流産や難産防止に体を動かす!疲労感はいっぱいだが心温かい幸せな出産

ニックネーム:まりれな

出産を経験した年齢:27歳

妊娠中に役立ったものは?:「NINARU]という妊娠アプリはとてもよかったです

急に気持ちよく起床できるのがおかしい!口に入れてないと気持ち悪い

最初はあまりよくわからないまま時が過ぎていきました。

朝起きが苦手なのに急に気持ちよく起床できるのがおかしいと思い 病院へ行き、新しい命がお腹の中にいたことが分かった感じでした。

とてもとても嬉しかったのと何よりも旦那様になんて報告しようかが一番の醍醐味でした笑

本人は意外に気付かず、私が「何を言おうと思ってる?] と何回か問いただして分かった感じでした。

でも改めてパパとママになるんだと夫婦で喜ぶことができた一日でした。

生活としては大きく変わらず、ただ私の場合は「食べづわり」だったので 何か口にしていないと気持ち悪くなる傾向だったので間食は増えました。笑

なるべく洋菓子やお菓子じゃなくて、少し早めの夕食にしたりなど食事を数回に分けて摂取していました。

 

 

明るいことや楽しいことを考えると気持ち悪くなくなる!太ったらどうしよう

妊娠初期はとにかく「流れないこと」それだけを気を付けていました。

当時は働いていたので 上司にはできた有無を伝え、周りに快く配慮してもらえる環境にしてもらったのが一番うれしかったです。

生活の変化は相変わらず食べづわりで、たまに気持ち悪くて寝込むことはありましたが入院したりなどはなかったです。

明るいことやこれから生まれてきたら何しようかななど楽しいことを考えていたら 自然と気持ち悪さもなくなったりしていました。

唯一不安に思っていたことは太ったらどうしよう、先生に注意されるかなー笑くらいでした。

あとは自分がプラス思考すぎて逆に周りに心配されることが少しありました。

周りは関係なく、守るのは自分なので自分が元気にいることが一番でした。

 

 

エコーから生命のすごさを感じる!体を動かして流産難産防止

中期になると、少しずつお腹もでてくるので妊婦なんだなと改めて実感しました。

何よりもこの時旦那様が一番印象だったことを教えてくれまして。

エコーで心臓が動いていたこと」これが本当に生命のすごさを感じたのと改めて自分はパパになるんだと感動したといっていました。

それを聞いて自分も改めてこの子の母親なんだと実感しました。

生活の変化は食べづわりがだいぶ収まり、アクティブに動けるようになりました。

ママさん学級やマタニティビクスなど骨盤を開きやすくするために安産にするために体づくりに励んでいました。

一番驚いたのは 妊婦さんは体を動かすことで骨盤底筋群や膣を締めることで 流産や難産を防ぐことに繋がるのを学んで驚きました。

正直お腹も少し大きくなるところだったので「こんなに動いてもいいのかな?」というくらい動いていましたので驚きの毎日でした笑

 

 

沢山動いて健康に過ごすことだけ考える!臨月に海水浴し心配かける

後期になるとお腹が大きくなり、本当に妊婦さんでした。

自分はむくみも妊娠線もシミやそばかすもなかったので ケアはなんにもしてなかったのです.

とにかく沢山動いてお腹の赤ちゃんとともに健康に過ごすことしか考えてませんでした。

あとは生んだ後、赤ちゃんは体内の機能がまだ未熟なので、食事制限が必要なことをわかっていたので 好きなものをいまのうちに食べとかないと!!と食べてました笑

体重はそこまで気にしてなくて、どちらかというとよく動いていたので食べなきゃ追いつきませんでした。

ちなみに臨月で海水浴に行きました笑

周りは気を使いすぎないで一緒に楽しんでくれましたが、母が「お願いだからそこで産んだら子供の出産届は「浜」になるよ!!」と 冷や冷やしたそうです。笑

今思うと心配かけました

 

 

3分間隔になっても子宮口が開かずいきむと破水!感動して幸せな出産

その日もなんなく過ごし、少し張りを感じて就寝しました。

旦那も一緒に実家に泊まっていたのが本当に引き寄せでした。

深夜の12時に急に陣痛が不定期できて 大パニックを起こし、助産院に行きました。

しかし、子宮口がまだ全然ひらいておらず、一度家へ帰ることに そのあとさらに二時間後 三分間隔の陣痛になりもう一度 助産院へ。

やはり開いていないので 病院で踏ん張ることに。

どうやらいきみかたがわかってなかったようで 「ふん!!」といきんだら破水・・・・笑

なんか出たぞというのを先生に伝えると もう髪の毛が見えてたそうで 急いで出産部屋へ

私は分娩台じゃなくて和室で布団で産みました

とりあえず仰向けになって 助産師の言うおとりにいきむ練習。

目を閉じるとよくないようで かっぴらいていきんでました

傍からみたら大爆笑ですね

そして二時間ですぐ出てきてくれて 可愛い産声をあげてくれました。

本当に感動とともに 疲労感がやばかったですが 幸せいっぱいでした。

 

 

助産師さんに教わったことができるか不安!1日で解決し安心して過ごす

後はまだ膣が回復していないので トイレがしんどかったです。

助産院は遠因を切らないので 自然治癒で直します。

あとはおっぱいの飲ませ方をよーく助産師さんから教わったり 正しい食事やおむつやうんちの回数など丁寧に教わりました。

4泊5日で退院でしたが その間も沢山の友達が赤ちゃんを見に来てくれて とても嬉しかったです。

入院中も他の妊婦さんと触れ合ったりして 心温かい出産でした。

家に帰ってから不安だったのは 上手くおっっぱいを飲ませられるかでした。

ものの一日で解決したので、最初は乳首がいたかったりしたのですが、 赤ちゃんも一緒に飲み方を覚えて上手に上げられるようになりました。

母親も手厚くサポートしてくれたので 安心して過ごせました。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

新しい命がお腹に宿るということはとても嬉しいことの反面、これからどうしていこうと不安になるかと思います。

周りが「安静に」と言われても逆に沢山動いてください。

赤ちゃんを産むには体力が必要です。

陣痛を起こすのにも体力がないと遠のいてしまい、難産や最悪のケース帝王切開になる人がふえています。

沢山話しかけてあげてください。

赤ちゃんは聞いています。

「お腹の中はどう?」「羊水は心地いですか?」などなど

妊婦さんは水を沢山飲むことが大事です。

一日で4リットルは飲んでほしいです。

そして何よりも「租借」すること

よーーくかんであげることによって 美味しいごはんが赤ちゃんにいきます。

これは産後もずっと続けることです。

赤ちゃんはお腹の中にいるときから あなたの愛をもらって過ごしています。

自分も赤ちゃんから愛をもらって過ごしています。

それを忘れずに。生まれてくるその日まで愛を注いで挙げて下さい

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください