二度ない達成感に産んでくれた母親に感謝!昼夜ない育児に戸惑う

ニックネーム:まろくり

出産を経験した年齢:26歳

妊娠中に役立ったものは?:マタニティ雑誌

待ちわびていた妊娠!無事赤ちゃんに会える喜びと残念な不安がすこしある

待ちわびていた妊娠だったので、妊娠検査薬で陽性反応が出たときはとてもうれしかったです。

本当にお腹の中に赤ちゃんがいるのか半信半疑で、でもとてもうれしくて

ふわふわして不思議な気持ちでした。

妊娠に気づいてからしばらくはつわりがなかったので特に生活の変化はありませんでした。

仕事もいつも通りに行っていました。

体の変化はまだないけれど、心の変化として一番大きかったのが「自分はひとりじゃない」という気持ちが芽生えた事でした。

ずっと赤ちゃんが欲しかったので夢がかなったような喜びと少しの不安もありました。

このまま無事赤ちゃんに会えるのか、もしかしたら残念な結果になるかもしれないということも頭の片隅にありました。

 

 

流産しないか心配!体がだるく夫に助けてもらい休むことが増える

妊娠初期は、とにかく「流産しないか」が一番心配でした。

流産の何パーセントかは妊娠初期に起こると聞いていたので、毎回病院に行くたびに赤ちゃんがちゃんと生きているのか心配で、無事検診が終わるとほっとして張りつめていた気が抜けて疲れていたのを覚えています。

3カ月くらいからつわりが始まり、生活は変わりました。

私のつわりは軽かったものの、とにかくだるく、スーパーの肉売り場に行けないという現象が起きたため、料理が難しくなってしまいました。

けれど夫が気遣ってフルーツを買ってきてくれたり、買い物してご飯を作ってくれたり助けてくれてとてもうれしかったです。

仕事中も気分が悪くなって空いている会議室で横にならせてもらったり、休むことが増えてしまいました。

 

 

新居と病院探しが進まずイライラ!仕事を退職し時間が沢山使える

赤ちゃんも順調に育ち、つわりも落ち着いてきてまた以前と変わらないような生活に戻る事ができました。

しかし今度は新たに考えなければならないことができました。

引っ越しを考えていたので、新たな住居探しと新たな病院へ転院することになりました。

結局妊娠中期に引っ越しをすることになりましたが、思いのほか引っ越し準備や内見が大変でなかなか思うように進まない(進められない自分に?)イライラしていました。

また、転居に伴い仕事も退職することになりました。

時間がたくさん使えるようになり、母親教室へ参加したり赤ちゃんグッズを買いにいったりゆったりした時間を過ごすことができました。

また、だんだん大きくなってくるお腹がいとおしかったです。

 

 

お腹が大きくなり不自由な事が増加!小さめといわれ大きく育てたい

妊娠後期に向けてお腹が大きくなってくるにつれて今までスムーズにできていたことが難しくなってきました。

お出かけする際はおなかが大きくてたくさん歩くと張ってしんどいし、頻尿になるのですぐにトイレに行く必要があり、あまりお出かけを楽しむことができなくなってきました。

普段の家事もお腹がつかえてキッチンに立ちづらいしお風呂を洗う時もお腹がつかえて洗いにくい。

お腹の中に赤ちゃんがいることはあと少しなのに、なんだかこの時期はモヤモヤすることが多くて、早く出産して身軽になりたいと思うことが多かったです。

また出産に対しての恐怖やちゃんと子育てできるのかという不安も出てきた時期でした。

また、検診で毎回赤ちゃんが小さめと言われていたのでちゃんと大きく育てなくてはと意気込んでいました。

 

 

五体満足の母子ともに健康でやり切る!大変な痛みを乗り越えた母親に感謝

とにかく「やり切った!」の一言でした。

五体満足、母子ともに健康に出産でき、うれしい気持ちはもちろんありましたが、恥ずかしながら今までの人生でこんなにも達成感を味わったことがなかったのです。

10か月間お腹の中で育て、苦しい苦しい思いをして我が子をこの世に誕生させたときの気持ちは嬉しさよりも達成感の方が多かったです。

産んだ直後は涙を流したりすることもなく、ボーっとしていました。

私には母親がいないので、出産のときにどうだったのか、どのくらいの痛みだったのかとか聞いたことがありませんでした。

だけど自分の母親は大変な痛みを乗り越えて、一生懸命この世に送り出してくれたんだとわかって、母親へ感謝せずにはいられませんでした。

 

 

出産後は自由に時間が使えない!赤ちゃん次第の生活で寝不足の毎日

出産後はとにかくすべてが一変しました。

生活もそうですし、自分のことがなにもかも。

まず自由に時間が使えない

今までは自由な時間に寝て、自由な時間に起きて、自由な時間を自由に使える。

これがなんて贅沢だったんだろうと出産後は愕然としました。

赤ちゃんが生まれてからは全部赤ちゃん次第

赤ちゃんが泣いたら抱っこしてあやしておっぱいあげておむつ。

赤ちゃんが寝たらようやく自分も眠れる。

けれども赤ちゃんはまとまっては寝てくれません。

2時間寝ればいいところ。

細切れの睡眠が続き、朝も夜もないような生活に本当に戸惑いました。

赤ちゃんは一回寝たら大人と同じようにずっと寝るものだと思っていた自分に教えてあげたかったです。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

大丈夫、なんとかなるから!と言いたいです。

けれども、「こんなはずじゃなかった!」と思うことがないように、いろんな体験談や知識は必要だと思います。

私はリアルな赤ちゃんの生活を知らなかったので、赤ちゃんがこんなに寝ないものだと初めて知って軽くノイローゼになりました。

今なら笑えますが、事前に知識があるのとないのとでは大違いです。

知識がなかったから「自分の子はもしかしたらおかしいんじゃないか」と思ったこともありました。

そのためには出産経験のある人たちに詳しく赤ちゃんとの生活の話を聞いたり、困ったときどうすればいいか等教えてもらうことが大事だと思います。

マタニティ雑誌にもたくさんの情報がありますが、いちばんのリアルは近くの友人知人です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください