坐骨神経痛が痛く足が象のよう!帝王切開で出産し仕事家事育児の両立が不安

ニックネーム:こうちゃんママ

出産を経験した年齢:32歳

妊娠中に役立ったものは?:とこちゃんベルト

お腹がすくと気持ちが悪い!お気に入りのウェディングドレスが着れない

入籍してから1年後に結婚式をする予定でした。

その間に妊娠が発覚しました。

気づいたときは、そうか…。という感じで喜びよりも、う~ん。という感じでした。

やっぱりウエディングドレスに与える影響がショックでした。

ちょうど気に入ったドレスを見つけた直後でしたので、着れないのが悲しかったです。

気を取り直してドレス選びをするか。という感じでした。

妊娠を、簡易検査薬で試して気づいたのですが、その結果を帰ってきた旦那さんに見せたところ 「おめでとう」と喜んでくれたことがうれしかったです。

私よりも喜んでいたと思います。

ちなみに、妊娠に気づいたのはきちんとくる生理が1日2日遅れたことでした。

また、1日だけつわりのようなものがあり、おなかがすくと気持ち悪いな…。なんだろ?と思いました。

これが妊娠発覚のきっかけです。
 

 

病院を個人病院から総合病院に変える!仕事が無事終われるか不安

妊娠初期は、まず病院探しでした。

近隣の有名な個人の産婦人科に最初に行きました。

そこでの、とても「うちで産まないなんてありえない。」というような対応に心を痛めました。

初めての出産で、右も左もわからず、検査の為のエコーのための台に乗ったりとかも、わからない中で、この先生じゃ聞きたいことも聞けないという思いでした。

それ以降、総合病院に切り替え、一人で病院に行かず旦那さんについてきてもらってました。

不安に思っていたのは、仕事です。

管理職として働いており、みんなに迷惑をかけてしまう、仕事がとどこおりなく終わるのだろうかという思いでした。

幸いなことに、健診では何もひっかかることなく、つわりもなく、体重増加もなく、順調そのものでした。

 

 

体重増加に気を付ける!坐骨神経痛がひどくとこちゃんベルトなしでは辛い

体重増加に気を付けなければと思っていました。

結婚式も控えていたので、よけいそう思っていました。

ただ、妊娠したことにより、人生最大に細く美しくダイエット!!はしなくてよくなったのが、幸いでした。

引き続き仕事は続けており、繁忙期でもあったので、妊娠中ですがかなり無茶な働き方をしていました。

坐骨神経痛がひどくなり、とこちゃんベルトなしではつらい状態になってきていました。

食事で食べれない食材があるので、そこを気を付けていました。

このときも、坐骨神経痛以外特にかわったこともなく、健診もひっかからず、つわりもなく、体重増加も子供の分だけで、順調そのものでした。

おなかもこのころはそこまで、目立って出ないんだなと思ってました。
 

 

ぎりぎりまで仕事をしすごい健康体だと実感!浮腫みがひどく象のような足

おなかが目立ってきて大きくなったのに、気づきました。

足元もけっこうおぼつかない感じでした。

引き続き、坐骨神経痛が痛かったです。

とこちゃんベルトに加えて、抱き枕を買いました。

また、服装もマタニティ用をとりそろえました。

仕事は本当にぎりぎりのぎりぎりまで、していました。

やればできるもんだなぁ。と思っています。

もともとすごい健康体だったんだなぁ。と実感しました。

ただ、むくみがひどく、象のような足をしていました。

胎動がわかるようになっていたので、それがうれしかったです。

どこどこどこと蹴られてました。

少しづつ、出産準備品とかをとりそろえ始めました。

健診ではそこまで大きなトラブルもなく、ぎりぎりのときに、 血圧が高くなり始めたくらいでした。

予定の帝王切開でした。

陣痛が怖かったので、極力歩かないようにしてました。

 

 

人生初の手術で麻酔をしていても痛い!思ったよりも早く出てきた印象

人生において初めての手術でした。

自らの足で歩いて、手術室に向かい、自分で手術台に上りました。

とっても緊張していました。

そして怖かったです。

局部麻酔なので、見ることやなんとなくの触られている感じはわかりました。

また、上が鏡のようになっていたのでよく見えるのがいやでした。

カテーテルと、おなかを押して子供を出すので、それは麻酔をしていても 痛かったです。

手術が始まって40分で子供が出てきました。

とても元気な声で泣いていたので、よかったなぁと思いました。

思ったより猿っぽくなくて、想像以上に、髪の毛が黒々生えていたので、びっくりしました。

あぁ、かわいい!!とは、すぐにはならなかったです。

思ったより早く出てきた印象です。

 

 

体重は減るがお腹がへこまずショック!仕事家事育児全部できるか不安

おなかが凹まなかったことにショックを受けています。

体重は減りましたが、産後ダイエットまでとは いかなかったです。

母乳もそれほどでず、粉ミルクで育てているのですが、「母乳のがいい」と言われると つらいですね。

初めての慣れない育児で3週目がとにかくつらかったです。

泣いている理由もわからず、ただつらかったです。

ぎりぎりまで働いていたので、意外と家でなにをしていいのかわからなかったです。

ただ、仕事に復帰しなければいけないリミットはきまっていたので、 仕事後に、仕事に家事に育児をすべてできるかが、とにかく不安でした。

産後、1週間はおなかが痛かったです。

電動ベッドでなければ、起き上がれませんでした。

帝王切開で、手術費用等が出産手当金でまかなえたことがうれしかったです。

出産後、外食ができないことが、悲しかったです。

2ヵ月目くらいに、頑張ったがうまくいってきて、 子供がとてもリズムよくたくさん寝るようになったのがうれしかったです。

 

 

これから出産される方にアドバイスお願いします

3週目がつらかったです。

赤ちゃんは夜も朝も区別がわからないので、しっかり朝と夜を教えることが大事だと思いました。

1人しか育児をしていませんが、とにかくそこをがんばりました。

母乳じゃなきゃという声はありますが、粉ミルクも捨てたもんじゃありません。

栄養バランスはばっちりだし、何より腹持ちがいいので、子供も寝てくれます。

自分にあった配分で、気負いせずにやるのが一番だと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください