二人育児は大変、産まれてからの心配事も!助けてくださる方が増えて良かった

ニックネーム:ゆい

出産を経験した年齢:29才

妊娠中に役立ったものは?:抱き枕

心拍が確認できるまで待って病院に行く!動いている心臓を見てきてくれてありがとう

二人目が欲しいと思って妊活をしていたものの、一年近く妊娠に至らなかったので分かった時は本当に嬉しかったです。

もしかしてとおもいフライングで検査薬を使用しました。

まただめかもしれないという気持ちもありましたが、この時は初めて排卵検査薬を使っていたこともあり「今回こそは」という気持ちで検査しました。

病院に行くまでは、子宮外妊娠の可能性もあるしと不安でした。

でも、早くに行っても何度も行くことになるだけだと分かっていたので、心拍が確認できる頃まで病院に行くのは待ちました。

この時が一番長く感じました。

元気にちかちかと動いている心臓を見た時は、涙が出ました。

きてくれて本当にありがとう」と思いました。

妊娠が分かると気持ちの悪さはすぐにやってきました。

最初は気のせいだと言い聞かせて過ごしていました。

 

 

出かけている時は気が紛れる!健診までの4週間があっという間に過ぎる

つわりが本格的に始まり、本当にしんどい2か月でした。

上の子がいるのでずっと横になっているわけにもいかず、毎日どこかに出かけていました。

出かけている間は子育てひろばのママさんたちと話すこともあり、気が紛れて良かったです。

ご飯もお総菜を買ってとも思ったのですが、まだ2歳の子にない日食べさせることに抵抗があり、夕食だけはきちんと作るようにしていました。

とにかく「上の子に食べさせなくちゃ」という思いだけで作っていました。

そんな時、旦那が文句じゃないけど、何か言ってきたり、残したりすると「イラっ」としました。

上の子がいたおかげで、健診までの4週間もあっという間に過ぎていったので、不安な気持ちもありましたが、一人目ほど心配することなく過ごせました。

 

 

のんびりと楽観的に過ごす!赤ちゃん返りが始まり産まれた後が心配

つわりが落ち着いてきて、ようやく気持ちにも余裕が生まれてきました。

おなかも大きくなってきて、胎動を感じるたびに「ここにいるんだな」と思うことができました。

「上の子に負けないくらいしっかりアピールしてきてくれてる」と嬉しく思いました。

なかなかキックの力が強い子だったため、「今のキックはなかなかダメージ大きいよ」と話ながら過ごしていました。

二人目ということもあって、特に出産の準備もせずにこの頃はのんびりとしていました。

最終上の子の物があるからどうにかなるだろう」「困ったらネットでポチればいいか」とかなり楽観的でした。

上の子の赤ちゃん返りが始まり、産まれてきたあとどうなるかなという心配はありました。

 

 

1人になって出産準備などしようと計画!動き過ぎたのか切迫早産気味といわれる

出産のため上の子が保育園に入所しました。

「産まれてくるまでの間一人の時間ができる」と色んなことをやろうと計画していました。

赤ちゃんの服も出したり、出産の準備もしようと決めていました。

また、ようやく落ち着いて赤ちゃんと向かい合える時間ができるなと思っていました。

そのため、動きすぎたのか切迫早産気味だと言われてしまいました。

上の子もいるので入院はせずに自宅安静となりましたが、この時まだ30週で「お願いだからまだおなかの中にいてね」と毎日お願いしていました。

赤ちゃんに何かあったらどうしよう」と不安で、旦那にも何度も八つ当たりしていました。

一人の時間ができたからと動きすぎたことを後悔しました。

正産期に無事入った時は、ホッとしました。

 

 

陣痛が分からず家で粘っている!無事に生まれてきた時も終わった感が強い

切迫早産と言われていたけど、予定日になっても産まれてなかったので「あんなに心配したけど、おなかの中居心地いいのね」と思いました。

二人目でも陣痛が分からず、一度フライング受診もしてしまいました。

そのため、本陣痛の時も「またこの前みたいに違うかも」「まだ我慢できる」と病院に電話するタイミングが分からず、家で粘っていました。

電話をした時は「これで本陣痛じゃなかったら、もう耐えれない」と思いながらかけました。

病院に着くとすぐに分娩室に通されました。

二人目の時の方が経験している分「怖い」という気持ちが強かったです。

あ「赤ちゃんも頑張ってるのに怖いって思ってごめんね」と思いながら陣痛の波を迎えていました。

無事に産まれてきてくれたときも、「終わった」感が強かったです。

 

 

二人育児でどうなるだろうと不安!助けてくれる人がいる事に気づく

二人育児どうなるだろう」と不安でしたが、色んな人に助けてもらいました。

この子が産まれてきてから、本当に助けてもらうことが増え、「自分って恵まれているな」「ありがたいな」と思うことが増えました。

助けてくれる人がいる事に気づくことができました。

上の子も下の子も誰かが相手をしてくれている状態だったので良かったです。

身体も産後どうなるのか分かっていた分無理することなく過ごすことができたので回復が早かったです。

上の子がいたら一人目の時のようにゆっくりと過ごすことは難しかったです。

どうしても上の子が「ママ~」となるので、保育園から帰ってきたら割と動いていました。

産後無理をすると将来出てくると何かで見ていたので「老後何かあったらいやだな」と不安もありました。

でも、赤ちゃんもしっかりと飲んで寝てとしてくれる子だったので助かりました。

 

 

これから出産される方にアドバイスをお願いします

初めては楽しみな気持ちと不安な気持ち、両方あると思います。

「案ずるよりも産むが易し」とは本当にそうだと思います。

心配な気持ちもあると思いますがせっかくの妊娠期間、楽しんで過ごしてください

何とかなります。

可愛い赤ちゃんに会える日を楽しみにお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください