妊娠中はトラブル続き!不正出血切迫早産2週間早く破水泣き声にホッ

ニックネーム:こみちゃん

出産を経験した年齢:23歳

妊娠中に役立ったものは?:特にないです

妊娠と思わず薬を飲み何か影響があったら!好きな人の子供が出来て嬉しい

初めての事だったので、まさか妊娠をしているとは思っていなくて、ずっと体調が悪くて風邪をひいているのかと思い、何も考えず風邪薬や頭痛薬など何度か飲んでしまっていました。

そのことは産婦人科の先生にも伝え、大丈夫だと言われてはいましたが、自分が不用意に飲んでしまったきつい薬が、お腹の子供に何か悪い影響が出たらどうしようかとそのことはずっと気になっていました。

とにかく体がだるく、体調が良くない状態が続いていて、妊娠って本当に大変なことなんだなと実感していたことを覚えています。

でも、好きな人の子供が出来たことは嬉しくて、これでようやく家族になれるというような楽しみもありました。

子供が出来たことに対する誇らしさのような気持ちもあったように思います。

 

 

不正出血し流産しかけ状態!アクシデントが起きたり妊娠持続が大変を知る

初めての妊娠は最初から躓きっぱなしで、すぐに不正出血が起こり、流産しかけのような状態でした。

初めての妊娠で不安がいっぱいで、病院をいくつか回ったのですが無神経な対応や発言をする先生もおり、三軒目にしてようやくここに通院しようと思える病院が見つかりました。

とにかく安定期に入るまでは無理は出来なかったので、本当に自分の身体の弱さに情けない気持ちがありました。

それまでは妊娠期間にこれほど色々なアクシデントが起きるものとは知りませんでした。

若いこともあってすんなり妊娠したのはいいけど、持続させることがこれほど大変とは知りませんでしたね。

貧血もひどく一度実家へ行く途中の電車の中で倒れてしまい、医務室で休憩させてもらったこともありました。
 

 

約2か月切迫早産で入院し起き上がること禁止!旦那と離れる事が辛い

妊娠中期は比較的お腹は安定していたもののつわりがひどく、カレーうどんしか食べられませんでした。

お腹がどんどん出てきて、それまでマタニティ用の服は着ずにいたのですが、さすがに専用のものを着始めました。

ただここでも健康だった時期は短く、もう既に赤ちゃんが下がり気味になってきてしまったため、助産婦の友人が勤める大学病院に転院するように言われ、少し遠かったのですが自宅近くの産婦人科から変えました。

この時も安静にと言われたのですが、どんどん赤ちゃんが下がってきてしまい、七か月目から約二か月切迫早産で入院することになり、ここが一番つらかったですね。

ずっと24時間張り止めの点滴が入れられっぱなしで、起き上がることは禁止されてすべてベットの上で横になったままでしなければいけませんでした。

旦那さんと離れ離れになったことも辛かったですね。
 

 

お腹が張ることはできず妊娠線が出て悲しい!あとは出産予定日を待つだけ

二か月の入院を乗り切り、赤ちゃんの体重もかなり増えてきていたので、もういつ出てきても大丈夫だと退院することが許されました。

入院生活の間にかなりストレスが溜まっていたので、ジャンクフードなど食べたいものを食べまくり、この最後の一か月で体重がぐっと増えてしまいました。

張り止めの点滴をしていた間はお腹が張るようなことは一切できませんでした。

妊娠線が出ないようにクリームを買いだめしていたのに使えず、お腹にはびっしりと赤い線が出てしまい、すごく悲しかったです。

もともとかなり細い身体だったので、お腹に脂肪もなく、どんどん皮膚が裂けていくような状態でした。

ただ、家に帰れたのは嬉しいし、毎日お風呂に入れることも嬉しくて、あとは出産予定日を待つだけという気持ちでした

 

 

予定日より2週間早く破水!なかなか出てこず泣き声でホッとする

予定日よりも二週間早く破水が起こり、慌ててまた病院へ戻ったことを覚えています。

ずっと赤ちゃんが下がっていたので、おそらくお産自体は初産ですが楽だろうと言われていたので、それほど心配はしていませんでした。

陣痛が来て分娩台に上がり、看護婦さんに言われたようにいきんでいたのですが、なかなか出てきませんでした。

それは初めての事でパニックになって看護婦さんの言うことをきちんと聞いていなかったせいだったようです。

痛みが少し引いたときに分娩台についている持ち手?のようなものの握り方が間違っていることに気が付き、看護婦さんの言っているように持った途端にするんと赤ちゃんが出てきたのを覚えています。

赤ちゃんの泣き声を聞いてほっとしました。
 

 

乳腺が細くすぐに詰まり胸を冷やす!寝る時間がほとんどなく辛い

出産後は入院生活に戻りたいと思うほどハードでした。

赤ちゃんの夜泣きもそうですが何よりもつらかったのが私の乳房の状態で、乳腺が細すぎてすぐに詰まるのです。

もともとやせているのに胸は大きく、更にバレーボールぐらいに腫れあがり、洋服が着れませんでした。

母乳が詰まって胸にぼこぼこがいっぱいできて熱を持ち、つまりを取るために病院へかけ揉み絞ってもらうことを何度も繰り返しました。

家では常に上半身裸でアイスノンを乗せ動いていたような状態です。

赤ちゃんの世話と自分のおっぱいのケアで寝る時間がほとんどなく、本当に辛かったです。

結局担当医と相談して出産後二か月目で母乳を止める薬を飲み、そこからようやく人間らしい姿で生活が出来るようになりました。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

私の場合は若く無知で、今のようにインターネットが発展している時代でもなく、雑誌しか情報源はありませんでした。

助産婦の友達に相談しながらなんとか乗り切りましたが、最初から最後まで本当に大変なことばかりの妊娠生活でした。

でも必ず終わりは来るもので、赤ちゃんもそうですがハイハイするようになったり歩くようになったりする時期の子供は、信じられないくらいかわいいものです。

今はもう息子も24歳とすっかりおっさんになりました。

精一杯自分が頑張って生み出した子なので、授かってよかったと心から感じています。

ちなみに次男の時はいたって健康な妊娠生活で、初期の出血と産後の乳腺炎はありましたが、順調でしたよ。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください