ここになってやっと、ああ無事に生まれてくるんだろうな・・・そんな希望を持ち始めていました。

母体が妊娠高血圧症候群の為、出産予定日3日前に促進剤で誘発することになりました。

心配なのは頑固でなかなか広がらない子宮口・・・。

毎回検診の時に医師に指で広げられていたのに、出産に挑むときには1センチ未満でした!

陣痛がついてきてもなかなか開かない子宮口・・・

まだ?!まだ?!と痛みと戦った結果、12時間以上それとの闘い!

無事生まれてきたときは、生まれた~やった~というよりは、終わった~もう痛いのないんだぁ~ という身勝手な喜び(笑)

そして次に来たのが、夫が喜んでくれてる、うれしいなという感情。

子供が生まれてきてうれしいな、というのはじわじわと後できました。

 

 

赤ちゃんと一日家で過ごせることが楽しい!健康体で生まれてきたことがうれしい

初めての出産でしたが、事前に妊娠関係の本を熟読していたせいか、ネットの情報あふれる社会のせいか、自宅に帰ってからの生活に特に不安はありませんでした。

夫は転職間もない頃で帰宅も遅い日が続きました。

このカワイイ物体と一日家で過ごせる事がなんだか楽しかった記憶があります。

もちろん、2時間ごとの授乳は辛かったし、慣れていないせいで一晩中抱っこして家の中をうろうろしているのはしんどかったです。

でもそれ以上に、あんなに心配していたのに、生まれてくると健康体そのもので生まれてきてくれたのが本当に単純にうれしくてたまらなかったです。

妊娠中に抑えていた喜びが、ここで一気にあふれてきた感じなんでしょうか・・・?

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

はっきり言って、案ずるより産むがやすし、その言葉につきます。

悲しい妊娠・出産の方もいるでしょうが、それも運命。

妊娠中の苦しみ、陣痛中の痛み、それもすべて最後には喜びや武勇伝という笑いに変化します。

すべてをケセラセラに受け止めるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください